nanoniele.jpのWebをSSL対応させました。

このブログはまだ非対応ですが。

nanoniele.jpのWebをSSL対応させました。これでWebブラウザでのセキュリティ云々がなくなったと思います。

httpなURLに接続した場合には、Webを表示したかしないかの状態で、httpsなURLへジャンプします。「再読み込みした?」な印象を受けかると思いますが、そういうことですので、ご安心ください。

さて、WebのSSL対応ですが、デジタル証明書の発行とインストールは簡単に出来ました。Let’s Encryptの証明書が無料でしたので、これを使わせていただきました。有効期間は3ヶ月。短いと言われますが、私には十分な長さです。

ただ、デジタル証明書のインストールが成功したからといって、WebがすぐにSSL対応できるかといえば、そうではありませんでした。甘くないですね。

Webのコンテンツ、HTMLファイルやPerlのファイルの中身をSSLに対応させる必要があるわけです。対応させないと、Webブラウザに鍵マークが現れません。

Webコンテンツを表示させても鍵マークが現れない原因は色々あります。一番わかりやすいのが、HTMLファイルの中にある、イメージ表示のためのHTMLタグ。

<img src=“http://www.nanoniele.jp/img/aaaa.png”>

こういうやつですね。httpとなっているのが原因です。改善法としては、httpのところをhttpsとしてもいいのですが、ここはこうしました。

<img src=“//nanoniele.jp/img/aaaa.png”>

こうすれば、より柔軟に対応できるのです。リンク(<a href=….)についても同様です。

一方Perlでは、特定のURLへのジャンプに

print “Location: http://nanoniele…..bbbbb.pl\n\n”;

としているところがありましたが、これは

print “Location: bbbbb.pl\n\n”;

としました。ちなみに、

print “Location: //nanoniele…..bbbbb.pl\n\n”;

では 404, Not Foundのエラーとなります。

とまあ、SSL対応で必要だったHTMLファイルやPerlのファイルの記述の変更、変更箇所は多かったのですがエディタの文字置換機能を使って簡単に行うことができました。

ところで、SSL化はnanoniele.jpにのみ対応しており、www.nanoniele.jpには対応していません。従って、

https://www.nanoniele.jp

のURLでWebを見ようとすると、「このサイトを見て大丈夫か?」というアラートが出たりしますので、ご注意くださいませ。

Comments are closed.