Archive|Nanoniele|MakiokaFufudo

 

[読みたい論文] コバルト触媒と有機亜鉛を使った炭素–炭素結合形成反応です

Viewed: 18:27:36 in March 30, 2020

Posted: March 26, 2020
この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

Keywords: Co; Zn; bpy; dtbbpy; Negishi coupling; diastereomeric ratio; 読みたい論文シリーズ; 有機化学; ブログ

Cobalt‐Catalyzed Cross‐Coupling of Functionalized Alkylzinc Reagents with (Hetero)Aryl Halides (Lutter, Ferdinand H.; Grokenberger, Lucie; Spieß, Philipp; Hammann, Jeffrey M.; Karaghiosoff, Konstantin; Knochel, Paul)
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (14), 5546−5550.


有機亜鉛といえばKnochelグループ。オープンアクセス論文として今回報告されているのはNegishiカップリングのコバルト触媒版です。

有機マグネシウムや有機リチウムなどと比べて反応性が「マイルド」な有機亜鉛化合物。エステルやニトリル、ケトンなどとは反応しないので、遷移金属触媒下でのクロスカップリングでは基質の適用範囲が広いなど、合成反応でのメリットがあります。この論文の反応では、有機亜鉛はハロゲン化アルキル、亜鉛粉末、塩化リチウム、クロロトリメチルシランから作っています。これは1990年代初期には確立されていた手法だったような(記憶が)。

反応に関しては前述の通りNegishiカップリングのコバルト版ですので大体わかります。ラジカル反応ではないことも確認しているみたいです。論文をざっと読んだ段階で気になったのは不斉中心を2つ持つアルキル亜鉛の反応でのジアステレオ選択性。有機亜鉛構造式にうねうねというかウニョウニョというかそんなのが描かれており、有機亜鉛の立体構造がはっきりしないのですが、有機亜鉛が実質1種類のジアステレオマーであるのか、2種類のジアステレオマー混合物なのか、有機亜鉛の立体保持/反転で炭素–炭素結合が形成されるのか、コバルト触媒が片方のジアステレオマーを優先的に拾っていくのか、色々考えさせられそうなので、あとで論文をじっくり読んでみたいと思います。


この記事を書くために作成したChemDrawファイル(.cdxml)をダウンロードできます。
ご自由にお使いください。

 

有機化学初心者向けコメント

☆太い線と点線

有機化合物の立体構造の表現方法の一つ。
例えば下のような2-ブタノール(2-butanol)の構造式はこう表現されます。



 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

読みたい論文シリーズ− 2020年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2020年1〜3月)。

SOHOのすすめ記事一覧 2020年1Q
お仕事関係の記事のリストです(2020年1〜3月)。

 

[読みたい論文] アルケンからアルケニルスルホニウム塩を合成していろんな反応に使います
形式的なC–H結合活性化。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (14), 5616−5620.

[読みたい論文] アルキンのブロモアリール化でβ-ブロモスチレンを作ります
NMRのFIDデータあります。
ACS Catal. 2020, 10 (6), 3773−3777.

[読みたい論文] リン原子上の芳香環をあっちの方によけといて別の芳香環をくっつけます
C–H結合活性化とC–P結合切断。
Org. Lett. 2020, 22 (6), 2187−2190.

[読みたい論文] 一酸化炭素を使わない、ハロゲン化アリールからのアレーンカルボキシアミド合成
ジヒドロピリジン化合物がカルバモイル源です。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (13), 5248−5253.

[読みたい論文] 鏡像体選択的な「ふつうの」アルドール縮合です
グラムスケールの反応もいけます。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (13), 5359−5364.

[読みたい論文] テトラヒドロフランのあまり目立たない方のC–H結合を活性化します
Hartwig。Ir触媒の配位子の置換基が重要。
ACS Catal. 2020, 10 (5), 3415−3424.

[読みたい論文] エステル源がエステルである反応
エステル源の成れの果ては?
ACS Catal. 2020, 10 (5), 3490−3494.

[読みたい論文] リン原子もBrook転位
プロパルギルアルコールとアルデヒド、ヨウ素の三成分カップリング
Org. Lett. 2020, 22 (5), 2105−2110.

[読みたい論文] ヘテロアレーンのC–Hメタロ化を経て官能基を導入します
ZnとかMgとかLiとか
Org. Lett. 2020, 22 (5), 1899−1902.

[読みたい論文] コバルトピンサー錯体がアルデヒドの脱水素触媒として機能します
生成するカルボン酸の酸素源は?
Org. Lett. 2020, 22 (5), 1852−1857.

 

注目のWebコンテンツ

Cond-matの論文タイトルから固体物性の流行を探る~2019年~
(ぶひんブログ)
http://buhin-blog.blogspot.com...

認知症に対する点鼻ワクチンの開発 -遺伝子治療による免疫療法と分子イメージング-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

金先物、再び急伸 換金売り一巡、リスク回避資金流入
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

東京の鉄スクラップ、弱横ばい 需給バランス下支え
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

日鉄ステンレス、ニッケル系線材2万5000円下げ 3―5月契約分
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

認知症に点鼻ワクチン、タウたんぱく質の蓄積防ぐ 京大と量研機構
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

技術で未来拓く・産総研の挑戦(118)次世代パワーモジュール
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

地球温暖化続く、昨年CO2濃度最高更新 気象庁
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

パラキシレン 新型コロナ影響緩む 中国で誘導品の稼働改善
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

インフルエンザウイルスは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

触媒っぽく見えない触媒分子のはなし
(たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-)
http://orgchemical.seesaa.net/...

抗肥満薬が黄色ブドウ球菌の病原因子を阻害するメカニズムを解明
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...

細胞不死化酵素「テロメラーゼ」に新しいがん化機能を発見 全く新しいタイプのがん治療法の開発を期待
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

ものづくり現場で中性子線を使った材料分析が可能に -軽量化を可能にする鋼材開発に新たな道筋-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...

2020年03月前半 kwh_rd100の注目論文BEST3
(計算化学.com)
https://computational-chemistr...

高精度回転楕円ミラーにより200 nmサイズの軟X線ナノビームを形成 ―タイコグラフィ法による軟X線ナノビーム診断法を確立―
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...

二重ドーナツ型の超分子コイル 〜磁気に応答して電気が流れる巨大なチオフェン環状分子 〜
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...

抗肥満薬が黄色ブドウ球菌の病原因子を阻害するメカニズムを解明
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...

コバルト酸鉛のスピン状態転移、電荷移動転移を発見 —負熱膨張材料などへの応用に期待—
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...

【経験則】多ければ多いほど良いと思っていたが、実はそうではなかったモノ一覧
(とある三十路研究職の書庫)
http://www.kohnomasaru.com/arc...

【KEKエッセイ #24】偉大な博士の「最後のイチジクの葉」
(高エネルギー加速器研究機構)
https://www.kek.jp/ja/newsroom...

創薬に資する霊長類のオミックスデータベースD3Gの公開 -ヒト・非ヒト霊長類のゲノムなどの高品質データを提供-
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...

抗肥満薬が黄色ブドウ球菌の病原因子を阻害するメカニズムを解明
(大阪府立大学)
https://www.osakafu-u.ac.jp/pr...

認知症に対する点鼻ワクチンの開発―遺伝子治療による免疫療法と分子イメージング―
(量子科学技術研究開発機構)
https://www.qst.go.jp/site/pre...

ものづくり現場で中性子線を使った材料分析が可能に -軽量化を可能にする鋼材開発に新たな道筋-
(日本原子力研究開発機構)
https://www.jaea.go.jp/02/pres...

日本新産となる水草の雑種「ツガルモク」を発見しました -希少種ガシャモクと近縁種エゾヒルムシロの雑種-
(新潟大学)
https://www.niigata-u.ac.jp/ne...

日本発 新型コロナ肺炎に「3D プリンターで 作る人工呼吸器」プロジェクトが始動
(広島大学)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/...

X線撮像素子のピクセルサイズを従来の1/1000以下にする超解像現象の発見
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

「セルロースナノファイバー利用促進のための原料評価書」を公開 -木質系バイオマスの効率的選択を支援、CNF部材の社会実装を後押し-
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...

セルロースナノファイバーの安全性評価手法に関する文書類を公開 -関連事業者の自主安全管理を支援し、CNFの社会実装を後押し-
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...

がん免疫におけるケモカインCCL5発現抑制機構の解明 -CCL5の活性抑制による新たながん免疫療法の開発に貢献-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/202...

フラーレンのペーパーモデル
(有機化学美術館・分館)
http://blog.livedoor.jp/route4...

 

注目の論文

[Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59, 5823−5829]
An Air‐Stable Heterobimetallic Si2M2 Tetrahedral Cluster
(Dübek, Gizem; Hanusch, Franziska; Munz, Dominik; Inoue, Shigeyoshi)

[J. Chem. Inf. Model. 2020, 60, 1376−1389]
Large-Scale Parallel Implementation of Hartree–Fock Exchange Energy on Real-Space Grids Using 3D-Parallel Fast Fourier Transform
(Takahashi, Hideaki; Sakuraba, Shun; Morita, Akihiro)
Tag: FFT, ESP, EP, SCF, FT, decompn., MPI, DFT

[J. Chem. Inf. Model. 2020, 60, 1559−1567]
Protein Dynamics and the Folding Degree
(Sladek, Vladimir; Harada, Ryuhei; Shigeta, Yasuteru)
Tag: FEP, MD

[J. Chem. Inf. Model. 2020, 60, 1652−1665]
Mapping of Ion and Substrate Binding Sites in Human Sodium Iodide Symporter (hNIS)
(Zhekova, Hristina R.; Sakuma, Toshie; Johnson, Ryan; Concilio, Susanna C.; Lech, Patrycja J.; Zdravkovic, Igor; Damergi, Mirna; Suksanpaisan, Lukkana; Peng, Kah-Whye; Russell, Stephen J.; Noskov, Sergei)
Tag: Sn, Na, HM, MD, expt., curr.

膜タンパク質  
[J. Chem. Inf. Model. 2020, 60, 1709−1716]
Methodology for Further Thermostabilization of an Intrinsically Thermostable Membrane Protein Using Amino Acid Mutations with Its Original Function Being Retained
(Yasuda, Satoshi; Akiyama, Tomoki; Nemoto, Sayaka; Hayashi, Tomohiko; Ueta, Tetsuya; Kojima, Keiichi; Tsukamoto, Takashi; Nagatoishi, Satoru; Tsumoto, Kouhei; Sudo, Yuki; Kinoshita, Masahiro; Murata, Takeshi)
Tag: Rh, Res, WT, Sn, 57-13-6, FEF, MP, expt., SC

[J. Chem. Inf. Model. 2020, 60, 1833−1843]
Exploration and Evaluation of Machine Learning-Based Models for Predicting Enzymatic Reactions
(Watanabe, Naoki; Murata, Masahiro; Ogawa, Teppei; Vavricka, Christopher J.; Kondo, Akihiko; Ogino, Chiaki; Araki, Michihiro)
Tag: av., ALGM, AA, curr., ML

[Nanoscale 2020, 12, 6263−6270]
Sonochemical reaction to control the near-infrared photoluminescence properties of single-walled carbon nanotubes
(Maeda, Yutaka; Konno, Yui; Nishino, Akane; Yamada, Michio; Okudaira, Saki; Miyauchi, Yuhei; Matsuda, Kazunari; Matsui, Jun; Mitsuishi, Masaya; Suzuki, Mitsuaki)
Tag: US

ナノ結晶  
[Nanoscale 2020, 12, 6420−6428]
TiO2 superstructures with oriented nanospaces: a strategy for efficient and selective photocatalysis
(Murakami, Yuta; Kamegawa, Takashi; Kobori, Yasuhiro; Tachikawa, Takashi)
Tag: SC, NC

[Mater. Horiz. 2020, 7, 787−795]
Post-assembly dimension-dependent face-selective etching of fullerene crystals
(Hsieh, Cheng-Tien; Hsu, Shan-hui; Maji, Subrata; Chahal, Mandeep K.; Song, Jingwen; Hill, Jonathan P.; Ariga, Katsuhiko; Shrestha, Lok Kumar)
Tag: CE, Et, C60, NH2, EDA, ED, C2H4

[Mater. Horiz. 2020, 7, 796−803]
Understanding and designing one-dimensional assemblies of ligand-protected metal nanoclusters
(Hossain, Sakiat; Imai, Yukari; Motohashi, Yuichi; Chen, Zhaoheng; Suzuki, Daiki; Suzuki, Taiyo; Kataoka, Yuki; Hirata, Momoko; Ono, Tasuku; Kurashige, Wataru; Kawawaki, Tokuhisa; Yamamoto, Takahiro; Negishi, Yuichi)
Tag: Sn

ナノ粒子  
[Mater. Horiz. 2020, 7, 877−884]
Protein microswimmers capable of delivering cells for tissue engineering applications
(Kurinomaru, Takaaki; Inagaki, Akiko; Hoshi, Masamichi; Nakamura, Chikashi; Yamazoe, Hironori)
Tag: Sn, MNP, SA, NP

[Chem. Commun. 2020, 56, 3361−3364]
Visualization of the slide-ring effect: a study on movable cross-linking points using mechanochromism
(Lu, Yi; Aoki, Daisuke; Sawada, Jun; Kosuge, Takahiro; Sogawa, Hiromitsu; Otsuka, Hideyuki; Takata, Toshikazu)
Tag: Sn, CL

[Chem. Commun. 2020, 56, 3365−3368]
Key factor for the anti-Arrhenius low-temperature heterogeneous catalysis induced by H+ migration: H+ coverage over support
(Murakami, Kota; Tanaka, Yuta; Sakai, Ryuya; Hisai, Yudai; Hayashi, Sasuga; Mizutani, Yuta; Higo, Takuma; Ogo, Shuhei; Seo, Jeong Gil; Tsuneki, Hideaki; Sekine, Yasushi)
Tag: EF, Cat

[Chem. Commun. 2020, 56, 3369−3372]
Isomeric difference in the crystalline-state chemiluminescence property of an adamantylideneadamantane 1,2-dioxetane with a phthalimide chromophore
(Matsuhashi, Chihiro; Ueno, Takuya; Uekusa, Hidehiro; Sato-Tomita, Ayana; Ichiyanagi, Kouhei; Maki, Shojiro; Hirano, Takashi)
Tag: CL

[Chem. Commun. 2020, 56, 3373−3376]
Silver ion-induced chiral enhancement by argentivorous molecules
(Lee, Eunji; Hosoi, Yasuhiro; Temma, Honoka; Ju, Huiyeong; Ikeda, Mari; Kuwahara, Shunsuke; Habata, Yoichi)
Tag: as

[Tetrahedron 2020, 76, 131076]
Gold(I) complexes with chloro(diaryl)silyl ligand. Stoichiometric reactions and catalysis for O-functionalization of organosilane
(Tsuchido, Yoshitaka; Kanda, Atsushi; Osakada, Kohtaro)
Tag: Sn, Ph, Ar, Cat

環化付加反応  
[Tetrahedron 2020, 76, 131087]
Convenient synthesis of regioisomerically pure 5- and 6-functionalized xanthene dyes via SNAr reaction and comparison of their reactivity towards click reaction
(Mori, Masaya; Fujikawa, Yuuta; Inoue, Hideshi)
Tag: pt, Na, ipso, NaN3, SPAAC, AAC, e-, CA

[Tetrahedron 2020, 76, 131110]
Total synthesis of carbazole alkaloid clausamine E
(Nishiyama, Takashi; Matsuoka, Ayumi; Honda, Ryoichi; Kitamura, Tsuyoshi; Hatae, Noriyuki; Choshi, Tominari)
Tag: C, Sn, O, Bu, IND, NH2, cbz, C

[Tetrahedron 2020, 76, 131064]
Base-induced Sommelet–Hauser rearrangement of N-(α-(2-oxyethyl)branched)benzylic glycine ester-derived ammonium salts via a chelated intermediate
(Tayama, Eiji; Hirano, Kazuki; Baba, Souya)
Tag: Bzl, Bz, Et, Sn, Bn, am, Bu, G, Gly, BzO, expt., Me, Alk

[Tetrahedron 2020, 76, 131065]
Synthesis of an anthracene-based diguanidine and its recognition of carboxylic acids and phosphonic acids
(Kusukawa, Takahiro; Mura, Ryosuke; Ohtagaki, Yasuhiro; Ooe, Masashi)
Tag: det., est., Et, FL, em, anth, ANT, AN, PA, diln., GUAN, COOH, Me

[Tetrahedron 2020, 76, 131024]
Bioinspired artificial photosynthesis systems
(Fukuzumi, Shunichi; Lee, Yong-Min; Nam, Wonwoo)
Tag: PRC, CR, PS, lb, H, O, CS, PSI, RC, oxidn., PSII, APS, e-, C

[Polymer 2020, 192, 122316]
Influence of water content on alkali metal chloride transport in cross-linked Poly(ethylene glycol) diacrylate.2. Ion diffusion
(Jang, Eui-Soung; Kamcev, Jovan; Kobayashi, Kentaro; Yan, Ni; Sujanani, Rahul; Dilenschneider, Theodore J.; Park, Ho Bum; Paul, Donald R.; Freeman, Benny D.)
Tag: aq., det., PEX, Et, Sn, PEG, EG, expt., PEGDA, EGDA, C2H4, PE

[Polymer 2020, 192, 122343]
Extraction of intrinsic cross-linking effects of A hard domains on segmental motion of B soft block for ABA triblock copolymer-based elastomers by utilizing photo cross-linking
(Kawarazaki, Isamu; Hayashi, Mikihiro; Takasu, Akinori)
Tag: esp., SS, fac, Sn, CL, TBCP, morphol., morph., BCP, Ea

[Polymer 2020, 192, 122303]
Crystallization and melting of poly(butylene terephthalate) and poly(ethylene terephthalate) investigated by fast-scan chip calorimetry and small angle X-ray scattering
(Toda, Akihiko; Taguchi, Ken; Nozaki, Koji; Guan, Xinchao; Hu, Wenbing; Furushima, Yoshitomo; Schick, Christoph)
Tag: pht, det., G-T, PETE, Et, PET, Sn, Bu, NH2, SFE, C2H4, PBT, PE

[J. Organomet. Chem. 2020, 913, 121200]
Synthesis and catalytic activities of Ni complexes bearing a novel N–C–N pincer ligand containing NHC with a bicyclic motif
(Ando, Shin; Nakano, Nozomi; Matsunaga, Hirofumi; Ishizuka, Tadao)
Tag: Ag, Ni, IX, PhMe, pyr, Py, TolH, C, KTC