2020年1月9日のコンテンツから

Viewed: 17:55:24 in January 19, 2020

Posted: January 9, 2020

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

今日のコメント

お使いでクロスバイクに乗って近所の銀行へ。1万円札を5千円札に両替。両替機ではダメっぽくて、窓口へ。氏名住所電話番号を書類に書くの前からだったけな。

帰りにロードバイクに乗る学生さんをぶち抜きました。ごめんね。

 

この日によく読まれた記事

(1) アーカイブ化したWordPress記事

(2) [読みたい論文] 立体特異的にエポキシドのひとつの炭素に炭素系有機基とボリル基を導入します。

(3) 2020年1月9日のコンテンツから

(4) 2019年12月26日のコンテンツから

(5) 大学の退職絡みで(他の方の怖い事例もあわせて

(6) [水素水] H14O分子の構造最適化をトライした

(7) PerlとJavascriptの連携でウェブコンテンツを表示させる方法

(8) [読みたい論文] アジド入りました!

(9) 2019年9月30日のコンテンツから

(10) むりくり計算シリーズ

 

きょうのどうぶつ

チャシロさんも前足を揃える。

 

[読みたい論文] 立体特異的にエポキシドのひとつの炭素に炭素系有機基とボリル基を導入します。


記事はここから

分子内求核置換反応なのか転位反応なのかか、果たして。本筋じゃないのだろうけど。

 

計算終わりました

 

略語を登録しました

 

注目の記事やプレスリリース

宇宙の錬金術を観察するためのカギを赤外線域で発見 ~中性子捕獲元素によって近赤外線に現れる吸収線の多くを観測的に同定~
(東京大学)
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja...
同定した吸収線をさまざまな天体で観測することによって、重力波発生源として注目される中性子星合体などでの中性子捕獲元素合成の履歴についても調べることができます…

湿った土あるいは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

細胞どうしで遺伝子発現のタイミングをそろえる仕組みを解明 -体節形成には適切なシグナル伝達の遅れが大切-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
本研究成果は、先天性脊柱側弯症などの遺伝疾患の発生メカニズムや、ホタルの集団発光やメトロノームの同期現象などといった自然界に普遍的にみられるリズム現象の同期メカニズムの理解につながると期待されます…

ナノ粒子の世界を照らして
(沖縄科学技術大学院大学)
https://www.oist.jp/ja/news-ce...
OIST光・物質相互作用ユニットは、米国ウィスコンシン大学の研究者らと協力し、光共振器の一種を用いてナノ粒子を個々に区別できるリアルタイム高解像度画像の作成に成功しました…

スルホンアミドからスルホンアミドを合成する
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/b...

体節形成には適切なシグナル伝達の遅れが大切 ~細胞どうし遺伝子発現のタイミングをそろえる仕組み~
(科学技術振興機構)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
この成果は、先天性脊柱側弯症などの遺伝疾患の発生メカニズムや、ホタルの集団発光やメトロノームの同期現象などといった自然界に普遍的にみられるリズム現象の同期メカニズムの理解につながると期待されます…

餌生物から酵素を盗み利用する生物を発見 ~キンメモドキは食べたウミホタルの酵素をそのまま使って発光する~
(科学技術振興機構)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
生物が持つこれらの仕組みを解明し、それに倣う(バイオミメティクス)ことでさまざまな応用展開(例えば、たんぱく質性医薬品の経口投与方法の開発などの医学分野への貢献)も期待される…

スチレンモノマー貿易の構造変化、鮮明
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

経産省、地域の大学と企業仲介 来年度に産学連携モデル創出
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

石油元売り・化学業界など、リスク管理 再点検
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

過渡応答出力波形で分光 長野高専がイメージセンサー開発手法
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

大学、知恵絞り資金の自由度向上 産学共同研究、国の予算に頼らず
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

神経変性疾患などの治療薬候補となる小胞体ストレスを標的とした 新たな化合物の同定
(徳島大学)
https://www.tokushima-u.ac.jp/...
これ までに知られていた 4-PBA や azoramide よりも、はるかに低い濃度で小胞体スト レスを緩和し、細胞を保護する化合物の発見に至りました…

PD-1 が T 細胞の質を制御するメカニズムの解明
(徳島大学)
https://www.tokushima-u.ac.jp/...
T 細胞の機能を制御するメカニズムの理解が進むとともに、PD-1 阻害抗体によるがん免疫 療法の改良および新しい免疫制御療法の開発に役立つと期待されます…

核融合エネルギーの実現に必要な 水素プラズマの超高温領域を瞬時に拡大することに成功  ―ゼロエミッションエネルギー実現に向けて前進―
(東京大学)
http://www.k.u-tokyo.ac.jp/inf...

Gauss View をカスタマイズしよう!その2【NMR の referenceを追加】
(計算化学.com)
https://computational-chemistr...

核融合エネルギーの実現に必要な水素プラズマの超高温領域を瞬時に拡大することに成功 -ゼロエミッションエネルギー実現に向けて前進-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
プラズマの中にも温度を閉じ込めておく「魔法瓶」のような断熱層を作ることができますが、これまでの研究では中心に近いところに断熱層があったため高温の領域が狭いという問題がありました…

神経幹細胞の再生能を発見 -細胞の「形」の柔軟性が脳の拡大に果たす役割-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
本研究成果は、脳が形作られる基本的な仕組みや、その形成不全に伴う脳疾患の原因解明に貢献すると期待できます…

【英語力】英語文献を読み解く力はリスニングで大幅アップする
(とある三十路研究職の書庫)
http://www.kohnomasaru.com/arc...

iPS細胞移植後の腫瘍化モニタリング技術を開発-PET検査で神経幹/前駆細胞の造腫瘍性変化を可視化-
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...

「がん抑制型miRNA-634 を創薬シーズとした核酸抗がん製剤を開発」 ― 膵臓がんに対するマイクロRNAを用いた新たな核酸抗がん薬の実用化へ期待 ―
(東京医科歯科大学)
http://www.tmd.ac.jp/archive-t...
本研究の成果は、マイクロ RNA を用いた新たな核酸抗がん薬の実用化につながることが期待され…

「 アフリカに生息するサルから分離されたサル免疫不全ウイルスのVpuタンパク質は ヒトの抗ウイルスタンパク質BST-2の機能を妨害する 」 ― 今後起こり得る世界的規模の新規感染症発生のリスク評価への応用 ―
(東京医科歯科大学)
http://www.tmd.ac.jp/archive-t...
本研究成果は、今後起こり得る世界的規模の新規感染症発生のリスク評価に応用されることが期待…

ヒト iPS 細胞から機能的な視床下部-下垂体ユニットを作製 ~再生医療や疾患研究に貢献~
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...
本研究の成果は下垂体の機能が低下した患者に対する再生医療の実現に向けた研究を加速させるだ けでなく、下垂体と視床下部に関連した疾患の病態研究などにも役立つと考えられます…

哺乳類と鳥類の左右非対称性メカニズムの乖離を説明 -爬虫類で解く初期発生の謎-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...
動物の体の内部のつくりが左右非対称となる仕組みを爬虫類では初めて分子レベルで解明しました…

 

あわせてどうぞ


SOHOのすすめ記事一覧 − 2020年1Q
お仕事関係の記事のリストです(2020年1〜3月)。

2020年1月8日のコンテンツから
暴風に起こされた日。

2020年1月7日のコンテンツから
七草がゆの日。

2020年1月6日のコンテンツから
初詣は防府天満宮へ。

2019年12月27日のコンテンツから
多分仕事納め。

2019年12月26日のコンテンツから
部分日食見えず。

2019年12月25日のコンテンツから
チキンレッグを温める。

2019年12月24日のコンテンツから
朝から粉コーヒーをぶちまける。

2019年12月23日のコンテンツから
鏡の向こう。

2019年12月20日のコンテンツから
ブールバール攻略。

2019年12月19日のコンテンツから
自動車の手信号。

 

注目の論文

[Tetrahedron Lett. 2020, 61, 151386]
Synthesis of zinc bacteriochlorophyll-d analogs bearing an alkoxyimino group at the 131-position and their self-aggregation in an aqueous micelle solution
(Katayama, Airi; Tamiaki, Hitoshi)
Tag: aq., sepd., BChl, Zn, Et, C, ABS, CHl, NH2, Me, e-

環化付加反応  
[Tetrahedron Lett. 2020, 61, 151387]
Lewis acid-catalyzed formal [4+4] cycloaddition of cyclobutanones with silyloxydienes
(Nishi, Yuna; Saito, Akira; Kanaya, Shunpei; Yoshimura, Tomoyuki; Matsuo, Jun-ichi)
Tag: lb, BD, C4H6, 1191-95-3, CA, OEt

[Tetrahedron Lett. 2020, 61, 151367]
18O-Labeled chiral compounds enable the facile determination of enantioselectivity by mass spectroscopy
(Mandai, Kyoko; Tsuchihashi, Yuta; Ashikari, Yosuke; Yoshida, Jun-ichi; Nagaki, Aiichiro)
Tag: det., lb, ee, KR

[Tetrahedron Lett. 2020, 61, 151366]
Sterically crowded diphosphines bearing ethynylene and 1,2-phenylene linkers
(Sasaki, Shigeru; Kato, Kiyotoshi; Sasaki, Kohji; Yoshifuji, Masaaki)
Tag: g, MI, CV, CV, Ac, Sn, C2H2, SMC, DPE, ABS, oxidn., NH2, Ph, DPA, Ar

[Tetrahedron 2020, 76, 130834]
Synthesis of anti-Helicobacter pylori sesquiterpene employing tandem radical cyclization, and determination of the absolute configuration of the natural product
(Ishigami, Ken; Kadowaki, Kazuki; Yamada, Shinya; Aiba, Shohei; Kawasaki, Tsuneomi; Katsuta, Ryo; Yajima, Arata; Nukada, Tomoo; Takikawa, Hirosato; Watanabe, Hidenori)
Tag: abs., det., R, AC, Solt

[Tetrahedron 2020, 76, 130820]
Reductive coupling of phthalic anhydrides with aliphatic ketones by low-valent titanium: Unusual two-to-one coupling for preparation of 3,3-disubstituted phthalides
(Kise, Naoki; Yamamoto, Shota; Sakurai, Toshihiko)
Tag: Ne, PhA, Pr, DMK, iPr, i-Pr, ACE

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 1081−1086]
Conjugated Copper–Catecholate Framework Electrodes for Efficient Energy Storage
(Liu, Jingjuan; Zhou, Yi; Xie, Zhen; Li, Yang; Liu, Yunpeng; Sun, Jie; Ma, Yanhang; Terasaki, Osamu; Chen, Long)
Tag: Sn

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 574−594]
Acyl Fluorides in Late‐Transition‐Metal Catalysis
(Ogiwara, Yohei; Sakai, Norio)
Tag: TM, LTM, BB

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 663−668]
An Aptamer‐Nanotrain Assembled from Six‐Letter DNA Delivers Doxorubicin Selectively to Liver Cancer Cells
(Zhang, Liqin; Wang, Sai; Yang, Zunyi; Hoshika, Shuichi; Xie, Sitao; Li, Jin; Chen, Xigao; Wan, Shuo; Li, Long; Benner, Steven A.; Tan, Weihong)
Tag: DO, Doxo, DOX, Ab

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 669−673]
Chirality‐Embedded Nanographenes
(Nishitani, Shohei; Sekiya, Ryo; Haino, Takeharu)
Tag: FG, CD

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 679−683]
Homogeneous Oligomeric Ligands Prepared via Radical Polymerization that Recognize and Neutralize a Target Peptide
(Hoshino, Yu; Taniguchi, Shohei; Takimoto, Hinata; Akashi, Sotaro; Katakami, Sho; Yonamine, Yusuke; Miura, Yoshiko)
Tag: CRP, R, RP, polymn.

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 684−688]
Chemoenzymatic Posttranslational Modification Reactions for the Synthesis of Ψ[CH2NH]‐Containing Peptides
(Kato, Yasuharu; Kuroda, Tomohiro; Huang, Yichao; Ohta, Risa; Goto, Yuki; Suga, Hiroaki)
Tag: PTM, O

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 903−909]
The Thermal Rearrangement of an NHC‐Ligated 3‐Benzoborepin to an NHC‐Boranorcaradiene
(Shimoi, Masaki; Kevlishvili, Ilia; Watanabe, Takashi; Maeda, Katsuhiro; Geib, Steven J.; Curran, Dennis P.; Liu, Peng; Taniguchi, Tsuyoshi)
Tag: B, thermodn.

[Chem. Commun. 2020, 56, 348−351]
Splitting and reorientation of π-conjugation by an unprecedented photo-rearrangement reaction
(Inaba, Yuya; Yoneda, Tomoki; Kitagawa, Yuichi; Miyata, Kiyoshi; Hasegawa, Yasuchika; Inokuma, Yasuhide)
Tag: Sn, HT

ナノ粒子  
[Chem. Commun. 2020, 56, 372−374]
Discovery of face-centred cubic Os nanoparticles
(Wakisaka, Takuo; Kusada, Kohei; Yamamoto, Tomokazu; Toriyama, Takaaki; Matsumura, Syo; Ibrahima, Gueye; Seo, Okkyun; Kim, Jaemyung; Hiroi, Satoshi; Sakata, Osami; Kawaguchi, Shogo; Kubota, Yoshiki; Kitagawa, Hiroshi)
Tag: acac, Ac, Sn, ac, NP

クロスカップリング パラジウム  
[Chem. Commun. 2020, 56, 407−410]
Air- and moisture-stable Xantphos-ligated palladium dialkyl complex as a precatalyst for cross-coupling reactions
(Takahashi, Rina; Kubota, Koji; Ito, Hajime)
Tag: Pd, CC, CCR, C, Alk

金属有機構造体 (MOF)  
[Chem. Commun. 2020, 56, 411−414]
A cellulose monolith supported metal/organic framework as a hierarchical porous material for a flow reaction
(Yang, Zhaohang; Asoh, Taka-Aki; Uyama, Hiroshi)
Tag: Met, MOF

[Chem. Commun. 2020, 56, 443−445]
Convenient synthesis of phosphinecarboxamide and phosphinecarbothioamide by hydrophosphination of isocyanates and isothiocyanates
(Itazaki, Masumi; Matsutani, Takanari; Nochida, Tomoya; Moriuchi, Toshiyuki; Nakazawa, Hiroshi)
Tag: SCN, FG, C, NCS

[Chem. Commun. 2020, 56, 466−469]
Intracellular build-up RNAi with single-strand circular RNAs as siRNA precursors
(Kimura, Yasuaki; Shu, Zhaoma; Ito, Mika; Abe, Naoko; Nakamoto, Kosuke; Tomoike, Fumiaki; Shuto, Satoshi; Ito, Yoshihiro; Abe, Hiroshi)
Tag: IF