[読みたい論文] ニオブ触媒下で塩化アルキルをアルカンにします

Viewed: 13:23:13 in December 16, 2019

Posted: June 21, 2019

Hydrodehalogenation of alkyl halides catalyzed by a trichloroniobium complex with a redox active α-diimine ligand (Nishiyama, Haruka; Hosoya, Hiromu; Parker, Bernard F.; Arnold, John; Tsurugi, Hayato; Mashima, Kazushi)

Keywords: Nb; phenylsilane


真島和志先生@大阪大学。5族金属錯体の合成と利用に関する、20年以上続く息の長い研究の成果の一つです。

ニオブジイミド錯体触媒/フェニルシラン系が、塩化アルキルの塩素原子を水素原子を置き換える反応、もちろん水素源はフェニルシランで、結果としてフェニルシランはフェニルクロロシランとかそんなのになってるんじゃないかと思ったりもします。もしかしたらフェニルトリクロロシランだったリスかもしれませんが。その辺り、論文本体に記述があるかもしれません。

あと恐らくですが、このニオブジイミン錯体は、3値のニオブとジイミンを直接反応させて作ってるんじゃないかなと。ニオブの塩化物ではないのですが、昔、希土類金属の塊とシクロオクタテトラエンだったかを溶媒入り容器の中に放置しとくと錯体ができるという、「金属錯体ラクラク合成法」を提唱してたのが、ここのグループだったような記憶が。


色々懐かしいので、読みたい論文に追加です。Arはオルト位に何かついてるベンゼン環のような気がする。

5値ニオブ錯体はハロアルカンと作用すると4値に

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

2005年はこんな年

人名反応など
Hayashi−Jørgensen (diarylprolinol silyl ether) 触媒 [Doi 1] [Doi 2]
ノーベル化学賞
有機合成におけるメタセシス法の開発
(Yves Chauvin, Robert Howard Grubbs, Richard Royce Schrock)
できごと
自動車リサイクル法施行
京都議定書発効
中部国際空港開港
「さくら」(ケツメイシ)
旧声優陣によるテレビ朝日系列「ドラえもん」が放送終了
「リルラ リルハ」(木村カエラ)
アステラス製薬が誕生
兵庫県尼崎市のJR福知山線で脱線事故
「ドラえもん」新声優陣バージョンが放送開始
日本国際博覧会、モリゾーキッコロが注目
「全力少年」(スキマスイッチ)
「創聖のアクエリオン」(AKINO)
福岡県西方沖地震(M7.0)
個人情報保護法全面施行
ペイオフ完全施行
首都大学東京開学
「Story」(AI)
「たしかなこと」(小田和正)
アスベスト問題の表面化
知床半島の世界自然遺産への登録が決まる
ハリケーン「カトリーナ」が米国フロリダ州に上陸
「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」(サンボマスター)
iTunes Music Storeが日本でサービスを開始
ハリケーン「リタ」が米国南部
道路関係四公団が民営化
「POP STAR」(平井堅)
「粉雪」(レミオロメン)
「ALWAYS 三丁目の夕日」公開
ロハスが流行し始める
AKB48デビュー
「ただ…逢いたくて」(EXILE)

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

真昼の朝青龍ことクロ1号。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ − 2019年2Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年4〜6月)。

 

[読みたい論文] ジメトキシシランのどっちかのメトキシ基の方と反応します。
不斉中心のあるリチウムとの反応です。
Chem. Commun. 2019, 55 (48), 6882−6885.

[読みたい論文] タングステン酸塩触媒と光でC−H結合を活性化します。
タングステン酸てどこに効くんだろ。
Org. Lett. 2019, 21 (11), 4271−4274.

[読みたい論文] ガリウムアート化合物の合成と応用
新手の水素水かと思ったがそんなわけはなかった。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (26), 8938−8942.

[読みたい論文] 分子触媒下でのα,β-不飽和エステルの還元的Claisen転位
リンとホウ素の仁義なき戦い。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (26), 8893−8897.

[読みたい論文] 炭酸メチルナトリウムをC1源として使って非対称ケトンを合成します
二酸化炭素でもいいかなとは思いましたが。
Org. Lett. 2019, 21 (11), 3882−3885.

[読みたい論文] α,β-不飽和ケトンの定電流電解
やんわりと還元します。
Chem. Commun. 2019, 55 (47), 6731−6734.

[読みたい論文] ニッケル触媒下でのアレーンのペルフルオロアルキル化
C−H結合活性化の様式が気になります。
Chem. Commun. 2019, 55 (47), 6723−6726.

[読みたい論文] エナンチオ選択的Wacker型アミノ化反応−カルバメート編
手抜きですすんません。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (22), 8708−8711.

[読みたい論文] エナンチオ選択的Wacker型アミノ化反応
ただの付加反応かと思ったてたら違ってました。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (22), 8670−8674.

[読みたい論文] コバルト錯体がシラン分子の水素原子を全てひっぺがします
自らの配位子もぶっ壊します。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (22), 8769−8772.

 

注目のWebコンテンツ

抗うつ剤の投与量は承認範囲内でも低めが最適と判明 −用量反応メタアナリシスが示す効果と副作用の最適バランス−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

チンパンジーの子も「おやつ」を食べることを解明 −母子の食事時間のずれに基づく洞察−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

ナノチューブにおける巨大な光起電力効果を発見−量子力学的な原理に基づく次世代太陽電池・光検出器実現の可能性−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2...

RD20(Research and Development 20 for Clean Energy Technologies)を開催します〜クリーンエネルギー技術に関するG20各国国立研究所等のリーダーによる国際会議「RD20」を開催〜
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...

DNAの特殊構造選択的な化学修飾に成功 反応性OFF-ON型核酸アルキル化剤を開発
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

東北大学発ベンチャー起業支援プログラムの採択決定 ヒト胎盤幹(TS)細胞の事業化案件など新たに4件を採択
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

ナノチューブにおける巨大な光起電力効果を発見 ―量子力学的な原理に基づく次世代太陽電池・光検出器実現の可能性―
(東京大学)
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/fo...

生命誕生のカギの一つは深海底のメタルが握っている 深海熱水噴出孔で有機物が生成する新たなメカニズムを提案
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...

銀河系の端が見えてきた!
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

ナノチューブにおける巨大な光起電力効果を発見 ―量子力学的な原理に基づく次世代太陽電池・光検出器実現の可能性―
(東京大学)
http://www.t.u-tokyo.ac.jp/soe...

遺伝性脊髄小脳変性症発症メカニズムの解明に手掛かり
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...

有機合成の主役級分子の新反応 ~ 複雑な有機分子の合成を可能にする新しい炭素-炭素結合形成反応 ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...

産学連携学会論文賞を受賞 ―日本版バイ・ドール制度の効果を検証―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/pr...

スーパーコンピュータ「京」がGraph500において9期連続で世界第1位を獲得 ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高レベルの評価
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...

 

注目の論文

[New J. Chem. 2019062007580, 2019, 24−9483]
Bifunctional ZSM-5/hydrotalcite composite for enhanced production of 5-hydroxymethylfurfural from glucose
(Subsadsana, Maliwan; Miyake, Koji; Ono, Kaito; Ota, Misaki; Hirota, Yuichiro; Nishiyama, Norikazu; Sansuk, Sira)
Tag: Glu, Glc, 5-HMF, HT, Glu, Glu, C, Cat

[ACS Pharmacol. Transl. Sci. 20190620081054, 2019, 3−213]
The HPV Vaccine StoryThe Fundamental Characteristics of a Translational Scientist
(Frazer, Ian H.; Gilliland, C. Taylor; White, Julia; Gee, Barry; Kreeftmeijer-Vegter, Rosan; Bietrix, Florence; Ussi, Anton E.; Hajduch, Marian; Kocis, Petr; Chiba, Nobuyoshi; Hirasawa, Ryutaro; Suematsu, Makoto; Bryans, Justin; Newman, Stuart; Hall, Matthew D.; Austin, Christopher P.)

[ACS Appl. Bio Mater. 2019062008132, 2019, 6−2453]
High Permeability of Polyunsaturated Lipid Bilayers As Applied to Attoliter Enzyme Reactors
(Nagatomo, Naoyuki; Yoshimoto, Makoto)
Tag: DAO, Ala, A, PC, AA, CF, PPL, O, DAAO, Cat

[ACS Appl. Bio Mater. 20190620081538, 2019, 6−2600]
Enzymatically Prepared Dual Functionalized Hydrogels with Gelatin and Heparin To Facilitate Cellular Attachment and Proliferation
(Ramadhan, Wahyu; Kagawa, Genki; Hamada, Yusei; Moriyama, Kousuke; Wakabayashi, Rie; Minamihata, Kosuke; Goto, Masahiro; Kamiya, Noriho)
Tag: HEP, bFGF, FGF, HRP, PEG, FGFb, GEL, PE

[J. Chem. Eng. Data 20190620082732, 2019, 6−2843]
Crystal Phase Conditions of Semiclathrate Hydrates in Nitrogen–Tetra-n-butylammonium Bromide–Water Systems below 1 MPa
(Jin, Yusuke; Kida, Masato; Nagao, Jiro)
Tag: Ra, N, as

[ACS Med. Chem. Lett. 2019062008300, 2019, 6−893]
Structure-Based Design and Synthesis of an Isozyme-Selective MTHFD2 Inhibitor with a Tricyclic Coumarin Scaffold
(Kawai, Junya; Ota, Masahiro; Ohki, Hitoshi; Toki, Tadashi; Suzuki, Makoto; Shimada, Takashi; Matsui, Satoshi; Inoue, Hidekazu; Sugihara, Chika; Matsuhashi, Norikazu; Matsui, Yumi; Takaishi, Sachiko; Nakayama, Kiyoshi)
Tag: HTS, SBDD, C, HT, Cou, MITO

[ACS Med. Chem. Lett. 20190620083056, 2019, 6−923]
DMSO-Perturbing Assay for Identifying Promiscuous Enzyme Inhibitors
(Tomohara, Keisuke; Adachi, Isao; Horino, Yoshikazu; Kesamaru, Hitoshi; Abe, Hitoshi; Suyama, Keitaro; Nose, Takeru)
Tag: NSB

[ACS Med. Chem. Lett. 20190620083240, 2019, 6−985]
Chain-Shortened Myostatin Inhibitory Peptides Improve Grip Strength in Mice
(Takayama, Kentaro; Asari, Tomo; Saitoh, Mariko; Nirasawa, Kei; Sasaki, Eri; Roppongi, Yoshimi; Nakamura, Akari; Saga, Yusuke; Shimada, Takahiro; Ikeyama, Hiroaki; Taguchi, Akihiro; Taniguchi, Atsuhiko; Negishi, Yoichi; Hayashi, Yoshio)
Tag: DMD

[Eur. J. Org. Chem. 20190620083353, 2019, 23−3788]
Efficient Synthesis, Structural Characterization, and Optical Properties of 6H-Dibenzo[b,h]carbazole and Its Derivatives
(Matsumura, Mio; Kawahata, Masatoshi; Muranaka, Atsuya; Hiraiwa, Miyuki; Yamaguchi, Kentaro; Uchiyama, Masanobu; Yasuike, Shuji)
Tag: N, NpH, cbz, HLG

熱活性化型遅延蛍光  
[Eur. J. Org. Chem. 20190620083517, 2019, 23−3735]
Synthesis and Photophysical Studies of Dibenzophosphole Oxides with D–A–D Triad Structures
(Nishida, Jun-ichi; Kawakami, Yoshihiro; Yamamoto, Shun; Matsui, Yasunori; Ikeda, Hiroshi; Hirao, Yasukazu; Kawase, Takeshi)
Tag: FL, CT, PL, QY, SS, PhMe, DF, cbz, TADF, TolH, e-, ICT

[J Comput Chem 20190620083714, 2019, 21−1919]
Scaling molecular dynamics beyond 100,000 processor cores for large-scale biophysical simulations
(Jung, Jaewoon; Nishima, Wataru; Daniels, Marcus; Bascom, Gavin; Kobayashi, Chigusa; Adedoyin, Adetokunbo; Wall, Michael; Lappala, Anna; Phillips, Dominic; Fischer, William; Tung, Chang-Shung; Schlick, Tamar; Sugita, Yuji; Sanbonmatsu, Karissa Y.)
Tag: ALGM, MD, SIMD

[Chem. Commun. 2019062008447, 2019, 50−7247]
Hydrodehalogenation of alkyl halides catalyzed by a trichloroniobium complex with a redox active α-diimine ligand
(Nishiyama, Haruka; Hosoya, Hiromu; Parker, Bernard F.; Arnold, John; Tsurugi, Hayato; Mashima, Kazushi)
Tag: NN, e-, C, Alk, Cat

[Chem. Commun. 20190620084426, 2019, 50−7239]
Stepwise topochemical fluorination of SrCrO3 perovskite via a super-structured oxide
(Su, Yu; Tsujimoto, Yoshihiro; Fujii, Kotaro; Masubuchi, Yuji; Ohata, Hirohito; Iwai, Hideo; Yashima, Masatomo; Yamaura, Kazunari)
Tag: O, OV, Ovac, P

[Chem. Commun. 20190620084554, 2019, 50−7203]
Enhanced autophagy induction via the mitochondrial delivery of methylated Î-cyclodextrin-threaded polyrotaxanes using a MITO-Porter
(Yamada, Yuma; Daikuhara, Shinnosuke; Tamura, Atsushi; Nishida, Kei; Yui, Nobuhiko; Harashima, Hideyoshi)
Tag: CD, PRX, MITO, ATG

配位高分子  
[Dalton Trans. 2019062008549, 2019, 24−8617]
Weak ferromagnetism derived from spin canting in an amido-bridged homochiral Mn(iii) 1-D coordination polymer
(Kusumoto, Sotaro; Koga, Atsushi; Kobayashi, Fumiya; Ohtani, Ryo; Kim, Yang; Lindoy, Leonard F.; Hayami, Shinya; Nakamura, Masaaki)
Tag: CP, BzNH2

ナノ粒子  
[Catal. Sci. Technol. 2019062009006, 2019, 12−3047]
Effect of conduction band potential on cocatalyst-free plasmonic H2 evolution over Au loaded on Sr2+-doped CeO2
(Fudo, Eri; Tanaka, Atsuhiro; Kominami, Hiroshi)
Tag: CB, ES, Sr, Au, H, Pt, XR, VL, SC, NP, XRD, e-