[読みたい論文] アルミニウムアニオンがベンゼンの炭素−炭素結合をぶった切ります

Viewed: 13:23:33 in December 16, 2019

Posted: July 22, 2019

Reversible, Room-Temperature C−C Bond Activation of Benzene by an Isolable Metal Complex (Hicks, Jamie; Vasko, Petra; Goicoechea, Jose M.; Aldridge, Simon)
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 11000−11003.

Keywords: C−C bond activation; benzene; Al; cryptand[2.2.2]


低原子価アルミニウムが還元的にベンゼンの炭素−炭素を切断する反応と、関連のアルミニウム化合物の構造について報告している論文のようです。錯体の配位子がでかすぎて、ベンゼンの成れの果てとアルミニウムからなる7員環の構造が目立たないですね。

X線構造解析のデータがSupporting Informationにありましたので、画像化してみました。7員環はねじれたり折れたりはしていないようですね。一方、この記事にでは示してはいませんが、配位子部分の「6角形3連チャン」の部分は、真ん中からへの字に折れています。Graphical Abstractの構造式には立体の要素も含まれていますが、なるほど、そういうことだったんですね。


ところで、Graphical Abstractにはアルミニウム化合物のアルミニウム周り、つまり、アニオンの構造しか描かれていません。カチオンがどんな構造なのか知りたくてSupporting Informationを見ましたが、でっかいでっかい。K@cryptand[2.2.2]て書いていいのかな知らんけど。cryptand[2.2.2]がカリウムカチオンを取り込んだ構造。アニオンと並べたら7員環の影がさらに薄くなる。


炭素−炭素切断反応だけでなく炭素−水素結合切断も起こっているような記述がSupporting Informationにあります。どのような条件で反応に違いが生じるのか知りたいので、読みたい論文に追加です。
この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1946年はこんな年

人名反応など
Gallagher&minusHollander分解Jones酸化 [Doi 1]
ノーベル化学賞
酵素とウイルスタンパク質の結晶化
(James Batcheller Sumner, John Howard Northrop, Wendell Meredith Stanley)
できごと
日本国憲法公布
医師国家試験制度実施
文部省が当用漢字を発表
文部省が公民館設置を市町村に通達
文部省が六三三四教育制度を発表
厚生省が日本脳炎を法定伝染病に指定
経済同友会創立
経済団体連合会設立
日本商工会議所設立
日本製薬株式会社設立
フランス銀行が国有化
国際連合総会第1回開催
国際連盟が解散を決議
日本新聞協会設立
神社本庁設立
昭和南海地震
手塚治虫「マアチャンの日記帳」連載開始
秋葉原電気街が露店として開業
のど自慢素人音楽会(NHKのど自慢)放送開始
西部水産速報(みなと新聞・山口新聞)発刊
日刊スポーツ創刊

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

アゴのせ朝青龍。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] N-ヘテロ環カルベンが結合したシリリウミリデンイオン
早口言葉の練習。
Dalton Trans. 2019, 48 (28), 10403−10406.

[読みたい論文] 高速室温重合でπ共役ポリマーを作ります
Pd(I)触媒を使います。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (30), 10179−10183.

[読みたい論文] そこらへんの水を食ってアルケンからオキサジアゾールノンを合成します
アルケンの炭素を1つ捨てます。
Org. Lett. 2019, 21 (13), 4966−4970.

[読みたい論文] π共役系の発光特性: クロロホルムの怪
CCl3と関係がありそうな。
Chem. Commun. 2019, 55 (57), 8242−8245.

[読みたい論文] 光学活性アミンの絶対配置と光学純度をシッフ塩基にして決めます
でっかいアルデヒドと反応させます。
Org. Biomol. Chem. 2019, 17 (27), 6699−6705.

[読みたい論文] ピロ亜硫酸カリウムを二酸化硫黄源にしてスルホンを合成します。
ハロゲン化アリールと、Pd触媒下で。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 760−763.

[読みたい論文] Diels−Alder反応: ホウ素原子一つでexo選択的に?
教科書的にはendo選択的なはずがどうしてこうなった
Org. Lett. 2019, 21 (13), 5068−5072.

[読みたい論文] ほぼ環状構造の超原子価ヨウ素化合物
3価化合物の合成。
Chem. Commun. 2019, 55 (55), 7998−8000.

[読みたい論文] 添加剤不要!パラジウム触媒下でのビアリール合成
配位子なしで勝負して欲しかった。
Org. Lett. 2019, 21 (12), 4734−4738.

[読みたい論文] 臭くないチオフェオール源をチオ尿素から作ります
昔チオフェノールの生で怒られたことあります。
Chem. Eur. J. 2019, 84 (37), 8903−8910.

 

注目のWebコンテンツ

多数の細胞の多色・分子振動イメージング法を開発〜細胞スクリーニングや品質評価の研究を加速〜
(東京大学)
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/fo...

消えた噴火記録を湖底堆積物から復元することに成功しました
(新潟大学)
https://www.niigata-u.ac.jp/ne...

バイオエタノールからブタジエンを生成する世界最高の生産性を有する触媒システムを短期間で開発
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...

 

注目の論文

[ACS Appl. Bio Mater. 20190719091923, 2019, 7−2698]
Gene Expression of Osteoblast-like Cells on Carbon-Nanowall as Scaffolds during Incubation with Electrical Stimulation
(Ichikawa, Tomonori; Kondo, Hiroki; Ishikawa, Kenji; Tsutsumi, Takayoshi; Tanaka, Hiromasa; Sekine, Makoto; Hori, Masaru)
Tag: TF, OC, CNW, C, OCN

[ACS Appl. Bio Mater. 20190719092434, 2019, 7−2988]
Catalytic Formation of Luminescent Complex Clusters Based on Autonomous Strand Exchange Reaction of DNA
(Kitamura, Yusuke; Nozaki, Akihiro; Ozaki, Rie; Katsuda, Yousuke; Ihara, Toshihiro)
Tag: HCR, em, In, CHA, EDTA, IS, sens, o-phen, phen, Cat

[New J. Chem. 20190719093151, 2019, 28−11069]
Network mixed metal oxide (V4+ and Ti4+) nanostructures as potential material for the detection of trimethylamine
(Mounasamy, Veena; Mani, Ganesh Kumar; Ponnusamy, Dhivya; Tsuchiya, Kazuyoshi; Prasad, Arun K.; Madanagurusamy, Sridharan)
Tag: NS, TMeA, TriMA, TMA, MMO, TF, MO

[Catal. Sci. Technol. 20190719093951, 2019, 14−3614]
Preparation of hierarchical catalysts with the simultaneous generation of microporous zeolite using a template and large mesoporous silica by gel skeletal reinforcement and their reactivity in the catalytic cracking of n-dodecane
(Ishihara, Atsushi; Mori, Kouki; Mori, Kazuya; Hashimoto, Tadanori; Nasu, Hiroyuki)
Tag: MS, 112-40-3, ZL, C, Cat

[Catal. Sci. Technol. 2019071909409, 2019, 14−3619]
Constructing Sn(II)-doped SrNb2O6 for visible light response driven H2 and O2 evolution from water
(Liu, Shuaishuai; Li, Peng; Umezawa, Naoto; Zhou, Wei; Abe, Hideki; Wang, Guoxiu)
Tag: VL, WBG, e-

[Catal. Sci. Technol. 20190719094025, 2019, 14−3647]
Cyclic telluride reagents with remarkable glutathione peroxidase-like activity for purification-free synthesis of highly pure organodisulfides
(Arai, Kenta; Osaka, Yuui; Haneda, Masahiro; Sato, Yuumi)
Tag: GPx, GPX, Cat

[Eur. J. Inorg. Chem. 2019071909518, 2019, 27−3142]
Single Laser Shot Photoinduced Phase Transition of Rubidium Manganese Hexacyanoferrate Investigated by X-ray Diffraction
(Azzolina, Giovanni; Collet, Eric; Mariette, CÃline; Cammarata, Marco; Trzop, Elzbieta; Sander, Mathias; Levantino, Matteo; Nakagawa, Kosuke; Tokoro, Hiroko; Ohkoshi, Shin-ichi; Bertoni, Roman)
Tag: Rb, ET, XR, LRO, HCF, XRD, e-, Mn

ナノ粒子  
[ChemBioChem 2019071909541, 2019, 14−1810]
Cell Profiling Based on Sugar-Chain–Cell Binding Interaction and Its Application to Typing and Quality Verification of Cells
(Shinchi, Hiroyuki; Nakamura, Tomoya; Ota, Hayato; Nishihara, Shoko; Wakao, Masahiro; Suda, Yasuo)
Tag: FCM, NP

[Helv. Chim. Acta 20190719095950, 2019, 7−e1900116]
Total Synthesis of Fontanesine B and Its Isomer: Their Antiproliferative Activity against Human Colorectal Cancer Cells
(Abe, Takumi; Itoh, Tomoki; Terasaki, Masaru)
Tag: CRC

[ChemistryOpen 2019071910011, 2019, 7−908]
Convection-Flow-Assisted Preparation of a Strong Electron Dopant, Benzyl Viologen, for Surface-Charge Transfer Doping of Molybdenum Disulfide
(Matsuyama, Keigo; Fukui, Akito; Miura, Kohei; Ichimiya, Hisashi; Aoki, Yuki; Yamada, Yuki; Ashida, Atsushi; Yoshimura, Takeshi; Fujimura, Norifumi; Kiriya, Daisuke)
Tag: TMD, Mo, TMDC, ES, Si, CT, Bn, TM, SCTD, e-

量子ドット  
[Luminescence 20190719100212, 2019, 5−472]
Photostability of quantum dot micelles under ultraviolet irradiation
(Chinnathambi, Shanmugavel; Hanagata, Nobutaka)
Tag: PPL, FL, FA, PL, PEG, UV, QD, PE

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019071910036, 2019, 30−10345]
Jumping Crystal of a Hydrogen-Bonded Organic Framework Induced by the Collective Molecular Motion of a Twisted Ï? System
(Takeda, Takashi; Ozawa, Masataka; Akutagawa, Tomoyuki)
Tag: H, HB

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190719100420, 2019, 30−10310]
A Stable N-Hetero-Rh-Metallacyclic Silylene
(Takahashi, Shintaro; Bellan, Ekaterina; Baceiredo, Antoine; Saffon-Merceron, Nathalie; Massou, StÃphane; Nakata, Norio; Hashizume, Daisuke; Branchadell, VicenÃ; Kato, Tsuyoshi)
Tag: Rh

カルボアミノ化 環化付加反応 パラジウム  
[Angew. Chem. Int. Ed. 20190719100621, 2019, 30−10245]
Palladium-Catalyzed Dearomative syn-1,4-Carboamination with Grignard Reagents
(Tang, Conghui; Okumura, Mikiko; Zhu, Yunbo; Hooper, Annie R.; Zhou, Yu; Lee, Yu-Hsuan; Sarlah, David)
Tag: Pd, Al, NpH, VL, CA, CA

環化付加反応  
[Angew. Chem. Int. Ed. 20190719100714, 2019, 30−10220]
Catalysis Based on C−I???Ï? Halogen Bonds: Electrophilic Activation of 2-Alkenylindoles by Cationic Halogen-Bond Donors for [4+2] Cycloadditions
(Kuwano, Satoru; Suzuki, Takumi; Yamanaka, Masahiro; Tsutsumi, Ryosuke; Arai, Takayoshi)
Tag: Hal, E, El, CA

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190719100836, 2019, 30−10168]
Critical Switching of Cyclization Modes of Polyepoxides in Acidic Aqueous Media and Neutral Water: Synthesis and Revised Structure of a Nerolidol-Type Sesquiterpenoid
(Nishikawa, Keisuke; Morita, Kengo; Hashimoto, Subaru; Hoshino, Akihiro; Ikeuchi, Takumi; Kumagai, Momochika; Morimoto, Yoshiki)
Tag: THP, THF