[読みたい論文] てっちゃんでC-H結合活性化

鉄、しかも0価ですか。

触媒の不純物が気になるところですが、そのあたりのこともチェック済みなのでしょう。

[J. Am. Chem. Soc. 2017, 139 (42), 14849–14852]
Iron-Catalyzed Regioselective Anti-Markovnikov Addition of C–H Bonds in Aromatic Ketones to Alkenes (Kimura, Naoki; Kochi, Takuya; Kakiuchi, Fumitoshi)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/jacs.7b08385

Graphical Abstractお借りしますね。

 

垣内先生@慶應大学。

配位性官能基を持つ芳香族炭化水素のo-アルキル化。アルキル源はアルカンで、形式的には付加反応。

反応そのものは村井研究室発のものの流れですが、ルテニウム触媒などだけではなく、鉄触媒でも反応が進むと言うのが論文の売りのようです。

この鉄触媒、0価ですよね。想像でですが、おそらく0価/2価の触媒サイクルを反応機構として考えているのではないかな、と。

個人的に気になったのが、この鉄触媒の合成法。Supporting Informationを読む限り、文献記載の方法でと言うことですが、–30℃で保存とは。
取り扱いが大変そうです。

ちなみにどうやって合成したか、文献をたどると

[Organometallics 2011, 30 (17), 4720–4729]
Iron Hydride Complexes Bearing Phosphinite-Based Pincer Ligands: Synthesis, Reactivity, and Catalytic Application in Hydrosilylation Reactions (Bhattacharya, Papri; Krause, Jeanette A.; Guan, Hairong)
Web: http://dx.doi.org/10.1021/om2005589

フルペーパー。読みたい、読めない。

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ – 最新の[読みたい論文]の記事

[読みたい論文] テトラハロジボラン: 全部面倒見ます。

[読みたい論文] 空気中でも安定な金属アセチリド

[読みたい論文] Chemical Reviews: まるごとC–H結合活性化

[読みたい論文] それ、配位子ではなくて塩基では?

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年

 

 

 

 

[読みたい論文] 空気中でも安定な金属アセチリド

Comments are closed.