アルキンにボリル基をふたつ導入します

Viewed: 19:38:19 in December 11, 2019

Posted: June 27, 2019

Diborative Reduction of Alkynes to 1,2-Diboryl-1,2-Dimetalloalkanes: Its Application for the Synthesis of Diverse 1,2-Bis(boronate)s (Takahashi, Fumiya; Nogi, Keisuke; Sasamori, Takahiro; Yorimitsu, Hideki)
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4739−4744.

Keywords: BPin; Li


アルカリ金属還元を鍵反応とするアルキンへのボリル基の導入反応について報告しているようです。できるものはジアニオンなので、ここからさらに求電子剤や酸化剤と反応させることができますよと。ふむふむ。

Graphical Abstractを見て最初に思ったのは、ジボランのボリル基2つがアルキンに導入されるのか、それとも片割れは捨てられる運命にあるのだろうか、ということでした。どっちなのかなとSupporting Informationを眺めてみると、ホウ素アニオン種の形成も考慮しているようで、いくつかの反応経路を提唱しているようでもありました。アルキンとジボランが1:1で反応する、理屈上捨てられるボリル基はない、ということですかね。なるほどなぁと、もしかしたらこんなのもできてるのかなと思いました。下のようなやつ。


ただ、Graphical Abstractもなのですが、描かれているのがねじれた構造なのですよね。しかも炭素がアニオンになっている形式。X線結晶解析のデータも計算して出した最適化構造も、ねじれてるし、計算で出たC−C結合距離も、単結合に近そう。溶液状態と結晶状態や隔離状態は違うんだろうけど、なるほどねぇ。

本文中でX線結晶解析の結果について議論してるような気がするので、読みたい論文に追加です。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

2009年はこんな年

ノーベル化学賞
リボソームの構造と機能の研究
(Venkatraman Ramakrishnan, Thomas Arthur Steitz, Ada E. Yonath)
できごと
民主党政権下での事業仕分け
新型インフルエンザの流行
アメリカ合衆国への入国手続きに電子渡航認証システム(ESTA)が必須に
ジンバブエ中央銀行が100兆ジンバブエドル紙幣の発行を発表
まいど1号を載せたH-IIAロケット15号機打ち上げ。
世界最初の月全体の地形図及び重力地図が国立天文台や国土地理院などの研究者チームにより作製
MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島竣工
「BOSS」放送(フジテレビ)
「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」放送開始
オタマジャクシ騒動
社団法人公共広告機構が「ACジャパン」に改称
AKB48選抜総選挙
国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」が完成
「YELL/じょいふる」(いきものがかり)
「サマーウォーズ」公開
消費者庁が発足
「草食男子」
「こども店長」
「1000円高速」
H&Mの日本上陸

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

真顔の朝青龍。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ − 2019年2Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年4〜6月)。

 

可視光酸化還元触媒でベンゼン環にカルボキシル基を導入します。
この論文にも努力と根性の跡が。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4632−4637.

可視光酸化還元触媒でベンゼン環やアルケンにカルボキシル基を導入します。
努力と根性の跡。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4486−4489.

[読みたい論文] 眼に優しそうなアルキンの臭化水素付加反応
反応剤は少なくとも3つに分解します。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4531−4534.

[読みたい論文] ニオブ触媒下で塩化アルキルをアルカンにします
ヒドロデハロゲネーション。
Chem. Commun. 2019, 55 (50), 7247−7250.

[読みたい論文] ジメトキシシランのどっちかのメトキシ基の方と反応します。
不斉中心のあるリチウムとの反応です。
Chem. Commun. 2019, 55 (48), 6882−6885.

[読みたい論文] タングステン酸塩触媒と光でC−H結合を活性化します。
タングステン酸てどこに効くんだろ。
Org. Lett. 2019, 21 (11), 4271−4274.

[読みたい論文] ガリウムアート化合物の合成と応用
新手の水素水かと思ったがそんなわけはなかった。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (26), 8938−8942.

[読みたい論文] 分子触媒下でのα,β-不飽和エステルの還元的Claisen転位
リンとホウ素の仁義なき戦い。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (26), 8893−8897.

[読みたい論文] 炭酸メチルナトリウムをC1源として使って非対称ケトンを合成します
二酸化炭素でもいいかなとは思いましたが。
Org. Lett. 2019, 21 (11), 3882−3885.

[読みたい論文] α,β-不飽和ケトンの定電流電解
やんわりと還元します。
Chem. Commun. 2019, 55 (47), 6731−6734.

 

注目のWebコンテンツ

統合失調症の新しい治療薬候補の発見 −天然代謝産物ベタインの可能性−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2...

痛覚制御や血圧制御、薬物依存等に関与する受容体膜タンパク質、ニューロテンシン受容体によるGタンパク質活性化機構の解明
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

世界初、グラフェンナノリボンを完全精密合成 〜新しい高分子化反応「リビングAPEX重合」を開発〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...

環境振動発電素子の広帯域化に成功 エネルギーハーベスティングへの応用に期待
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...

配電損失の最適化と切替手順の同時算出が可能に 電力の発送電分離を目前に自動計算の手法開発
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

早い春の訪れは植物と送粉性昆虫との共生関係を破壊する〜温暖化による生物の季節撹乱を解明〜
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...

肺動脈性肺高血圧症の新規治療薬候補を世界に先駆けて発見 - セラストラマイシンは肺高血圧症モデル動物で顕著な治療効果を示す -
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

高輝度放射光(SPring-8)を用いて STT-MRAM用極薄MgOトンネル障壁膜の 化学結合状態の微視的変化の観測に初めて成功 〜原子拡散挙動を決定する化学結合状態の 微視的観測により高性能STT-MRAMの開発を加速〜
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...

動物界最高レベルのフェロモン感度を誇るゴキブリ
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...

 

注目の論文

自己集合 鉄 ナノ粒子  
[J. Mater. Chem. C 20190624154028, 2019, 24−7442]
Rod-shaped 1D polymer-assisted anisotropic self-assembly of 0D nanoparticles by a solution-drying method
(Hayashi, Hiroki; Kikuchi, Ryosuke; Kumai, Reiji; Takeguchi, Masaki; Goto, Hiromasa)
Tag: AR, SP, IONP, Fe, SPION, TPE, PPI, C60, NPC, PhMe, SPIO, NP, H2TPP, SA, SC, TolH, BB, Alk

[Chem. Commun. 20190624154649, 2019, 51−7366]
Optimizing aromatic oligoamide foldamer side-chains for ribosomal translation initiation
(Tsiamantas, Christos; Kwon, Sunbum; Douat, CÃline; Huc, Ivan; Suga, Hiroaki)
Tag: In, SC

[Chem. Commun. 2019062415483, 2019, 51−7311]
Cationic axial ligands on sulfur substituted silicon(iv) phthalocyanines: improved hydrophilicity and exceptionally red-shifted absorption into the NIR region
(Furuyama, Taniyuki; Ishii, Takashi; Ieda, Naoya; Maeda, Hajime; Segi, Masahito; Uchiyama, Masanobu; Nakagawa, Hidehiko)
Tag: am, S, ABS, Pc, Pht

[Food Funct. 20190624155011, 2019, 6−3650]
Safflower (Carthamus tinctorius L.) seed attenuates memory impairment induced by scopolamine in mice via regulation of cholinergic dysfunction and oxidative stress
(Kim, Ji Hyun; He, Mei Tong; Kim, Min Jo; Yang, Chang Yeol; Shin, Yu Su; Yokozawa, Takako; Park, Chan Hum; Cho, Eun Ju)
Tag: OS, ROS, Ac, O, NOR, ChE

[Med. Chem. Commun. 20190624155640, 2019, 6−985]
Fungal natural alkaloid schizocommunin activates the aryl hydrocarbon receptor pathway
(Filip, Roxana; Shaw, Tyler A.; Nishida, Atsushi; Pezacki, John Paul)
Tag: AhR, HC, Luc, Ar

[Med. Chem. Commun. 20190624155745, 2019, 6−896]
Rational design of novel amphipathic antimicrobial peptides focused on the distribution of cationic amino acid residues
(Misawa, Takashi; Goto, Chihiro; Shibata, Norihito; Hirano, Motoharu; Kikuchi, Yutaka; Naito, Mikihiko; Demizu, Yosuke)
Tag: AA, AMP

[Nanoscale 20190624155934, 2019, 24−11839]
Disorder limits the coherent phonon transport in two-dimensional phononic crystal structures
(Hu, Shiqian; Zhang, Zhongwei; Jiang, Pengfei; Ren, Weijun; Yu, Cuiqian; Shiomi, Junichiro; Chen, Jie)
Tag: TC, MDS, PnC, MD, NEQ, ED, EMD

[Nanoscale 20190624160428, 2019, 24−11542]
Co,N-Codoped porous vanadium nitride nanoplates as superior bifunctional electrocatalysts for hydrogen evolution and oxygen reduction reactions
(Zhang, Ning; Cao, Liyun; Feng, Liangliang; Huang, Jianfeng; Kajiyoshi, Koji; Li, Cuiyan; Liu, Qianqian; Yang, Dan; He, Juju)
Tag: V, EC, H, O, PY, HER, ORR, Cat

[J. Phys. Chem. B 20190624160813, 2019, 24−5059]
Implications of a Water Molecule for Photoactivation of Plant (6?4) Photolyase
(Hosokawa, Yuhei; Sato, Ryuma; Iwai, Shigenori; Yamamoto, Junpei)
Tag: ET, FAD, pmd, H, FR, R, WT, Trp, W, MDS, MD, A, CRY, SC, e-, HB

[J. Phys. Chem. B 20190624160931, 2019, 24−5176]
Molecular Dynamics Study on Dynamical Features of Reorganization Process for Nanocapsule Formed with Gear-Shaped Amphiphile Molecules
(Mashiko, Takako; Hiraoka, Shuichi; Nagashima, Umpei; Tachikawa, Masanori)
Tag: AdH, Ada, MD, GSA

[J. Phys. Chem. A 20190624160942, 2019, 24−5013]
Pattern Formation in Heterostructured Gel by the Ferrocyanide–Iodate–Sulfite Reaction
(Ueno, Tomonaga; Yoshida, Ryo)

[J. Phys. Chem. A 20190624161140, 2019, 24−5122]
IR Spectroscopic Investigation on Isomerization of Ionized Ethylene Glycol
(Matsuda, Yoshiyuki; Matsuura, Ayumu; Kamiyama, Takahiro; Fujii, Asuka)
Tag: PT, UV, EG, DPT, VUV, CH3OH, VIE, IE, C2H4, IR

[Energy Fuels 20190624162959, 2019, 6−5343]
Particle Size- and Crystallinity-Controlled Phosphorus Release from Biochars
(Jian, Xiumei; Uchimiya, Minori; Orlov, Alexander)
Tag: C, OC, DOC, FG, COSY, IR, P