2019年9月11日のコンテンツから

きょうのどうぶつ

微妙な腰使いのイタチ。この場所がいたく気に入ったようです。

[読みたい論文] アリルスズのラジカル反応でエナミドを合成します

https://nanoniele.jp/cgi-bin/archive/nanoniele_archive.pl?c=4584

Supporting Informationを読んで、「何と贅沢な反応なんだ」と思い、読みたい論文に追加しました。

計算終わりました

略語を登録しました

DFM
dynamic force microscopy
TCR
thermo-catalytic reforming
RDF
refuse derived fuel
MO
mixed oxide
HTDMA
humidified tandem differential mobility analyzer
TSM
twist spinning mode
TSP
triple super phosphate

注目の記事やプレスリリース

地球温暖化は高山植物群落の開花シーズンを短縮する~市民ボランティアにより明らかにされた温暖化影響予測~
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news/2019/09/post-563.html
北海道大学地球環境科学研究院の工藤岳准教授は,市民ボランティアと共同で,北海道大雪山における高山植物の長期開花調査を行い,地球温暖化によって高山植物群落の開花期間が将来どのように変化するのかを予測しました。…

小脳炎症時の神経活動の過興奮によって鬱様症状が起こる仕組みを解明
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190911_2.html
大槻元白眉センター特定准教授、キム・ミンス同特定准教授、山本正道医学部附属病院特定准教授、今井宏彦情報学研究科助教、板倉大和同学部生(研究当時)の研究グループは、小脳で細菌感染が関わる炎症が起こると、神経細胞の可塑性が誘導されて脳の過興奮が起こること、さらに小脳炎症時に、鬱様症状や自閉症様症状が起こることを見出しました。…

細胞老化による発がん抑制作用を個体レベルで解明 -細胞老化の仕組みを利用した新たながん治療法開発に向けて-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190905_2.html
河村真吾iPS細胞研究所博士課程学生(現・岐阜大学助教)、伊藤謙治東京大学特任研究員、山田泰広同教授らの研究グループは、明細胞肉腫(ClearCellSarcoma:CCS)のマウスモデルに形成された腫瘍の細胞株からiPS細胞を樹立し、このiPS細胞をマウスの胚盤胞に移植することで、CCSと同じ遺伝子変異を持つキメラマウスを作製しました。…

早大・凸版印刷 バーチャルリアリティ(VR)表現の有効性を検証
(早稲田大学)
https://www.waseda.jp/top/news/66263
早稲田大学理工学術院の河合隆史(かわいたかし)教授の研究室と凸版印刷株式会社の研究グループは、文化財VRコンテンツの鑑賞によって、鑑賞者自身の文化財に対する「見方」を変化させ、興味や関心を増進させる影響源となり得ることが示唆されました。…

出産1ヶ月後の産後うつが 出産1年後の対児愛着を予測する (エコチル調査より)
(富山大学)
https://www.u-toyama.ac.jp/outline/publicity/pdf/2019/20190911.pdf
富山大学エコチル調査ユニットセンター笠松春花研究支援員らのグループは、母親の産後うつと子どもへの愛着指標の関連を調べた結果、産後うつが出産1年後の対児愛着の状況を予測することを「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」から明らかにしました。…

令和2年度の学部・研究科改組 (組織改編) が決定
(愛媛大学)
https://www.ehime-u.ac.jp/data_relese/data_relese-102534/
このたび愛媛大学では、文部科学省大学設置・学校法人審議会の審査等を経て、愛媛県で初の看護系。…

ハリセンボンをヒントに耐久性に優れた超撥水材料を開発 ~高い耐摩耗性・変形耐性を実現、構造材料への適応に期待~
(物質・材料研究機構)
https://www.nims.go.jp/news/press/2019/09/201909100.html
NIMSは、ハリセンボンの表皮から着想を得た新しい超撥水材料を開発しました。…

花作りのスイッチを入れる遺伝子の新たな機能を発見 ~ 花は咲かせずとも緑藻の光防御を制御する ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20190910_gene1.pdf
季節ごとに見られる色とりどりの花の形成は、私たちが身近に感じる自然現象の一つです。…

スケーリーフットが身にまとう硫化鉄の生成機構を解明
(東京大学)
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2019/20190910.html
国立研究開発法人海洋研究開発機構海洋機能利用部門生命理工学センターの岡田賢研究員は、国立大学法人東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻の鈴木庸平准教授および大気海洋研究所の佐野有司教授らと共同で、インド洋海域の熱水活動域でのみ生息が知られている腹足類「スケーリーフット」が硫化鉄結晶を鱗に保持する機構を明らかにしました。…

重力波望遠鏡を利用して暗黒物質の正体に迫る新手法を考案
(東京大学)
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6539/
東京大学大学院理学系研究科の長野晃士大学院生、道村唯太助教、東京大学宇宙線研究所の小幡一平特任研究員、京都大学大学院理学研究科の藤田智弘日本学術振興会特別研究員は、レーザー干渉計を用いてアクシオン暗黒物質の探査を行う新しい手法を考案しました。…

旭化成 新マテリアル領域へ(1)組織変革で狙う化学反応
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530517

2020概算要求/環境省、再生エネの主力化推進
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530598

経産省 カーボンリサイクル技術開発 2大クラスター整備へ
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/経産省%E3%80%80カーボンリサイクル技術開発%E3%80%802大クラ/

三井化学 香り保つ鮮度保持フィルム
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/三井化学%E3%80%80香り保つ鮮度保持フィルム/

指定難病IgG4関連疾患とHLA-DRB1、FRGR2B遺伝子との関連を解明 -疾患の感受性遺伝子を網羅的に探索-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190806_3.html
松田文彦医学研究科教授、寺尾知可史同助教(現・理化学研究所チームリーダー)、千葉勉同教授(現・関西電力病院長)、岡崎和一関西医科大学教授らの研究グループは、全国50の医療機関と共同で、国際診断基準を満たす患者857例のDNAを用いて全ゲノム関連解析を行い、HLA-DRB1遺伝子とFCGR2B遺伝子に指定難病IgG4関連疾患(IgG4-RD)と有意な関連を見出しました。…

2019年度「東工大挑戦的研究賞」授賞式-独創性豊かな若手研究者10名を表彰-
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/045092.html
東京工業大学は、毎年、独創性豊かな新進気鋭の本学の研究者を選び「東工大挑戦的研究賞」を授与しています。…

半導体原子シートの新たな合成機構を解明 ~次世代フレキシブル光電子デバイス実現に期待~
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/09/press20190911-01-atom.html
JST戦略的創造研究推進事業において、東北大学大学院工学研究科電子工学専攻の加藤俊顕准教授と金子俊郎教授らは、原子オーダーの厚みを持つ半導体原子シートである遷移金属ダイカルコゲナイド(TransitionMetalDichalcodenides:TMD)注1)に関する新たな合成機構の解明に成功しました。…

半導体原子シートの新たな合成機構を解明 ~次世代フレキシブル光電子デバイス実現に期待~
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190910/index.html
JST戦略的創造研究推進事業において、東北大学大学院工学研究科電子工学専攻の加藤俊顕准教授と金子俊郎教授らは、原子オーダーの厚みを持つ半導体原子シートである遷移金属ダイカルコゲナイド(TransitionMetalDichalcogenides:TMD)注1)に関する新たな合成機構の解明に成功しました。…

炭素同素体の一つ
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-ba20d5.html

工業的に
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-98852e.html

オススメ論文-読み忘れはありませんか?

[Environ. Sci. Technol. 201953, 10514–10524.] The Year-Long Development of Microorganisms in Uncompacted Bavarian Bentonite Slurries at 30 and 60 °C
Matschiavelli, Nicole; Kluge, Sindy; Podlech, Carolin; Standhaft, Daniel; Grathoff, Georg; Ikeda-Ohno, Atsushi; Warr, Laurence N.; Chukharkina, Alexandra; Arnold, Thuro; Cherkouk, Andrea
Tag: TDHLWOAcAHH2S
https://doi.org/10.1021/acs.est.9b02670

[Environ. Sci. Technol. 201953, 10034–10042.] A Significant Portion of Water-Soluble Organic Matter in Fresh Biomass Burning Particles Does Not Contribute to Hygroscopic Growth: An Application of Polarity Segregation by 1-Octanol?Water Partitioning Method
Chen, Jing; Lee, Wen-Chien; Itoh, Masayuki; Kuwata, Mikinori
Tag: TDMATOFOMMatPMFDMAlog PACSMSOMWSOMHTDMA
https://doi.org/10.1021/acs.est.9b01696

[Ind. Eng. Chem. Res. 201958, 15958–15974.] Syntheses of Aromatic/Heterocyclic Derived Bioplastics with High Thermal/Mechanical Performance
Ali, Mohammad Asif; Kaneko, Tatsuo
Tag: cinIACHetM
https://doi.org/10.1021/acs.iecr.9b00830

[RSC Adv. 20199, 27602–27614.] Study of the pore structure and size effects on the electrochemical capacitor behaviors of porous carbon/quinone derivative hybrids
Itoi, Hiroyuki; Tazawa, Shuka; Hasegawa, Hideyuki; Tanabe, Yuichiro; Iwata, Hiroyuki; Ohzawa, Yoshimi
Tag: CECEC
https://doi.org/10.1039/C9RA05225A

[RSC Adv. 20199, 27183–27189.] Sarcoehrenbergilides D–F: cytotoxic cembrene diterpenoids from the soft coral Sarcophyton ehrenbergi
Hegazy, Mohamed-Elamir F.; Mohamed, Tarik A.; Elshamy, Abdelsamed I.; Hamed, Ahmed R.; Ibrahim, Mahmoud A. A.; Ohta, Shinji; Umeyama, Akemi; Paré, Paul W.; Efferth, Thomas
https://doi.org/10.1039/C9RA04158C

[CrystEngComm 201921, 5227–5234.] Charge-transfer complexes of sulfur-rich acceptors derived from birhodanines
Fan, Shuxiang; Kiyota, Yasuhiro; Iijima, Kodai; Ryo, Suho; Kawamoto, Tadashi; Gal, Yann Le; Lorcy, Dominique; Mori, Takehiko
Tag: CTCCTS
https://doi.org/10.1039/C9CE00952C

Comments are closed.