[読みたい論文] 2種類のカルボン酸エステル「類」から非対称ケトンを合成します

Viewed: 14:44:56 in December 16, 2019

Posted: August 30, 2019
[有機化学] [ブログ]

Ketones from Nickel−Catalyzed Decarboxylative, Non−Symmetric Cross−Electrophile Coupling of Carboxylic Acid Esters (Wang, Jiang; Cary, Brian P.; Beyer, Peyton D.; Gellman, Samuel H.; Weix, Daniel J.)
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (35), 12081−12085.

Keywords: Ni; Zn; cross-coupling; PFTE; DMA


論文のタイトルの"Carboxylic Acid Esters"はちょっとどうなんと思ったりはするのですがそれはさておき、そういったものから非対称ケトンをクロスカップリングの手法で合成したというのがこの論文の主旨のようです。官能基への優しさもセールスポイントでしょうか。ニッケル触媒下で進行し、ニッケルの再還元に亜鉛を使っています。DMAは亜鉛からニッケルへの電子移動を促進するためのものかとは思いますが、触媒サイクルの速度向上にも効いてるかも。

Supporting Informationを見てお?と思ったのは基質のバリエーション。複雑な構造を持つものが多く、これらの組み合わせから生成する非対称ケトンにどんな機能を期待しているのか興味が湧きました。ペプチドのフリーのカルボキシル基のところをケトンに持って行ってるのもほほうと思ったり。そして謎のコスト計算。いちいち出す必要があるのかと疑問ですが、意識しているアピールとしてはまあ、いいんじゃないかと。

それとへぇと思ったのが、上の反応スキームの基質ではなく、フリーのカルボン酸から導いた基質の反応混合物を一旦精製することなく反応に使用できること。溶媒の留去は必要なようですが、煩雑な操作を省略できるのはいい点の一つですね。

反応機構と配位子のチョイスがとても気になりますので、読みたい論文に追加です。

ところでこの基質で何がしたかったのだろう…。


あと間違い探し。


この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1975年はこんな年

人名反応など
Sonogashiraカップリング [Doi 1]
Appel反応 [Doi 1]
Shapiro反応 [Doi 1]
Dötz反応 [Doi 1]
Grieco脱離 [Doi 1]
Barton−McCombie反応 [Doi 1]
ノーベル化学賞
有機反応の立体化学的研究
(John Warcup Cornforth; Vladimir Prelog)
できごと
「まんが日本昔ばなし」放送開始
「ペヤングソースやきそば」発売(まるか食品)
集団就職列車の運行が終了
マイクロソフト設立
「秘密戦隊ゴレンジャー」放送開始
「パネルクイズ アタック25」放送開始
ダイエーローソン(ローソン)設立
「サワデー」発売(小林製薬)
家庭用ビデオテープレコーダ1号機「SL-6300」を発売(ソニー)
「ジョージア」発売(日本コカ・コーラ)
私立学校振興助成法が公布
沖縄国際海洋博覧会
「Campus」発売(コクヨ)
「トラック野郎・御意見無用」公開
「プッシュ式公衆電話機」発売(日本電信電話公社=NTT)
日本初の家庭用テレビゲーム機「テレビテニス」発売(エポック社)
エニックス(スクウェア・エニックス)設立
「きのこの山」発売(明治製菓)
「タイムボカン」放送開始(フジテレビ)
広島東洋カープが球団創設以来26年目で初優勝
「日刊ゲンダイ」創刊
ジョイフル本田設立

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

両国で食った鶴竜弁当。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] 光照射で反応を変えるAu−Coナノ粒子触媒
タイトルでネタバレ。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (35), 12032−12036.

[読みたい論文] P(=O)N基を含むπ共役系の合成と光物性
溶けにくそうだなぁ。
Org. Lett. 2019, 21 (16), 6427−6431.

[読みたい論文] C−Hボリル化: 先住民と移住民
先住民は追い出されたわけではなかったが同化した。
Org. Lett. 2019, 21 (16), 6235−6240.

[読みたい論文] アリル鉛化合物: πかメタラサイクルかそれともσか?
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.

[読みたい論文] マンガン触媒でカルバミン酸類とか水素還元します。
たぶん配位子のあの部分が重要。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (33), 12962−12966.

[読みたい論文] アリールアレンからインデン骨格を作ります。
ホウ素アタックが鍵です。
Chem. Commun. 2019, 55 (68), 10166−10169.

[読みたい論文] なんでそっちのC−H結合が活性化されるん?
2価パラジウムを使った反応です。
Chem. Commun. 2019, 55 (67), 9983−9986.

[読みたい論文] スズ−スズ三重結合が一気に切れたり繋がったりします。
切れた後のスズの多重度は?
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (32), 12527−12530.

[読みたい論文] 温和な条件下で進行するレゾルシノール類のKolbe−Schmitt反応
触媒反応ならなお良かった。
Chem. Commun. 2019, 55 (66), 9837−9840.

[読みたい論文] Pd触媒下でのα炭素上ニトロ基があるアリリックエステルの脱炭酸を伴う炭素−炭素結合形成反応でしかもエナンチオ選択的。
御大の名前入り論文。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (34), 11820−11825.

 

注目のWebコンテンツ

スカンクの尻尾に
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その1
(Chem-Station)
https://www.chem-station.com/b...

アムジェン、セルジーンの乾癬治療薬を買収
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/08/po...

トウガラシの辛味レベルを変化させる遺伝子変異を発見 −激辛・中辛・辛くないを作り分ける−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
田中義行農学研究科准教授は、岡山大学、城西大学と共同で、トウガラシの辛味レベルを変化させる遺伝子変異を同定しました。…

音楽印象分析・音楽推薦を駆使して楽曲と出会える音楽発掘サービス「Kiite」を公開 〜視聴者の音楽への関心と音楽情報処理技術の力を結びつけて好みの楽曲を見つけ出せる〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社【代表取締役伊藤博之】(以下「クリプトン」という)音声チーム佐々木渉マネージャー、佐藤浩輔テクニカルスタッフらと、国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長中鉢良治】(以下「産総研」という)情報技術研究部門【研究部門長田中良夫】後藤真孝首席研究員、メディアインタラクション研究グループ濱崎雅弘研究グループ長、佃洸摂研究員、石田啓介テクニカルスタッフらは共同で、音楽印象分析技術や音楽推薦技術を用いることで膨大な楽曲の中から視聴者が興味のある楽曲を見つけることができる音楽発掘サービス「Kiite(キイテ)」(https://kiite.jp)を開発した。…

英ジョンソン政権、異例の議会封じ
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/08/po...

音楽印象分析・音楽推薦を駆使して楽曲と出会える音楽発掘サービス「Kiite」を公開 −視聴者の音楽への関心と音楽情報処理技術の力を結びつけて好みの楽曲を見つけ出せる−
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...
クリプトン・フューチャー・メディア株式会社【代表取締役伊藤博之】(以下「クリプトン」という)音声チーム佐々木渉マネージャー、佐藤浩輔テクニカルスタッフらと、国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長中鉢良治】(以下「産総研」という)情報技術研究部門【研究部門長田中良夫】後藤真孝首席研究員、メディアインタラクション研究グループ濱崎雅弘研究グループ長、佃洸摂研究員、石田啓介テクニカルスタッフらは共同で、音楽印象分析技術や音楽推薦技術を用いることで膨大な楽曲の中から視聴者が興味のある楽曲を見つけることができる音楽発掘サービス「Kiite(キイテ)」(https://kiite.jp)を開発した。…

潮の満ち引きが瀬戸内海を通過する流れを抑制することを解明 〜東西どちらに流れているかも決着か〜
(東京大学)
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp...
国立研究開発法人海洋研究開発機構地球環境部門環境変動予測研究センター基盤的気候モデル開発応用グループの黒木聖夫特任技術研究員及び国立大学法人東京大学大気海洋研究所の羽角博康教授は、瀬戸内海を水平約500m格子で覆う海洋シミュレーションを用いて、潮汐が瀬戸内海を通過する流れ(以下「通過流」という。…

旋律を整えた赤外光で分子反応を操作
(東京大学)
https://www.iis.u-tokyo.ac.jp/...
東京大学生産技術研究所の芦原聡准教授、森近一貴博士課程大学院生、櫻井敦教特別研究員(研究当時、現:分子科学研究所助教)、石井和之教授、村田慧助教らのグループは、"波の形(音楽でいう旋律)"を適切に整えた赤外光を用いることにより、分子振動を強く揺さぶり、化学結合が切断される解離反応を誘起することに成功した。…

細胞内の複数のマイクロRNAを同時に検知して細胞を生きたまま精密に分けることに成功
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
齊藤博英iPS細胞研究所教授、遠藤慧東京大学助教らの研究グループは、人工RNAを細胞に導入することで、生きた細胞内の複数のマイクロRNA(miRNA)を検知して、細胞の種類に応じて精密に分画することに成功しました。…

 

注目の論文

不斉合成  
[J. Am. Chem. Soc. 20190829064529, 2019, 34−13341]
Asymmetric Synthesis and Stereochemical Assignment of 12C/13C Isotopomers
(Miura, Tomoya; Nakamuro, Takayuki; Nagata, Yuuya; Moriyama, Daisuke; Stewart, Scott G.; Murakami, Masahiro)
Tag: VCD, For, as, HC, AC, AS, CD

自己集合 ポリオキソ金属酸  
[J. Am. Chem. Soc. 20190829064741, 2019, 34−13479]
Anisotropic Polyoxometalate Cages Assembled via Layers of Heteroanion Templates
(Zheng, Qi; Kupper, Manuel; Xuan, Weimin; Oki, Hirofumi; Tsunashima, Ryo; Long, De-Liang; Cronin, Leroy)
Tag: AR, MV, am, POM, SA, e-

[J. Am. Chem. Soc. 20190829064827, 2019, 34−13536]
Disilene–Silylene Interconversion: A Synthetically Accessible Acyclic Bis(silyl)silylene
(Reiter, Dominik; Holzner, Richard; Porzelt, Amelie; Altmann, Philipp J.; Frisch, Philipp; Inoue, Shigeyoshi)
Tag: TMC, TM, OA, Cat

[J. Nat. Prod. 20190829065743, 2019, 8−2116]
High-Resolution Liquid Chromatography–Mass Spectrometry-Based Metabolomic Discrimination of Citrus-Type Crude Drugs and Comparison with Nuclear Magnetic Resonance Spectroscopy-Based Metabolomics
(Tsujimoto, Takashi; Yoshitomi, Taichi; Maruyama, Takuro; Yamamoto, Yutaka; Hakamatsuka, Takashi; Uchiyama, Nahoko)
Tag: MR, Cou, MRS, NMR

[J. Nat. Prod. 2019082906588, 2019, 8−2144]
Sarpeptins A and B, Lipopeptides Produced by Streptomyces sp. KO-7888 Overexpressing a Specific SARP Regulator
(Koomsiri, Wilaiwan; Inahashi, Yuki; Leetanasaksakul, Kantinan; Shiomi, Kazuro; Takahashi, Yo?ko; O?mura, Satoshi; Samborskyy, Markiyan; Leadlay, Peter F.; Wattana-Amorn, Pakorn; Thamchaipenet, Arinthip; Nakashima, Takuji)
Tag: NRPS, NRP, ESI-MS, WT, ESI, HRESIMS, SARP, BGC, MS

[J. Nat. Prod. 20190829065941, 2019, 8−2238]
Isolation, Structural Elucidation, Optical Resolution, and Antineuroinflammatory Activity of Phenanthrene and 9,10-Dihydrophenanthrene Derivatives from Bletilla striata
(Zhou, Di; Chen, Gang; Ma, Yue-Ping; Wang, Cun-Gang; Lin, Bin; Yang, Yan-Qiu; Li, Wei; Koike, Kazuo; Hou, Yue; Li, Ning)
Tag: PhA, LPS, NO, AC

[J. Nat. Prod. 20190829070029, 2019, 8−2299]
Efficient Protocol for Accurately Calculating 13C Chemical Shifts of Conformationally Flexible Natural Products: Scope, Assessment, and Limitations
(Hehre, Warren; Klunzinger, Phillip; Deppmeier, Bernard; Driessen, Andy; Uchida, Noritaka; Hashimoto, Masaru; Fukushi, Eri; Takata, Yusuke)
Tag: MM, CS

[J. Chem. Inf. Model. 20190829070328, 2019, 8−3533]
How Does the Recently Discovered Peptide MIP Exhibit Much Higher Binding Affinity than an Anticancer Protein p53 for an Oncoprotein MDM2?
(Yamada, Tatsuya; Hayashi, Tomohiko; Hikiri, Simon; Kobayashi, Naohiro; Yanagawa, Hiroshi; Ikeguchi, Mitsunori; Katahira, Masato; Nagata, Takashi; Kinoshita, Masahiro)
Tag: BFE

[Tetrahedron Lett. 20190829070516, 2019, 37−150938]
Nondissociative chain walking as a strategy in catalytic organic synthesis
(Kochi, Takuya; Kanno, Shota; Kakiuchi, Fumitoshi)
Tag: CW, Alk, Cat

[Tetrahedron Lett. 2019082907067, 2019, 37−150924]
Recent advances of achiral and chiral diene ligands in transition-metal catalyses
(Hirano, Masafumi; Komine, Nobuyuki; Arata, Eri; Gridneva, Tatiana; Hatori, Atsuya; Kaizawa, Naoki; Kamakura, Kohei; Kuramochi, Ayumi; Kurita, Shinnosuke; Machida, Shuhei; Okada, Harumi; Sawasaki, Asami; Uchino, Takumi)
Tag: TMC, TM, KR, BA

[Tetrahedron 20190829070645, 2019, 37−130512]
Synthesis, fluorescence properties, and conformational analysis of ether-linked (1,8)pyrenophanes
(Maeda, Hajime; Geshi, Makoto; Hirose, Kenji; Furuyama, Taniyuki; Segi, Masahito)
Tag: ClO4, FL, OEG, em, IEE, M

[Tetrahedron 20190829070714, 2019, 37−130511]
Sucupiranins M–Q, five new furanocassane-type diterpenoids from the seeds of Bowdichia virgilioides
(Endo, Yuta; Kasahara, Taku; Asakura, Kenta; Mori, Ayana; Funasaki, Mariko; Akisue, Gokithi; Etoh, Tadahiro; Harada, Kenichi; Fukuyama, Yoshiyasu; Matsuzaki, Keiichi; Ishibashi, Masami; Ohsaki, Ayumi)

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190829071431, 2019, 35−11998]
Catalytic Enantioselective Synthesis of Allylic Boronates Bearing a Trisubstituted Alkenyl Fluoride and Related Derivatives
(Akiyama, Sota; Kubota, Koji; Mikus, Malte S.; Romiti, Filippo; Liu, Qinghe; Zhou, Yuebiao; Hoveyda, Amir H.; Ito, Hajime)
Tag: Al, NH2, Cat

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019082907177, 2019, 35−12107]
Stepwise Reduction of Azapentabenzocorannulene
(Zhou, Zheng; Wei, Zheng; Tokimaru, Yuki; Ito, Shingo; Nozaki, Kyoko; Petrukhina, Marina A.)
Tag: 5821-51-2, e-

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190829071840, 2019, 35−12159]
Total Synthesis of 1‐Hydroxytaxinine
(Imamura, Yusuke; Yoshioka, Shun; Nagatomo, Masanori; Inoue, Masayuki)
Tag: R, Ti

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190829071857, 2019, 35−12170]
Retarded Solid‐State Rotations of an Oval‐Shaped Guest in a Deformed Cylinder with CH?Ï? Arrays
(Matsuno, Taisuke; Fukunaga, Kengo; Sato, Sota; Isobe, Hiroyuki)
Tag: HC

[Chem. Commun. 2019082907274, 2019, 69−10245]
Highly sensitive and selective mercury sensor based on mismatched base pairing with dioxT
(Han, Ji Hoon; Hirashima, Shingo; Park, Soyoung; Sugiyama, Hiroshi)
Tag: Hg

[Chem. Commun. 20190829072756, 2019, 69−10269]
Photo-responsive dimension-controlled ion-pairing assemblies based on anion complexes of Ï?-electronic systems
(Yamakado, Ryohei; Haketa, Yohei; Hara, Mitsuo; Nagano, Shusaku; Seki, Takahiro; Maeda, Hiromitsu)
Tag: AZB, AB, AZO, e-