[今日描いた構造式] P,P-dimethylformylphosphine

Viewed: 01:07:28 in December 8, 2019

Posted: October 12, 2018

[J. Am. Chem. Soc. 2018, 34 (39), 12751−12755] P,P-Dimethylformylphosphine: The Phosphorus Analogue of N,N-Dimethylformamide (Szkop, Kevin; Jupp, Andrew R.; Stephan, Douglas W.)


J. Am. Chem. Soc.から。

DMFの窒素原子がリン原子に置き換わった化合物の合成法について記述されているようです。

GA中のH源はKHBPh3、CH3+源はCH3Iのようですが、CH3+基の導入には苦労している模様です。

構造解析をどのように行ったのか、HOMO/LUMO準位がDMFと比較してどう異なるのか、熱的安定性や空気中での安定性など知りたいので、読みたい論文に追加です。

↓勝手に計算しました [DFT, B3LYP/6-31G(d)]。波数は実測値よりも高くなる傾向あり。

HC(O)XMe2, XHOMO, eVLUMO, eVνC=O, cm−1
P−6.141−0.9541773
N−6.494+0.966 1802

Keywords: P,P-dimethylformylphosphine; DMF

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧
お仕事関係の記事のリストです(2018年)。

読みたい論文シリーズ − 2019年1Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年1〜3月)。

 

[今日描いた構造式] allyltriethylsilane
Diels−Alder反応に使われていますが、基質としてではありません。

[今日描いた構造式] 9-(diethylamino)-5H-benzo[a]phenoxazin-5-one
蛍光色素。

[今日描いた構造式] tert-butyl hyponitrite
anti-Markovnikov型のヒドロアミノ化開始剤

[今日描いた構造式] 2-(3,5-di-tert-butylphenyl)pyridine
C-H結合活性化と高原子価の金属元素

[今日描いた構造式] 2-phenylbenzothiazole
phenylの部分を反応させます。

[今日描いた構造式] benzothieno[3,2-b]indole
銅触媒と酸化剤とアルキンと硫黄源の組み合わせで合成しています。

[今日描いた構造式] furo[3,2-b:4,5-b']diindole
パラジウム触媒下、2段階で合成しています。

[今日描いた構造式] 10H-benzofuro[3,2-b]indole
単純な構造の化合物からスタートしています。

[今日描いた構造式] pyranoisoquinoline
出発は単純なアミド。

[今日描いた構造式] 2-phenyl-2H-indazole
Rh触媒下でインダゾールにアルキンを橋かけ、環を形成してπ共役を広がった化合物が生成。