H4O2+イオンの構造を最適化した

何の変哲も無い(?)H4O2+イオンの構造最適化です。

現在ではクラシックなB3LYP/6-31G(d)で。


H4O分子は構造最適化中に崩れてH2O分子とH2分子になってしまいましたが、H4O2+イオンは崩れることなく構造が最適化されました。

酸素原子-水素原子の距離は1.057 Åで、H2O分子 (0.969 Å)やH3O+イオン (0.988 Å)のものよりも長くなっています。

あわせてどうぞ

H4O分子の構造を最適化したらこうなった

H2O分子の構造を最適化した

H3O+イオンの構造を最適化した

 

Comments are closed.