[読みたい論文] 触れられそうだけど触れられないアミーゴ!

Viewed: 20:35:01 in December 11, 2019

Posted: August 15, 2019

[Am(C5Me4H)3]: An Organometallic Americium Complex (Su, Jing; Albrecht-Schmitt, Thomas E.; Blake, Anastasia V.; Batista, Enrique R.; Daly, Scott R.; Dehnen, Stefanie; Evans, William J.; Gaunt, Andrew J.; Kozimor, Stosh A.; Lichtenberger, Niels; Scott, Brian L.; Yang, Ping)
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (34), 11695−11699.

Keywords: Am; DME

アミーゴ!Graphical Abstractのこのフレーズだけで、読みたい論文に追加しました。中心金属がアメリカの国旗になっているのは相応の理由からなのでしょうが、言わないでおきましょう。

アメルシウム錯体の合成とその構造に関する研究。お約束のようにW. J. Evans、著者に入っています。

合成法は下の反応スキームの通り、アメルシウムの塩化物からのアニオン交換で。比較のためか、同類のセリウム錯体も合成していますね。


Supporting Informationにはサンプル瓶中での結晶化の画像を見ることができますが、取り扱いは酸素のないグローブボックス中で行なっているようです。X線解析用の結晶も見ることができ、見るだけでも面白いかも。アメルシウムは放射性元素なのですが、薄い手袋越しにサンプル瓶を掴んでいるあたり、もしかしたら比較的取り扱いやすいのかもと思ったりもします。もちろんアメルシウムの有害性や危険性についてはSupporting Informationにしっかりと書かれていますし、実際に扱うとなれば相応の対策が必要なのでしょう。

放射性元素の錯体を研究する敷居の高さゆえに論文としての価値がある、といったところでしょうか。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1964年はこんな年

ノーベル化学賞
X線回折法による生体物質の分子構造の決定
(Dorothy Crowfoot Hodgkin)
できごと
東京オリンピック開催
東京パラリンピック開催
日本麦酒がサッポロビールに社名変更
チョコレート「ハイクラウン」発売(森永製菓)
「かっぱえびせん」発売(カルビー)
「オバケのQ太郎」(藤子不二雄)連載開始(小学館)
「ガーナチョコレート」発売(ロッテ)
「V・ロート」発売(ロート製薬)
「花王スターチ(キーピング)」発売(花王石鹸=花王)
世界初の半導体電卓「CS-10A」発売(早川電機工業=シャープ)
アラスカ州南部を震源とするM9.2の地震発生
日本人の海外観光渡航自由化
日本初のワイドショー番組「木島則夫モーニングショー」放送(NET=テレビ朝日)
汎用コンピューター「System/360」発表(IBM)
東京12チャンネル(テレビ東京)開局
日本国内航空(日本エアシステム)設立
日本がOECDに正式加盟
「平凡パンチ」創刊(平凡出版=マガジンハウス)
BASICプログラムが初めて実行
「デンター」発売(ライオン歯磨=ライオン)
青山商事設立
富士スバルライン開通
三菱重工業発足
新潟地震(M7.5)
「全国こども電話相談室」放送開始(TBSラジオ)
「シオノギ ミュージックフェア」放送開始(フジテレビ)
東京プリンスホテル開業
ホテルニューオータニ開業
日本が道路交通に関するジュネーブ条約に加盟
気象庁富士山レーダー完成
東京モノレール開業
よみうりランド開園
東海道新幹線開業
日本武道館開館
伊豆スカイライン開通
やまなみハイウェイ開通
「ワンカップ大関」発売(大関酒造=大関)
「味ぽん」発売(中埜酢店=Mizkan)
業界初の家庭用ビデオテープレコーダ「CV-2000」発売(ソニー)
日本初のコインロッカー設置(新宿駅)

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

アゴのせ朝青龍。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] うまくやれば白く光るヒドラゾン化合物
2つの発光バンドをどう制御するか。
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9551−9554.

[読みたい論文] アルデヒドからイミンにするのが無理っぽいのでアミドからにします
フッ素化合物の宿命。
Chem. Commun. 2019, 55 (64), 9436−9439.

[読みたい論文] 登場!ベリリウム−アルミニウム結合を持つ化合物
どう分極しているのでしょうか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (33), 11459−11463.

[読みたい論文] ペリレン環の炭素原子を窒素原子かホウ素原子に置き換えます。
もう全部BとNにすればいいのに。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (33), 11379−11384.

[読みたい論文] ルテニウム触媒下、メタノールでアミドとかをメチル化します。
Ru触媒下。基質の酸性度次第。
Org. Lett. 2019, 21 (15), 5843−5847.

[読みたい論文] p-トルエンスルホン酸触媒「表に出てこい!」
二相系が副反応を抑制します。
Chem. Commun. 2019, 55 (63), 9267−9270.

[読みたい論文] アルデヒドとマロン酸モノエステルの脱炭酸縮合
触媒にモルホリンを採用した経緯が気になります。
Org. Lett. 2019, 21 (15), 6135−6139.

[読みたい論文] Pd触媒下でシリルエノラートをアリール化します
試薬が鬼のように入っとる。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (30), 11749−11753.

[読みたい論文] フルオロアレーンからスタートする手堅いインドール合成
窒素源はニトリル。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (32), 11033−11038.

[読みたい論文] 炭酸ビニレンとアリールボロン酸から2-アリールアセトアルデヒドを合成します
Ir触媒下での反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (32), 11054−11057.

 

注目のWebコンテンツ

曲げたり
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

新形式の芳香族化合物の合成に成功! ~ 芳香族性の概念の拡張 ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...

心血管疾患の細胞治療に係る心筋細胞への取り込みメカニズムを解明 ~ 有用な治療法への期待 ~
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...

成人単一臍帯血移植における予後予測因子を解明 −初の日欧国際共同研究−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...

 

注目の論文

[Environ. Sci. Technol. 20190814013532, 2019, 15−9109]
Deterioration Mechanism of a Tertiary Polyamide Reverse Osmosis Membrane by Hypochlorite
(Hashiba, Koki; Nakai, Satoshi; Ohno, Masaki; Nishijima, Wataru; Gotoh, Takehiko; Iizawa, Takashi)
Tag: Ag, Pr, MPD, N, PhH, BZ, Na, Cl, HOCl, RO, e-, IR, NaOH

[Ind. Eng. Chem. Res. 20190814014218, 2019, 31−14037]
Influences of Acid Post-Treatment on High Silica SSZ-13 Zeolite Membrane
(Zhu, Meihua; Liang, Li; Wang, Heli; Liu, Yongsheng; Wu, Ting; Zhang, Fei; Li, Yuqin; Kumakiri, Izumi; Chen, Xiangshu; Kita, Hidetoshi)
Tag: ZL