Archive for July 27, 2017

[読みたい論文] テトラハロジボラン: 全部面倒見ます。

ぐるぐるぐるぐる。

このGA眺めてると目が回りそうになりました。

[Chem. Commun. 2017, 53 (59), 8265–8267]
Simple solution-phase syntheses of tetrahalodiboranes(4) and their labile dimethylsulfide adducts (Arrowsmith, Merle; Bohnke, Julian; Braunschweig, Holger; Dei[German sz ligature}enberger, Andrea; Dewhurst, Rian D.; Ewing, William C.; Horl, Christian; Mies, Jan; Muessig, Jonas H.)
Web: http://dx.doi.org/10.1039/C7CC03148C

Graphical Abstractお借りしますね。

 

テトラメトキシジボランを出発原料とする、テトラハロジボランの合成に関する論文のようです。

まずテトラメトキシジボランと3臭化ホウ素を反応させてテトラブロモジボラン、つまり4臭化ジボランにして、そこからフッ化物と塩化物とヨウ化物に変換でき、塩化物からはフッ化物とヨウ化物に変換できる、ということらしいです。テトラメトキシジボランにも変換できそうです。

ジボラン-ジメチルスルフィド化合物も合成可能(しかもグラムスケール)っぽい。

合成法もですが、精製法も気になるところですね。

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ – 最新の[読みたい論文]の記事

[読みたい論文] 空気中でも安定な金属アセチリド

[読みたい論文] Chemical Reviews: まるごとC–H結合活性化

[読みたい論文] それ、配位子ではなくて塩基では?

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年

[読みたい論文] Prof. Tilleyの研究範囲がさらに広まった模様

[読みたい論文] 空気中でも安定な金属アセチリド

有機亜鉛といえば、Prof. Knochel。

あくまでも個人的な印象です。

[Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56 (31), 9236–9239]
Preparation of Solid Polyfunctional Alkynylzinc Pivalates with Enhanced Air and Moisture Stability for Organic Synthesis (Chen, Yi-Hung; Tüllmann, Carl Phillip; Ellwart, Mario; Knochel, Paul)
Web: http://dx.doi.org/10.1002/anie.201704400

Graphical Abstractお借りしますね。

有機亜鉛化合物は、有機リチウム化合物や有機マグネシウム化合物よりも反応性に乏しいので、官能基のある有機亜鉛化合物を比較的簡便に取り扱うことができるメリットがあるわけです。

んで、Prof. Knochel、私が大学の学部生の頃(1991年くらい?)には既に有機亜鉛化合物を使う反応を(たくさん?)報告していまして、2017年の時点でも、化学系のトップジャーナルにも論文が出るくらい、コツコツと知見を積み上げているのです。

今回の論文、末端アルキンとTMPZnOPivから亜鉛アセチリド(GAの真ん中の)を作り、これを有機合成に利用したというもの。ちなみにこのアセチリド、空気中でも数時間安定に存在しうるのだとか。

GAの末端アルキンにはエトキシカルボニル基がありますね。こいつがないと亜鉛アセチリドが生成しないのかですが、Supporting Informationを見る限り、単純な脂肪族アセチリド(1-ヘキシン等)でもOKなようです。

GAの右の化合物の合成もそうですが、亜鉛アセチリドがどんな反応に使えるのか、気になります。

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

Angew. Chem. Int. Ed.には、他にも魅力的な論文が掲載されています。

野崎先生@東京大。 パラジウム触媒
[Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 9211–9216.]
Palladium-Catalyzed Asymmetric Synthesis of Silicon-Stereogenic 5,10-Dihydrophenazasilines via Enantioselective 1,5-Palladium Migration
Sato, Yosuke; Takagi, Chihiro; Shintani, Ryo; Nozaki, Kyoko
Tag: Pd, Cat, Si, as
http://dx.doi.org/10.1002/anie.201705500

侯さん@理研。
[Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56, 9207–9210.]
Asymmetric Yttrium-Catalyzed C(sp3)-H Addition of 2-Methyl Azaarenes to Cyclopropenes
Luo, Yong; Teng, Huai-Long; Nishiura, Masayoshi; Hou, Zhaomin
Tag: Y, as, Nb, NBE, nbn, pyr, C3H6, C3H4, Me, Py
http://dx.doi.org/10.1002/anie.201705431

あわせてどうぞ – 最新の[読みたい論文]の記事

[読みたい論文] Chemical Reviews: まるごとC–H結合活性化

[読みたい論文] それ、配位子ではなくて塩基では?

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年

[読みたい論文] Prof. Tilleyの研究範囲がさらに広まった模様

[読みたい論文] ♪余計なものなど…あったね。

 

 

 

 

[読みたい論文] Chemical Reviews: まるごとC–H結合活性化

C–H結合活性化も、息の長い研究です。

chemistryの最後の晩餐と表現した人もいます…。

Chemical Reviews 2017年13号、C–H結合活性化をテーマに、様々な総説が掲載されています。

 

 

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8481–8482]
Introduction: CH Activation (Crabtree, Robert H.; Lei, Aiwen)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.7b00307

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8483–8496]
Platinum-Catalyzed C–H Functionalization (Labinger, Jay A.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00583

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8497–8520]
Direct Conversion of Methane to Value-Added Chemicals over Heterogeneous Catalysts: Challenges and Prospects(Schwach, Pierre; Pan, Xiulian; Bao, Xinhe)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00715

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8521–8573]
Homogeneous Functionalization of Methane (Gunsalus, Niles Jensen; Koppaka, Anjaneyulu; Park, Sae Hume; Bischof, Steven M.; Hashiguchi, Brian G.; Periana, Roy A.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00739

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8574–8621]
Alkane Oxidation: Methane Monooxygenases, Related Enzymes, and Their Biomimetics (Wang, Vincent C.-C.; Maji, Suman; Chen, Peter P.-Y.; Lee, Hung Kay; Yu, Steve S.-F.; Chan, Sunney I.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00624

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8622–8648]
The Essential Role of Bond Energetics in C–H Activation/Functionalization (Xue, Xiao-Song; Ji, Pengju; Zhou, Biying; Cheng, Jin-Pei)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00664

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8649–8709]
Computational Studies of Carboxylate-Assisted C–H Activation and Functionalization at Group 8–10 Transition Metal Centers (Davies, David L.; Macgregor, Stuart A.; McMullin, Claire L.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00839

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8710–8753]
Selectivity of C–H Activation and Competition between C–H and C–C Bond Activation at Fluorocarbons(Eisenstein, Odile; Milani, Jessica; Perutz, Robin N.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.7b00163

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8754–8786]
Palladium-Catalyzed Transformations of Alkyl C–H Bonds (He, Jian; Wasa, Masayuki; Chan, Kelvin S. L.; Shao, Qian; Yu, Jin-Quan)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00622

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8787–8863]
Oxidative C–H/C–H Coupling Reactions between Two (Hetero)arenes (Yang, Yudong; Lan, Jingbo; You, Jingsong)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00567

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8864–8907]
Metal-Catalyzed Decarboxylative C–H Functionalization (Wei, Ye; Hu, Peng; Zhang, Min; Su, Weiping)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00516

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8908–8976]
Catalytic Enantioselective Transformations Involving C–H Bond Cleavage by Transition-Metal Complexes (Newton, Christopher G.; Wang, Shou-Guo; Oliveira, Caio C.; Cramer, Nicolai)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00692

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 8977–9015]
Metal–Organic Cooperative Catalysis in C–H and C–C Bond Activation (Kim, Dong-Su; Park, Woo-Jin; Jun, Chul-Ho)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00554

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9016–9085]
Recent Advances in Radical C–H Activation/Radical Cross-Coupling (Yi, Hong; Zhang, Guoting; Wang, Huamin; Huang, Zhiyuan; Wang, Jue; Singh, Atul K.; Lei, Aiwen)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00620

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9086–9139]
Iron-Catalyzed C–H Bond Activation (Shang, Rui; Ilies, Laurean; Nakamura, Eiichi)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00772

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9140–9162]
Targeting of High-Valent Iron-TAML Activators at Hydrocarbons and Beyond (Collins, Terrence J.; Ryabov, Alexander D.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.7b00034

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9163–9227]
Transition-Metal-Catalyzed C–H Bond Addition to Carbonyls, Imines, and Related Polarized マ Bonds (Hummel, Joshua R.; Boerth, Jeffrey A.; Ellman, Jonathan A.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00661

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9228–9246]
Homogeneous Transition Metal Catalysis of Acceptorless Dehydrogenative Alcohol Oxidation: Applications in Hydrogen Storage and to Heterocycle Synthesis (Crabtree, Robert H.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00556

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9247–9301]
Transition Metal-Catalyzed C–H Amination: Scope, Mechanism, and Applications (Park, Yoonsu; Kim, Youyoung; Chang, Sukbok)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00644

伊丹先生@名古屋大。
[Chem. Rev. 2017, 117, 9302–9332.]
C–H Functionalization of Azines
Murakami, Kei; Yamada, Shuya; Kaneda, Takeshi; Itami, Kenichiro
Tag: R, N
http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.7b00021

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9333–9403]
Transition-Metal-Catalyzed C–H Alkylation Using Alkenes (Dong, Zhe; Ren, Zhi; Thompson, Samuel J.; Xu, Yan; Dong, Guangbin)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00574

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9404–9432]
Recent Methodologies That Exploit C–C Single-Bond Cleavage of Strained Ring Systems by Transition Metal Complexes (Fumagalli, Gabriele; Stanton, Steven; Bower, John F.)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00599

[Chem. Rev. 2017, 117 (13), 9433–9520]
Organocatalysis in Inert C–H Bond Functionalization (Qin, Yan; Zhu, Lihui; Luo, Sanzhong)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.chemrev.6b00657

読みたい総説がたくさんありますね。

あわせてどうぞ – 最新の[読みたい論文]の記事

[読みたい論文] それ、配位子ではなくて塩基では?

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年

[読みたい論文] Prof. Tilleyの研究範囲がさらに広まった模様

[読みたい論文] ♪余計なものなど…あったね。

[読みたい論文] リン-水素結合切断: tBuOKで

 

 

 

[読みたい論文] それ、配位子ではなくて塩基では?

この反応、塩基が必要ですよね?。

まさかとは思いますが…。

[J. Am. Chem. Soc. 2017, 139, 9144–9147.] Molecular Adsorbates Switch on Heterogeneous Catalysis: Induction of Reactivity by N-Heterocyclic Carbenes
Ernst, Johannes B.; Schwermann, Christian; Yokota, Gen-ichi; Tada, Mizuki; Muratsugu, Satoshi; Doltsinis, Nikos L.; Glorius, Frank
Tag: NC, Pd, Het, MNC, NHC, PhBr, Ar
http://dx.doi.org/10.1021/jacs.7b05112

Graphical Abstractお借りしますね。

アルミナ担持Pdナノ粒子上での、ブロモベンゼンとアニリンの反応について。

均一系のPd触媒下での反応(Buchwald–Hartwig アミノ化)では、ジフェニルアミンと同時に生成する臭化水素を補足するための塩基が必要とl記憶しているのですが、この論文ではどんな塩基を使っているのだろうと思いました。

しかもGAに書いているN-ヘテロ環カルベン、これがあると反応が進行するということらしいですが、このN-ヘテロ環カルベンは確かイミダゾリウム塩と塩基から作るものではと。

ますます塩基のことが気になりました。

Supporting Informationをざっと読んでみると…書いてありました。

t-BuOK (1.5 equiv) … 安心しました。

Buchwald–Hartwig アミノ化にも使われている塩基ですね、確か。

N-ヘテロ環カルベンが塩基として機能してるのではないかと、少し疑いましたよ。よかったよかった。

となると、N-ヘテロ環カルベンは配位子として機能しているのでしょう。その機能が、均一系のPd触媒の場合と同じなのか、異なっているのか、反応機構も含めて気になるところですね。

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

あわせてどうぞ – 最新の[読みたい論文]の記事

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年

[読みたい論文] Prof. Tilleyの研究範囲がさらに広まった模様

[読みたい論文] ♪余計なものなど…あったね。

[読みたい論文] リン-水素結合切断: tBuOKで

[読みたい論文] ケイ素-水素結合挿入反応の総説

 

 

[MacBook Pro] バッテリーを交換したが充電できない(3)

その後。

MacBook用の交換バッテリーが謎の挙動を示すことが判明し、一旦バッテリーを販売元へ返却しました。その後、交換バッテリーを送っていただきました。

1年間使用しましたが、問題なく動いています。

2009年に買ったのMacBook Pro、CPUはCore2Duo、メモリは4MBと、今では貧弱にも思えるスペックではありますが、バッテリー交換と同時にHDDをSSDに交換したこともあり、通常の使用であれば、動作のストレスもほとんどなく、フリーズの類も全く起きません。

販売元さんにも、トラブルのチェックなどについて親切に対応していただき、感謝しているところです。

MacBook/-Proの交換バッテリーが充電できない場合、原因が私のケースと同じ場合、無理な充電がバッテリーの損傷につながるかもしれません。

私と同じ検証が、バッテリーの問題の解決に役立てば幸いです。

キーワード: MacBook Pro, バッテリー, 交換, 充電できない, トラブル解消

あわせてどうぞ

[MacBook Pro] バッテリーを交換したが充電できない(1)

[MacBook Pro] バッテリーを交換したが充電できない(2)