[読みたい論文] うまくやれば白く光るヒドラゾン化合物

Viewed: 03:56:42 in December 11, 2019

Posted: August 14, 2019

White-light emission from a structurally simple hydrazone (Shao, Baihao; Stankewitz, Nell; Morris, Jacob A.; Liptak, Matthew D.; Aprahamian, Ivan)
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9551−9554.

Keywords: ESIPT

表題画像の化合物の合成と発光特性に関する論文のようです。

合成方法は割と簡単で、最終的には下の班のスキームの通り、臭化ナフチル化合物をブチルリチウムでリチオ化したものととジアゾ化合物を反応させてターゲットの化合物を合成しています。

その発光特性ですが、要旨やSupporting informationを見る限り400nm台前半と550−620nmあたりの2箇所に発光ピークがあるようでして、それそれの発光バンド由来の発光の寿命についても調べてありますので、発光がどのようなメカニズムで起きているのか、本文中で議論されているんじゃないかなと思ったりしています。論文のタイトルには「白色」とありますが、2つのバンドの発光色が混ざった結果として白色になっているのでしょう。

兎にも角にも発光のメカニズムです。そんなわけで読みたい論文に追加です。


この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1963年はこんな年

人名反応など
Castro−Stephensカップリング [Doi 1]
Corey−Winterオレフィン合成 [Doi 1]
Pfitzner−Moffatt酸化 [Doi 1]
Povarov反応Storkエナミンアルキル化 [Doi 1]
ノーベル化学賞
新しい触媒を用いた重合法の発見とその基礎的研究
(Karl Ziegler, Giulio Natta)
できごと
日本国産連続30分テレビアニメ第1号「鉄腕アトム」放映開始(フジテレビ)
大谷国際観光(ニューオータニ)設立
全国ネットで「キユーピー3分クッキング」放送開始(日本テレビ系)
北九州市が誕生
寿屋がサントリーに社名変更
「グリココーン」発売(江崎グリコ)
「シスコーン」を発売(シスコ製菓=日清シスコ)
大河ドラマ放送開始(NHK)
「女性セブン」創刊(小学館)
日本初の横断歩道橋設置(大阪駅前)
海上保安庁として初めて公に確認した不審船事案
大鵬薬品工業設立
黒部川第四発電所完成(関西電力)
「日清焼そば」発売(日清食品)
日本初の高速道路開通(栗東−尼崎)
太田プロダクション設立
「ピヨピヨラーメン」発売(サンヨー食品)
京浜商会(サミット)設立
藤田航空機八丈富士墜落事故
「ワンタンメン」発売(エースコック)
国土地理院が2万5000分の1の地図を基本地図に決定
自動列車停止装置(ATS)の使用開始
筑波研究学園都市の建設が閣議了解
「アップダウンクイズ」放送開始(毎日放送)
新千円札(伊藤博文の肖像)発行
三井三池炭鉱爆発事故
「プリッツ」発売(江崎グリコ)
ケネディ大統領暗殺事件
日米間の衛星中継実験に成功
力道山刺される
ササニシキ開発
電気蚊取器「ベープ」発売(フマキラー)
冷蔵庫用脱臭剤「ノンスメル」発売(鎌田商会=白元アース)

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

アゴのせ朝青龍。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] アルデヒドからイミンにするのが無理っぽいのでアミドからにします
フッ素化合物の宿命。
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9436−9439.

[読みたい論文] 登場!ベリリウム−アルミニウム結合を持つ化合物
どう分極しているのでしょうか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (33), 11459−11463.

[読みたい論文] ペリレン環の炭素原子を窒素原子かホウ素原子に置き換えます。
もう全部BとNにすればいいのに。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (33), 11379−11384.

[読みたい論文] ルテニウム触媒下、メタノールでアミドとかをメチル化します。
Ru触媒下。基質の酸性度次第。
Org. Lett. 2019, 21 (15), 5843−5847.

[読みたい論文] p-トルエンスルホン酸触媒「表に出てこい!」
二相系が副反応を抑制します。
Chem. Commun. 2019, 55 (63), 9267−9270.

[読みたい論文] アルデヒドとマロン酸モノエステルの脱炭酸縮合
触媒にモルホリンを採用した経緯が気になります。
Org. Lett. 2019, 21 (15), 6135−6139.

[読みたい論文] Pd触媒下でシリルエノラートをアリール化します
試薬が鬼のように入っとる。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (30), 11749−11753.

[読みたい論文] フルオロアレーンからスタートする手堅いインドール合成
窒素源はニトリル。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (32), 11033−11038.

[読みたい論文] 炭酸ビニレンとアリールボロン酸から2-アリールアセトアルデヒドを合成します
Ir触媒下での反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (32), 11054−11057.

[読みたい論文] 鉄ピンサー触媒がアレーンをボリル化します。
C−H結合活性化。ラジカル的ではなさそう。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 898−901.

 

注目のWebコンテンツ

アミドとオレフィンからケトン合成!分子内水素移動を利用したヒドロアシル化
(有機化学論文研究所)
https://moro-chemistry.org/arc...

増加する
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

 

注目の論文

光線力学療法  
[ACS Med. Chem. Lett. 20190813212335, 2019, 8−1110]
Fluorescent Imidazo[1,5-a]pyridinium Salt for a Potential Cancer Therapy Agent
(Yagishita, Fumitoshi; Tanigawa, Jun-ichi; Nii, Chiho; Tabata, Atsushi; Nagamune, Hideaki; Takanari, Hiroki; Imada, Yasushi; Kawamura, Yasuhiko)
Tag: FL, em, PD, PDT

膜タンパク質  
[ACS Med. Chem. Lett. 20190813212420, 2019, 8−1154]
Malabaricone C as Natural Sphingomyelin Synthase Inhibitor against Diet-Induced Obesity and Its Lipid Metabolism in Mice
(, Muhamad; Othman, Aqmal; Yuyama, Kohei; Murai, Yuta; Igarashi, Yasuyuki; Mikami, Daisuke; Sivasothy, Yasodha; Awang, Khalijah; Monde, Kenji)
Tag: SM, SMS, Glu, Glc, HFD, MP, Glu, Glu, DIO

[Cryst. Growth Des. 20190813212717, 2019, 8−4212]
Direct Two-Dimensional Time Series Observation of pH Distribution around Dissolving Calcium Carbonate Crystals in Aqueous Solution
(Kawano, Jun; Toyofuku, Takashi; Nishimura, Kaede; Ueda, Akiyuki; Nagai, Yukiko; Kawada, Sachiko; Teng, Henry; Nagai, Takaya)
Tag: Ca, TR, CaCO3, 񂩂

[Cryst. Growth Des. 20190813212859, 2019, 8−4324]
In-Situ Photochromism Switching with Crystal Jumping through the Deammoniation of N-Salicylideneaniline Ammonium Salt
(Sugiyama, Haruki; Johmoto, Kohei; Sekine, Akiko; Uekusa, Hidehiro)
Tag: am, NH3

[Cryst. Growth Des. 20190813213644, 2019, 8−4784]
Versatile Hydrogen-Bonded Assemblies of Twisted Tetra[3,4]thienylene Tetracarboxylic Acid with Selective Solvent Sorption
(Takeda, Takashi; Ozawa, Masataka; Akutagawa, Tomoyuki)
Tag: H, COOH, VP

ナノファイバー  
[ACS Sustainable Chem. Eng. 20190813220126, 2019, 15−13351]
Effective Reinforcement of Poly(methyl methacrylate) Composites with a Well-Defined Bacterial Cellulose Nanofiber Network
(Shimizu, Yoshihiko; Sakakibara, Keita; Akimoto, Shuhei; Tsujii, Yoshinobu)
Tag: FRP, BC, R, PMMA, CLSM, MMA, RP, NF, Me, LSM, CNF, THF