ベビーキウイに酔っ払う猫


前回の記事から数日後

数日前に種まきしたプランターへの水やりとかを終わらせ、庭のベビーキウイを見ると、熟しすぎて落ちた実を発見。もう全部収穫した方がいいなあと、ハサミでチョキチョキとやりながら、実を集めていたんです。まだ硬い実がほとんどだったのですが、柔らかくなてしまったり、腐ってしまったのもあったりで…。

ベビーキウイの実はこんなやつです。上のが柔らかくて甘くなったやつで、下のがまだ硬くて酸っぱいやつ。

 

んで、実を集めていると、

 

「にゃー」

 

またもにゃんこ出現。

集中したかったので、にゃんこなんか気にせずに実を集め続けてたんですよね。

で、集めた実を、地面に置いてある器に放り込んでいたんです。にゃんこ、器の中のベビーキウイのにおいを嗅いでいました。気になったのでしょうかね。

にゃんこは相変わらず私の脚をスリスリしながら、にゃーとか言っていたのですが、しばらくすると、

 

「まぉー」

 

え?

様子がおかしいのです。まぉーと言いながら体をゴロゴロさせて腹を見せたり。

そういえば、こいつ、オスだよねー。

ベビーキウイはマタタビ科。そう、このにゃんこ、ベビーキウイの匂いを嗅いで酔っ払ってしまったようなのです。熟したのが特に効いたのかもしれません。

酔っ払っているものだから、スリスリのつもりで脚に頭突きしたりして、もう、私の作業を邪魔しまくりでして。

 

にゃんこ「まぉー(ずしっ)」

私「まぉーじゃねえよ!邪魔なんだよ!」

 

とまあこんな感じの繰り返しでして。それでも、にゃんこが私のそばにいる間は、まだマシだったのです。

にゃんこが私のそばを離れた瞬間、ヤバイっ!と思いました。

庭へ出入りする、家の窓が開いていたのです。

にゃんこ、庭の窓へまっしぐら。庭の窓が開いているのを確認して、家に侵入。これはいかん。

慌てて私も家に入ると、猫は家の奥へ。にゃんこはなぜかすばしこい。

追いかける私、逃げるにゃんこ。

なんとかにゃんこを捕まえて、庭に出しましたよ。あとで掃除だなと、トホホな気分になりました。

窓を閉めても、にゃんこはこんな感じで家に入りたそうな様子でして。

この顔、もう完全にラリってます。ベビーキウイ恐ろしい。

にゃんこが窓から離れた隙に、なんとか人間は家に戻ることができましたが、にゃんこがまたまた窓の側に居座る始末でして。

しょうがないなあと、ああ、あれがあるかと掃除機を出して掃除開始です。

ラリっていてもにゃんこはにゃんこ、掃除機の音には弱いようでして、そそくさとどこかへ行ってしまいました。

やれやれです。

しかしあのにゃんこ、私が庭に出てくるのをどうやって知るのでしょうか。私の家から遠いところもウロウロしているようなのですよね。

時間?音?

 

【追記】

この数時間後、そのにゃんこはまた庭に現れました。

にゃんこ「あぅー」

 

オスのくせに発情しとる鳴き声するんかい。ベビーキウイが効きすぎたかな。

 

まあ、なんだかんだ言いながらにゃんこが来るのを楽しんでたりするわけですが。

あわせてどうぞ

庭の作業を邪魔するにゃんこ

【その後】ベビーキウイに酔っ払うにゃんこ

 

キーワード: 猫・ベビーキウイ・サルナシ・酔う・酔っ払う・反応する

Comments are closed.