Archive|Nanoniele|MakiokaFufudo

 

[読みたい論文] 空気中で安定だけど「やる時にはやる」パラジウム触媒です

Viewed: 16:51:52 in March 29, 2020

Posted: February 3, 2020

Synthesis of an Air-Stable Pd(0) Catalyst Bearing Donor and Acceptor Phosphine Ligands (Sato, Ryota; Kanbara, Takaki; Kuwabara, Junpei)
Organometallics 2020, 39 (2), 235−238.

Keywords: Pd; [3,5-(CF3)2C6H3]3P; (cC6H11)3P; C–H bond activation; cross-coupling; 読みたい論文シリーズ; 有機化学; ブログ


空気中で安定なパラジウム錯体の合成と触媒反応への利用に関する論文のようです。空気中でも安定な遷移金属化合物、最近ちょっとした流行りのようです。

くだんの錯体の合成法はシンプル。Supporting Informationには、上の反応スキームのような配位子交換と、再結晶の手法で単離にまで至っています。ちょっと不思議に思ったのが出発のパラジウム錯体。Pd原子にリン原子3つがくっついているんですよね。似たようなパラジウム錯体だとリン原子が4つくっついている[(C6H5)3P]4Pdをよく見かけるのですが、CF3が水素原子に置き換わっただけで4が3に変わるものなのか、理由は想像できなくはないのですが、そんなに繊細なものなのかなと思いました。本文中や引用している文献に何かヒントがあるかもしれないので、読みたい論文に追加しました。

で、合成したパラジウム錯体の触媒能をC–H結合活性化を経るアリール-アリールカップリングで検討していて、収率の高さなどの優位性も確認されている模様。C–H結合活性化のステップは酸化的付加によるものではなく、親電子置換に近い配位子交換に見えますが、少し解釈が違うものかもしれません。Graphical Abstractにあるような錯体の安定性との両立を実現できているのが、この錯体のセールスポイント。この反応が触媒評価のために選ばれた背景などは何となくわかります。


パラジウム錯体の化学、だいぶ忘れてしまったのか思い出せないのかなので、脳にちょっと刺激を与えて記憶の再生をしたいところです。31P NMRのカップリング定数の解釈、どうだったけな。

 

有機化学初心者向けコメント

☆素反応 (elementary reaction)
途中に反応中間体などがない、それ以上の細切れにはできない反応。
素反応をたくさん知っておけば、反応の仕組み(反応機構)も理解できるようになります。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

読みたい論文シリーズ− 2020年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。

SOHOのすすめ記事一覧 2020年1Q
お仕事関係の記事のリストです(2020年1〜3月)。

 

[読みたい論文] ぱっと見どこまで入れ替えたのかわかりにくいアリールアルキルスルフィドからのアリールアルキルスルフィド合成
形式的なSN2かSNArか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (5), 2110−2114.

[読みたい論文] アルキンの同じ炭素原子にホウ素原子とケイ素原子をくっつけます
カリウムアミド系塩基触媒を使います。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (5), 2061−2065.

[読みたい論文] 遷移金属触媒が不要な分子内環化を経るベンゾチアゾール合成
過硫酸カリウムを使います。
Org. Lett. 2020, 22 (2), 610−614.

[読みたい論文] シアノ基の代わりにホウ素官能基を導入できるStrecker型反応
BN化合物を一気に合成。
Org. Lett. 2020, 22 (2), 365−370.

[読みたい論文] 簡単に原料に分解できる高分子の作り方
開環メタセシス重合。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (3), 1186−1189.

[読みたい論文] ベンジル炭素が不斉中心であるベンジルシランをベンジルアンモニウム塩から合成します。
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.

[読みたい論文] トロピリウムイオンで「トラップ」するMichael付加
Michael反応て3成分カップリングの典型例ですよね。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.

[読みたい論文] 4つのイオンで四面体構造を作るイオン液体化合物
クリック反応で合成します。
Chem. Lett. 2020, 49 (1), 14−16.

[読みたい論文] 真ん中がリッチで外側がプアなπ共役系です
PLICTでソルバトクロミズム
Chem. Lett. 2020, 49 (1), 10−13.

[読みたい論文] ラジカル反応で脂肪族スルホン酸アミドを合成します
ここでも「合成終盤での官能基変換」
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (2), 720−725.

 

注目のWebコンテンツ

第52回―「多孔性液体と固体の化学」Stuart James教授
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/i...

マスクがない。
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/3103...

まだこんな課題が未解決 ⑧昔ながらのB/F分離用洗浄液
(診断薬開発雑記)
http://diag-immunoassay.techbl...

水素ガスは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

神経終末受容器、触覚情報→神経活動に 阪大など、ネズミのひげで役割解明
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

第53回―「革命的な有機触媒を開発する」Ben List教授
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/i...

Wittig反応は
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

東大、蛍光試薬でがんだけ検出 正常組織に吸着しにくい
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

ゼロエミッション国際共同研が始動 ビヨンド・ゼロ技術確立へ
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

大気汚染に
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

頭足類の謎に迫る
(沖縄科学技術大学院大学)
https://www.oist.jp/ja/news-ce...
「脳の研究をするとき、我々科学者は、脳だけを単独で研究するのではなく、むしろ行動との関連で研究を行います…

機械学習によるゲノム構造の特徴抽出 -ゲノムの複雑な構造様式を階層化-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...
理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター細胞システム制御学研究ユニットのヴィピン・クマーリサーチアソシエイトと谷口雄一ユニットリーダーらの研究チームは、細胞の中にある複雑なゲノムDNA(以下ゲノム)の構造様式の特徴を機械学習により抽出する計算的手法を開発し、ゲノムを構成する新たな階層構造を発見しました…

セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/c...

新型コロナウイルスへの対応について(第4報)
(大阪大学)
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/ne...

ソフトマターのように振る舞う電子の発見とその機構解明 ~電子物性物理学とソフトマター物理学の架け橋~
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
この研究結果は、電子物性物理学とソフトマター物理学の懸け橋となる重要な成果であると同時に、モット転移近傍で起こる多彩な物理現象に新たな光を当てるものです…

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について (第3報)
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...

アスタキサンチンが骨格筋の質を向上し 糖尿病を改善するメカニズムを解明
(富山大学)
https://www.u-toyama.ac.jp/out...
富山大学学術研究部(医学系) 内科学講座1の戸邉一之教授、西田康宏協力研究員、アラ ー・ナワズ研究員らの研究グループは、肥満などで生じるインスリン抵抗性に対して、海産物に 含まれるカロテノイド色素であるアスタキサンチンが、骨格筋の AMPK と呼ばれる分子を介して、 ミトコンドリア機能の改善を促し、骨格筋を脂質代謝により適した遅筋(赤筋)に変化させるこ とにより血糖値や脂質代謝異常が改善することを見出しました…

神経細胞間の信号伝達を担う接着構造を形成する仕組みの解明
(富山大学)
https://www.u-toyama.ac.jp/out...
本成果は、神経回路形成のメカニズムの解明や自閉症などの神経発達障害に関わる今後の研 究に役立つ知見になると期待されます…

新型コロナウイルスへの対応について(第4報)
(大阪大学)
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/n...

ソフトマターのように振る舞う電子の発見とその機構解明 ~電子物性物理学とソフトマター物理学の架け橋~
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...
ある種の有機固体物質の中で、電子の動きが極端に遅くなり電子がソフトマター的挙動を示していることを見出し、さらにその発現メカニズムを解明することに成功しました…

山口大と九大、複雑な分子“シアノ化” ペプチド薬など応用
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

使いやすい新たなワクチンとなるか? 新たなタンパク質の複合体
(高純度化学研究所)
https://www.kojundo.blog/news/...

 

注目の論文

[Chem. Eur. J. 2020, 26, 980−996]
Excited‐State Dynamics of Non‐Luminescent and Luminescent π‐Radicals
(Teki, Yoshio)
Tag: R

[Chem. Eur. J. 2020, 26, 783−787]
Construction of Biaryls from Aryl Sulfoxides and Anilines by Means of a Sigmatropic Rearrangement
(Yanagi, Tomoyuki; Nogi, Keisuke; Yorimitsu, Hideki)
Tag: HFC-23, TFM, MsOH, MSA, Tf2O, ANI, H, TFSA, TFMSA, HOTf, lemonene, C2H6, Ph, CH4, Ar, TfOH

[Chem. Eur. J. 2020, 26, 823−829]
Evidence for a Proton‐Coupled Electron Transfer Mechanism in a Biomimetic System for Monoamine Oxidase B Catalysis
(Nakamura, Akiko; Latif, Marwa Abdel; Deck, Paul A.; Jr., Neal Castagnoli; Tanko, James M.)
Tag: MAO, ET, Et, R, Al, pyr, NH2, Me, Ph, Py, e-

[J. Comput. Chem. 2020, 41, 561−572]
Role of the N‐Terminal Transmembrane Helix Contacts in the Activation of FGFR3
(Matsuoka, Daisuke; Kamiya, Motoshi; Sato, Takeshi; Sugita, Yuji)
Tag: FGF, TM, RE, WT, MDS, FGFb, FGFR, Solt, FGFR3, MD

[Catal. Sci. Technol. 2020, 10, 493−501]
Magnetic purification of non-precious metal fuel cell catalysts for obtaining atomically dispersed Fe centers
(Nabae, Yuta; Nagata, Shinsuke; Kusaba, Keizo; Aoki, Tsutomu; Hayakawa, Teruaki; Tanida, Hajime; Imai, Hideto; Hori, Katsuaki; Yamamoto, Yuta; Arai, Shigeo; Ohyama, Junya)
Tag: at., IS, FC, ABS, NPM, XAS, C

[Biomater. Sci. 2020, 8, 577−585]
A thin hydrogel barrier linked onto cell surface sialic acids through covalent bonds induces cancer cell death in vivo
(Ono, Kimika; Sanada, Yuka; Kimura, Yuka; Aoyama, Seika; Ueda, Natsumi; Katayama, Tokitaka; Nagahama, Koji)

[Biomater. Sci. 2020, 8, 619−630]
Nanogel hybrid assembly for exosome intracellular delivery: effects on endocytosis and fusion by exosome surface polymer engineering
(Sawada, Shin-ichi; Sato, Yuko T.; Kawasaki, Riku; Yasuoka, Jun-ichi; Mizuta, Ryosuke; Sasaki, Yoshihiro; Akiyoshi, Kazunari)

[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 1904−1910]
A hydrophobic titanium doped zirconium-based metal organic framework for photocatalytic hydrogen peroxide production in a two-phase system
(Chen, Xiaolang; Kuwahara, Yasutaka; Mori, Kohsuke; Louis, Catherine; Yamashita, Hiromi)
Tag: Bn, BnOH, Cat

[J. Mater. Chem. A 2020, 8, 1947−1954]
Aqueous solution synthesis of Na3SbS4–Na2WS4 superionic conductors
(Yubuchi, So; Ito, Akane; Masuzawa, Naoki; Sakuda, Atsushi; Hayashi, Akitoshi; Tatsumisago, Masahiro)
Tag: aq., Na, SIC

[Green Chem. 2020, 22, 342−351]
Ultra-fast pyrolysis of lignocellulose using highly tuned microwaves: synergistic effect of a cylindrical cavity resonator and a frequency-auto-tracking solid-state microwave generator
(Tsubaki, Shuntaro; Nakasako, Yuki; Ohara, Noriko; Nishioka, Masateru; Fujii, Satoshi; Wada, Yuji)

[Green Chem. 2020, 22, 352−358]
A new strategy for CO2 utilization with waste plastics: conversion of hydrogen carbonate into formate using polyvinyl chloride in water
(Lu, Lihui; Zhong, Heng; Wang, Tianfu; Wu, Jianeng; Jin, Fangming; Yoshioka, Toshiaki)
Tag: C, H

ナノ粒子  
[Dalton Trans. 2020, 49, 966−971]
Improvement of the O2 storage/release rate of YMnO3 nanoparticles synthesized by the polymerized complex method
(Asakura, Yusuke; Miyake, Amiko; Otomo, Mayu; Yin, Shu)
Tag: NP

[Dalton Trans. 2020, 49, 1325−1333]
Methanol-assisted synthesis of Ni3+-doped ultrathin NiZn-LDH nanomeshes for boosted alkaline water splitting
(Gong, Yingbo; Huang, Jianfeng; Cao, Liyun; Kajiyoshi, Koji; Yang, Dan; Feng, Yongqiang; Kou, Lingjiang; Feng, Liangliang)
Tag: Ni, CH3CH2OH, CH3OH, EtOH

[Dalton Trans. 2020, 49, 1334−1334]
Methanol-assisted synthesis of Ni3+-doped ultrathin NiZn-LDH nanomeshes for boosted alkaline water splitting
(Gong, Yingbo; Huang, Jianfeng; Cao, Liyun; Kajiyoshi, Koji; Yang, Dan; Feng, Yongqiang; Kou, Lingjiang; Feng, Liangliang)
Tag: Ni, CH3CH2OH, CH3OH, EtOH

[Dalton Trans. 2020, 49, 1334−1334]
Methanol-assisted synthesis of Ni3+-doped ultrathin NiZn-LDH nanomeshes for boosted alkaline water splitting
(Gong, Yingbo; Huang, Jianfeng; Cao, Liyun; Kajiyoshi, Koji; Yang, Dan; Feng, Yongqiang; Kou, Lingjiang; Feng, Liangliang)
Tag: Ni, CH3CH2OH, CH3OH, EtOH

[Dalton Trans. 2020, 49, 1334−1334]
Methanol-assisted synthesis of Ni3+-doped ultrathin NiZn-LDH nanomeshes for boosted alkaline water splitting
(Gong, Yingbo; Huang, Jianfeng; Cao, Liyun; Kajiyoshi, Koji; Yang, Dan; Feng, Yongqiang; Kou, Lingjiang; Feng, Liangliang)
Tag: Ni, CH3CH2OH, CH3OH, EtOH

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2020, 12, 4741−4748]
Interfacial-Redox-Induced Tuning of Superconductivity in YBa2Cu3O7-δ
(Murray, Peyton D.; Gilbert, Dustin A.; Grutter, Alexander J.; Kirby, Brian J.; Hernández-Maldonado, David; Varela, Maria; Brubaker, Zachary E.; Chopdekar, Rajesh V.; Taufour, Valentin; Zieve, Rena J.; Jeffries, Jason R.; Arenholz, Elke; Takamura, Yayoi; Borchers, Julie A.; Liu, Kai)
Tag: EF, SS, Sn, O, e-

鉄 ナノ粒子 量子ドット  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2020, 12, 4755−4768]
Quantitative Understanding of Charge-Transfer-Mediated Fe3+ Sensing and Fast Photoresponse by N-Doped Graphene Quantum Dots Decorated on Plasmonic Au Nanoparticles
(Das, Ruma; Sugimoto, Hiroshi; Fujii, Minoru; Giri, P. K.)
Tag: EQE, PD, EM, GQD, GNP, Fe, QE, AuNP, LFE, Au, FL, N, CT, Sn, ABS, FG, NP, QD, HCD, e-, CD

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2020, 12, 5025−5030]
Tailoring Dielectric Surface Charge via Atomic Layer Thickness
(Hayashida, Tomoki; Yokota, Kazumichi; Murayama, Sanae; Arima, Akihide; Tsutsui, Makusu; Taniguchi, Masateru)
Tag: at., aq., SS, Sn, ZP, CD