[読みたい論文] 5価リンが中心にあるジカチオンの構造とルイス酸触媒としての機能−そこじゃない

Viewed: 08:23:43 in December 9, 2019

Posted: July 29, 2019

P(v) dications: carbon-based Lewis acid initiators for hydrodefluorination (Waked, Alexander E.; Chitnis, Saurabh S.; Stephan, Douglas W.)
Chem. Commun. 2019, 55 (61), 8971−8974.

Keywords: Lewis acid; terpy; o-chloranil; hydrodefluorination

上の図のような5価リンが中心にあるジカチオンの合成と構造、そしてフルオロ炭化水素の脱フッ素水素化触媒としての機能に関する論文のようです。


Supporting informationから画像化した5価リンジカチオンの結晶構造、アニオンが異なるものですが、窒素−リン−窒素が折れ曲がっているのですね。ピリジン環の炭素−炭素が二重結合になっていますが、これ、ソフトウェアが勝手にやりよりました。実際にそういう感じになっているかもしれないので、論文本体に目を通して著者のコメントを確認したいところです。


で、この5価リンジカチオン、フルオロ炭化水素とヒドロシランの反応、つまり脱フッ素水素化のルイス酸触媒として機能する旨論文に記述されているようです。ルイス酸触媒として機能しているのは中心のリンだと考えそうになりますが、著者らはピリジン環、しかも真ん中のやつの炭素原子がルイス酸サイトであると考察しているようです。リンじゃないこともですが、3つあるピリジン環の真ん中、しかも窒素原子から一番遠い炭素のところでアニオンのやりとりが行われるのはなんでかいなと、とにかく不思議です。エネルギー計算もされているようですが、「真ん中」ありきというのも、ね。そりゃ確かにドルーピーには大笑いさせてもらったけど。

兎にも角にも反応機構。そういうわけで、読みたい論文に追加です。

どうでもいいキーワード: 手書きルパン (5:15あたり); ドルーピー (トムとジェリーの真ん中)
この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1951年はこんな年

人名反応など
Fujimoto−Belleau反応 [Doi 1] [Doi 2]
Kornblum−DeLaMare転位 [Doi 1]
Riemschneiderチオカルバミン酸合成 [Doi 1]
ノーベル化学賞
超ウラン元素の発見
(Edwin Mattison McMillan, Glenn Theodore Seaborg)
できごと
泉州銀行(池田泉州銀行)設立
日本青年会議所設立
ルル発売
三原山が噴火
日本初のLPレコード発売
日本初の総天然色映画「カルメン故郷に帰る」公開
東映設立
五百円紙幣発行
日本初のワンマンカー運行開始
愛興電器産業(アイワ)設立
ユネスコへの日本の正式加盟承認
日本航空設立
花王粉せんたく発売
日本石油精製設立
ルース台風
力道山デビュー
日本初の果汁飲料を発売(バヤリース)
朝日放送(ABCラジオ)開局
電力中央研究所発足
「天使の玉ちゃん」連載開始(藤子不二雄)

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

初ミケ。我が家から500mくらい離れたところで見かけた個体か。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] 金属触媒を使わずにベンジル炭素−水素結合を活性化してカルボキシル基を導入します
この頃流行りのLED。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (29), 11393−11397.

[読みたい論文] 両者金属のルイスペア
果たして特有の反応性は見つかったのか。
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8812−8815.

[読みたい論文] 基質の立体が綺麗に反映されるFriedel−Crafts型アリル化反応
反応の「もう一つの」美しさ。
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8635−8638.

[読みたい論文] マグネシウムでベンゼン環C−Hをヒドロキシル化します
窒素原子がいい仕事をします。
Org. Lett. 2019, 21 (14), 5373−5377.

[読みたい論文] アルミニウムアニオンがベンゼンの炭素−炭素結合をぶった切ります
アニオンもカチオンもでっかい。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 11000−11003.

[読みたい論文] 万能性を追求したアリール−アリールクロスカップリング
縁の下の塩化リチウムを再確認。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 10978−10983.

[読みたい論文] N-ヘテロ環カルベンが結合したシリリウミリデンイオン
早口言葉の練習。
Dalton Trans. 2019, 48 (28), 10403−10406.

[読みたい論文] 高速室温重合でπ共役ポリマーを作ります
Pd(I)触媒を使います。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (30), 10179−10183.

[読みたい論文] そこらへんの水を食ってアルケンからオキサジアゾールノンを合成します
アルケンの炭素を1つ捨てます。
Org. Lett. 2019, 21 (13), 4966−4970.

[読みたい論文] π共役系の発光特性: クロロホルムの怪
CCl3と関係がありそうな。
Chem. Commun. 2019, 55 (57), 8242−8245.

 

注目のWebコンテンツ

開核反芳香族性非交互炭化水素:一重項ビラジカル分子の新メンバー
(有機化学論文研究所)
https://moro-chemistry.org/arc...

無限時間経過後の量子状態を表すニューラルネットワークの構築に成功 量子物理学のさらなる理解を加速
(東京大学)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focu...

手のひらに、石油コンビナートを
(東京大学)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focu...

「国産初の下肢静脈瘤レーザー治療器」を開発 製造販売を厚生労働大臣が承認
(広島大学)
https://www.hiroshima-u.ac.jp/...

低温用の熱電素子に使用できる高性能材料の発見 ~ 低温度域における局所冷却・冷熱発電の実用に期待 ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...

「おたりスマートソンプロジェクト」農業IoTで始動 −学生アイデアを社会実装、産官学連携で地域課題解決を目指す−
(東京電機大学)
https://www.dendai.ac.jp/news/...

公開講座2019「分子の世界への招待状」
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...

上島珈琲店初の大学キャンパス店舗 「上島珈琲店 東京理科大学野田キャンパス店」を今秋にオープン さまざまな人が分野を超えて議論できる共響のためのスペース
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...

工学研究科大学院生らによるレスキューロボット開発チーム「SHINOBI」が、RoboCup2019世界大会で優勝しました。
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A−STEP) 機能検証フェーズ試験研究タイプ 令和元年度第1回募集における新規課題の決定について
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/info/...

環境ホルモンから新しい乳癌治療薬を目指す 〜三環系ビスフェノールに女性ホルモン活性の抑制効果を発見〜
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/36...

新しいタイプの異方性セラミックスレーザー材料の開発に成功
(北見工業大学)
http://www.kitami-it.ac.jp/top...

「大学発ベンチャー表彰2019」受賞者の決定および表彰式開催について
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...

 

注目の論文

[Environ. Sci. Technol. 20190726082127, 2019, 14−8047]
Polarity-Dependent Chemical Characteristics of Water-Soluble Organic Matter from Laboratory-Generated Biomass-Burning Revealed by 1-Octanol–Water Partitioning
(Lee, Wen-Chien; Chen, Jing; Budisulistiorini, Sri Hapsari; Itoh, Masayuki; Shiodera, Satomi; Kuwata, Mikinori)
Tag: LS, HS, TOF, HMW, FA, HC, OM, Mat, HULIS, PMF, OA, PARAFAC, log P, ACSM, HLS, SOM, WSOM

[Environ. Sci. Technol. 2019072608248, 2019, 14−8205]
Functional Group Specific Phytic Acid Adsorption at the Ferrihydrite–Water Interface
(Chen, Ai; Arai, Yuji)
Tag: MR, NEXAFS, XANES, IEP, IEPS, pI, IS, ABS, IS, FG, MRS, CS, ZP, NMR, P

[Environ. Sci. Technol. 20190726082537, 2019, 14−8302]
Complete Defluorination and Mineralization of Perfluorooctanoic Acid by a Mechanochemical Method Using Alumina and Persulfate
(Wang, Nan; Lv, Hanqing; Zhou, Yuqi; Zhu, Lihua; Hu, Yue; Majima, Tetsuro; Tang, Heqing)
Tag: POP, H, K, R, LB, PFOA, KPS, HB

パラジウム  
[Phys. Chem. Chem. Phys. 20190726082910, 2019, 28−15297]
Electrochemical reduction of CO2 using palladium modified boron-doped diamond electrodes: enhancing the production of CO
(Jiwanti, Prastika Krisma; Einaga, Yasuaki)
Tag: BDD, B, Pd, EC, ECR, BDDE

[Phys. Chem. Chem. Phys. 20190726082956, 2019, 28−15356]
Quantum chemistry on quantum computers: quantum simulations of the time evolution of wave functions under the S2 operator and determination of the spin quantum number S
(Sugisaki, Kenji; Nakazawa, Shigeaki; Toyota, Kazuo; Sato, Kazunobu; Shiomi, Daisuke; Takui, Takeji)
Tag: WF, QC

カーボンナノチューブ  
[Phys. Chem. Chem. Phys. 20190726083126, 2019, 28−15431]
Separation of water–alcohol mixtures using carbon nanotubes under an electric field
(Winarto; Yamamoto, Eiji; Yasuoka, Kenji)
Tag: NT, EF, C, CNT

[Phys. Chem. Chem. Phys. 2019072608339, 2019, 28−15551]
Monte-Carlo simulation combined with density functional theory to investigate the equilibrium thermodynamics of electrode materials: lithium titanates as model compounds
(Ozaki, Hiroyuki; Tada, Kohei; Kiyobayashi, Tetsu)
Tag: LT, Li, MC, LTO, DFT

[Chem. Sci. 20190726083952, 2019, 28−6770]
Living supramolecular polymerization based on reversible deactivation of a monomer by using a ‘dummy? monomer
(Fukui, Tomoya; Sasaki, Norihiko; Takeuchi, Masayuki; Sugiyasu, Kazunori)
Tag: M

[Chem. Sci. 20190726084010, 2019, 28−6785]
A remarkably strained cyclopyrenylene trimer that undergoes metal-free direct oxygen insertion into the biaryl C–C Ï?-bond
(Kurosaki, Ryo; Hayashi, Hironobu; Suzuki, Mitsuharu; Jiang, Julong; Hatanaka, Miho; Aratani, Naoki; Yamada, Hiroko)
Tag: O

[Org. Biomol. Chem. 20190726084218, 2019, 28−6771]
Fluorescence-labeled neopeltolide derivatives for subcellular localization imaging
(Yanagi, Shota; Sugai, Tomoya; Noguchi, Takuma; Kawakami, Masato; Sasaki, Makoto; Niwa, Shinsuke; Sugimoto, Asako; Fuwa, Haruhiko)
Tag: FL, MITO

[Org. Biomol. Chem. 20190726084241, 2019, 28−6786]
Selective binding of nucleosides to gapped DNA duplex revealed by orientation and distance dependence of FRET
(Kashida, Hiromu; Kokubo, Yuta; Makino, Koki; Asanuma, Hiroyuki)
Tag: RE, ET, FRET, RET

[Org. Biomol. Chem. 20190726084324, 2019, 28−6843]
Preparation of a large-sized highly flexible carbon nanohoop
(Nakagawa, Yuta; Sekiguchi, Ryuta; Kawakami, Jun; Ito, Shunji)
Tag: C

[Org. Biomol. Chem. 20190726084343, 2019, 28−6860]
PdII catalyzed ligand controlled synthesis of bis(3-furanyl)methanones and methyl 3-furancarboxylates
(Kusakabe, Taichi; Mochida, Tomoyuki; Ariyama, Tomohiro; Lee, Dong; Ohkubo, Shin; Takahashi, Keisuke; Kato, Keisuke)
Tag: Me, 110-00-9

[Org. Biomol. Chem. 20190726084417, 2019, 28−6911]
Synthesis and characterization of bent fluorine-containing donor–Ï?-acceptor molecules as intense luminophores with large Stokes shifts
(Yamada, Shigeyuki; Nishizawa, Akito; Morita, Masato; Hosokai, Takuya; Okabayashi, Yusuke; Agou, Tomohiro; Hosoya, Takaaki; Kubota, Toshio; Konno, Tsutomu)
Tag: PL, St, F, LSS

環化付加反応  
[Chem. Eur. J. 20190726084833, 2019, 40−9427]
Rhodium-Catalyzed [2+1+2+1] Cycloaddition of Benzoic Acids with Diynes through Decarboxylation and C≡C Triple Bond Cleavage
(Honjo, Yusaku; Shibata, Yu; Tanaka, Ken)
Tag: RE, CHB, C4H4, CBD, Cb, Cp, D-A, NpH, BZA, BzOH, HBC, OA, e-, Rh, CA

[Chem. Eur. J. 20190726084858, 2019, 40−9410]
Nickel-Copper-Catalyzed Hydroacylation of Vinylarenes with Acyl Fluorides and Hydrosilanes
(Ueda, Yusuke; Iwai, Tomohiro; Sawamura, Masaya)
Tag: Ni, Cu, FG, MOC, Cat

[Chem. Eur. J. 20190726084912, 2019, 40−9400]
Synthesis of Seven-Membered Benzolactones by Nickel-Catalyzed C−H Coupling of Benzamides with Oxetanes
(Xu, Shibo; Takamatsu, Kazutaka; Hirano, Koji; Miura, Masahiro)
Tag: Ni, 8-AQ, BzNH2

多環芳香族炭化水素 (PAH) パラジウム  
[Chem. Eur. J. 20190726084928, 2019, 40−9395]
Pd-Catalyzed Annulation of 1-Halo-8-arylnaphthalenes and Alkynes Leading to Heptagon-Embedded Aromatic Systems
(Yan, Jianming; Rahman, Md. Shafiqur; Yoshikai, Naohiko)
Tag: Pd, HC, arene, PAH, FluA, e-, Cat

パラジウム  
[Eur. J. Org. Chem. 20190726085654, 2019, 27−4436]
Preparation of Alkyl Ethers with Diallyltriazinedione-Type Alkylating Agents (ATTACKs-R) Under Acid Catalysis
(Fujita, Hikaru; Yamashita, Rina; Fujii, Takanori; Yamada, Kohei; Kitamura, Masanori; Kunishima, Munetaka)
Tag: NBP, 123-91-1, DOX, Pd, Al, Bn, TfO, TMS, DIOX, TfOH, TFSA, TFMSA, HOTf, OTf, Me, C, Alk

トリフルオロメチル化合物  
[Eur. J. Org. Chem. 20190726085724, 2019, 27−4417]
Mediator and Additive Free Trifluoromethyl-Fluorination of Terminal Alkenes by Persistent Perfluoroalkyl Radical
(Sato, Azusa; Ponomarenko, Maksym V.; Ono, Taizo; RÃschenthaler, Gerd-Volker; Soloshonok, Vadim A.)
Tag: Et, R, PFA, F, Am, Pen, TFM

[ChemMedChem 2019072609039, 2019, 14−1321]
Small-Molecule Activators of Glucose-6-phosphate Dehydrogenase (G6PD) Bridging the Dimer Interface
(Raub, Andrew G.; Hwang, Sunhee; Horikoshi, Naoki; Cunningham, Anna D.; Rahighi, Simin; Wakatsuki, Soichi; Mochly-Rosen, Daria)
Tag: NAD, NADP, G6PDH, NADPH, Glu, Glc, NA, nic, G6PD, A, Glu, G6P, Glu, MOA, M

[ChemMedChem 20190726090314, 2019, 14−1315]
The Design of Potent, Selective and Drug-Like RGD αvÎ1 Small-Molecule Inhibitors Derived from non-RGD α4Î1 Antagonists
(Hatley, Richard J. D.; Barrett, Tim N.; Slack, Robert J.; Watson, Morag E.; Baillache, Daniel J.; Gruszka, Anna; Washio, Yoshiaki; Rowedder, James E.; PogÃny, Peter; Pal, Sandeep; Macdonald, Simon J. F.)
Tag: 57-13-6, SMI, DFT