H4O分子の構造を最適化したらこうなった

H4O分子を無理くり構造最適化しました。

今ではクラシックなB3LYP/6-31G(d)で。

初期構造。

(構造最適化の途中は省略)

最終的にはこうなりました。

 

 

画像の右にある2つの水素原子の距離は0.745 Åで、これはH2分子の2水素原子間の距離とほぼ同じ値です。

つまり、1つのH2O分子と1つのH2分子が最適化構造、と。

まあ、こうなりますよね。

 

あわせてどうぞ

H6O4+イオンの構造を最適化したらこうなった

H4O2+イオンの構造を最適化した

H2O分子の構造を最適化した

H3O+イオンの構造を最適化した

Comments are closed.