Archive for April 30, 2016

4月の「読みたい論文」リスト

まとめました。

 

固めて引っ張るカルボラン
Synthesis and properties of highly-rigid conjugation system based on bi(benzo[b]thiophene)-fused o-carborane (Nishino, Kenta; Hashimoto, Kazushi; Tanaka, Kazuo; Morisaki, Yasuhiro; Chujo, Yoshiki)

このアルキル亜鉛錯体水に強いん?
Efficient acylation and transesterification catalyzed by dilithium tetra-tert-butylzincate at low temperatures (Oshimura, Miyuki; Oda, Yuki; Kondoh, Keita; Hirano, Tomohiro; Ute, Koichi)

なるほどわからんがPd錯体のおはなし
σ–π Continuum in Indole–Palladium(II) Complexes (Yamamoto, Koji; Kimura, Seita; Murahashi, Tetsuro)

ロジウム室温脱水素カップリング
Heterogeneous Rhodium-Catalyzed Aerobic Oxidative Dehydrogenative Cross-Coupling: Nonsymmetrical Biaryl Amines (Matsumoto, Kenji; Yoshida, Masahiro; Shindo, Mitsuru)

タングステンシリリン錯体
Synthesis of a Tungsten-Silylyne Complex via Stepwise Proton and Hydride Abstraction from a Hydrido Hydrosilylene Complex (Fukuda, Tetsuya; Yoshimoto, Takashi; Hashimoto, Hisako; Tobita, Hiromi)

ルテニウムのSi-H σ錯体
Half-Sandwich Silane σ-Complexes of Ruthenium Supported by NHC Carbene (Mai, Van Hung; Korobkov, Ilia; Nikonov, Georgii I.)

アルキル基の位置はそこ?
Photocatalytic CO2 Reduction Using Cu(I) Photosensitizers with a Fe(II) Catalyst (Takeda, Hiroyuki; Ohashi, Kenji; Sekine, Akiko; Ishitani, Osamu)

確かに脱水素カップリングではあるが
Manganese-Catalyzed Environmentally Benign Dehydrogenative Coupling of Alcohols and Amines to Form Aldimines and H2: A Catalytic and Mechanistic Study (Mukherjee, Arup; Nerush, Alexander; Leitus, Gregory; Shimon, Linda J. W.; Ben David, Yehoshoa; Espinosa Jalapa, Noel Angel; Milstein, David)

4価のニッケルですか。
Accessing Pincer Bis(carbene) Ni(IV) Complexes from Ni(II) via Halogen and Halogen Surrogates (Martinez, Gabriel Espinosa; Ocampo, Cristian; Park, Yun Ji; Fout, Alison R.)

また来たよMolander
Accessing Elaborated 2,1-Borazaronaphthalene Cores Using Photoredox/Nickel Dual-Catalytic Functionalization (Jouffroy, Matthieu; Davies, Geraint H. M.; Molander, Gary A.)

一発アジド変換
Benzylic C-H Azidation Using the Zhdankin Reagent and a Copper Photoredox Catalyst (Rabet, Pauline T. G.; Fumagalli, Gabriele; Boyd, Scott; Greaney, Michael F.)

昔インターエレメント、今だと元素戦略かな
Palladium-Catalyzed Regio- and Stereoselective Carbothiolation of Terminal Alkynes with Azolyl Sulfides (Iwasaki, Masayuki; Topolovčan, Nikola; Hu, Hao; Nishimura, Yugo; Gagnot, Glwadys; Na nakorn, Rungsaeng; Yuvacharaskul, Ramida; Nakajima, Kiyohiko; Nishihara, Yasushi)

見慣れないこの化合物…
Stereocontrolled (Me3Si)3SiH-Mediated Radical and Ionic Hydride Transfer in Synthesis of 2,3,5-Trisubstituted THF (Grélaud, Simon; Desvergnes, Valérie; Landais, Yannick)

芳香環求核置換反応ちがうの?
Regioselective, Transition Metal-Free C-O Coupling Reactions Involving Aryne Intermediates (Dong, Yuyang; Lipschutz, Michael I.; Tilley, T. Don)

フラストレイティド ルイスペアでイミンの水素化
Zirconium-Catalyzed Imine Hydrogenation via a Frustrated Lewis Pair Mechanism (Flynn, Stephanie R.; Metters, Owen J.; Manners, Ian; Wass, Duncan F.)

どうしたんだOrganometallics
Organometallics 2016, 35(6)

不斉ニトロアルドール反応: あれから23年
Preparation of Nd/Na heterogeneous catalyst from bench-stable and inexpensive Nd salt for an anti-selective catalytic asymmetric nitroaldol reaction (Nonoyama, Akihito; Hashimoto, Kazuki; Saito, Akira; Kumagai, Naoya; Shibasaki, Masakatsu)

炭素-ヘテロ原子結合切断シリーズ by JFH
Synthesis of Aryldifluoroamides by Copper-Catalyzed Cross-Coupling (Arlow, Sophie I.; Hartwig, John F.)

GAだけで論文の内容想像できる人挙手
Mechanical Properties of Tetrapolyethylene and Tetrapoly(ethylene oxide) Diamond Networks via Molecular Dynamics Simulations (Wang, Endian; Escobedo, Fernando A.)

(CH2O)nてどんなんだろ
Hydroxymethylation beyond Carbonylation: Enantioselective Iridium-Catalyzed Reductive Coupling of Formaldehyde with Allylic Acetates via Enantiotopic マ-Facial Discrimination (Garza, Victoria J.; Krische, Michael J.)

[読みたい論文] 固めて引っ張るカルボラン

3月の「読みたい論文」リスト

化学系研究室ローカルな言葉集めてます。

これは励起、それとも吸収?

スペクトルが重なってるてことは、UV吸収かなぁ。

[Tetrahedron Lett. 201657 (19), 2025–2028]
Synthesis and properties of highly-rigid conjugation system based on bi(benzo[b]thiophene)-fused o-carborane (Nishino, Kenta; Hashimoto, Kazushi; Tanaka, Kazuo; Morisaki, Yasuhiro; Chujo, Yoshiki)
Web: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S004040391630291X

Graphical Abstractお借りしますね

160428

中條先生@京都大学。

電子リッチなπ共役系と、電子プアなカルボランの組み合わせ。

カルボランとπ共役系をうまくつないで、単結合の回転をなくしているのが通好み。

おかげで発光スペクトルも綺麗に現れてて、鋭いピークがたくさん。

GA中の2つのスペクトルが一部重なってるのがいいですね。発光スペクトルのそれぞれのピークについて、励起スペクトルを測定するとどんなふうになるのか興味ありなのですが、そのあたりのこと、論文本体で議論されてるのでしょうか。

そのあたりのことを知りたいので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

[読みたい論文] このアルキル亜鉛錯体水に強いん?

[読みたい論文] なるほどわからんがPd錯体のおはなし

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体

[読みたい論文] このアルキル亜鉛錯体水に強いん?

3月の「読みたい論文」リスト

化学系研究室ローカルな言葉集めてます。

アート型じゃないのは発火するよね…

前駆体の予感。

[Tetrahedron Lett. 201657 (19), 2070–2073]
Efficient acylation and transesterification catalyzed by dilithium tetra-tert-butylzincate at low temperatures (Oshimura, Miyuki; Oda, Yuki; Kondoh, Keita; Hirano, Tomohiro; Ute, Koichi)
Web: http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0040403916303197

Graphical Abstractお借りしますね

160427

 

テトラアルキル亜鉛アート錯体を触媒にしてエステル交換。

反応自体は単純なのですが、低い温度でも反応が進行するのと、水が混ざってても大丈夫というのが売りのようでして。

…水?

 

亜鉛錯体水に耐えられるん?precatalystだよね、この亜鉛アート錯体。

この亜鉛錯体が反応にどう関与するのかを知りたいので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

[読みたい論文] なるほどわからんがPd錯体のおはなし

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体

[読みたい論文] アルキル基の位置はそこ?

 

[読みたい論文] なるほどわからんがPd錯体のおはなし

σとπの寄与度が云々というという話のような気はするが…

Anger. Chem. Int. Ed.のカラーとはちょっと違うような気はする。

 

[Angew. Chem. Int. Ed. 201655 (17), 5322–5326]
σ–π Continuum in Indole–Palladium(II) Complexes (Yamamoto, Koji; Kimura, Seita; Murahashi, Tetsuro)
Web: http://dx.doi.org/10.1002/anie.201601992

Graphical Abstractお借りしますね

160426

 

村橋先生@東工大。

どんな要素が錯体の構造を支配するのか、要旨を読んでもようわからんのです。要旨を読み切れていないからなのでしょうが、読み切るための基礎的に知識がorz

 

これはもう論文本体を読むしかない。

 

読むしかないので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体

[読みたい論文] アルキル基の位置はそこ?

[読みたい論文] 確かに脱水素カップリングではあるが

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング

3月の「読みたい論文」リスト

化学系研究室ローカルな言葉集めてます。

触媒?そりゃわかる。わからんのはだな…

いやそもそもどんな反応機構なんだろかと。

[Angew. Chem. Int. Ed. 201655 (17), 5272–5276]
Heterogeneous Rhodium-Catalyzed Aerobic Oxidative Dehydrogenative Cross-Coupling: Nonsymmetrical Biaryl Amines (Matsumoto, Kenji; Yoshida, Masahiro; Shindo, Mitsuru)
Web: http://dx.doi.org/10.1002/anie.201600400

Graphical Abstractお借りしますね

 

160425

 

芳香環と芳香環の脱水素カップリング、今では良く見かける反応軍ではありますが、とうとうRh/C触媒を使うものまで報告されるようになったとは…

時代はどんどん進んでいきますね。

それはそれでいいんです。わからないのが反応機構。特によくわからないのが、ロジウムの価数がどう変化してるのか。いやホント。酸化的付加なのか親電子置換なのかとかね。

それともうひとつおや?と思ったのが、GAに描かれてるプロトン。矢印の下にあるやつね。あれの役目がわからんのんです。

あんげちゃんなので反応機構がこの論文の肝の部分ではないのかもしれませんが、確かめたい欲が抑えられないので、読みたい論文に追加です。

 

 

あわせてどうぞ

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体

[読みたい論文] アルキル基の位置はそこ?

[読みたい論文] 確かに脱水素カップリングではあるが

[読みたい論文] 4価のニッケルですか。