[読みたい論文] 二酸化炭素をC1源にしてフッ化カルバモイルを合成します

Viewed: 03:36:41 in December 11, 2019

Posted: September 10, 2019
[有機化学] [ブログ]

Direct Synthesis of Carbamoyl Fluorides by CO2 Deoxyfluorination (Onida, Killian; Tlili, Anis)
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (36), 12545−12548.

Keywords: CO2; DAST; ACN; DMAP


二酸化炭素をC1源とするフッ化カルバモイルの合成に関する論文のようです。二酸化炭素を常圧で反応させることができ、反応温度は室温。ここだけ見ればすごくいい反応なのですが、DASTですか。でもまあ、生成するのがフッ化カルバモイルなので精密合成のための反応剤が生成するのだからよしとして…いいのかな。

Supporting Informationのはじめのあたりに記述してありますが、フッ化カルバモイル、2種類の幾何異性体があるのですね。NMRスペクトルからはそれぞれの異性体由来のシグナルが観測されています。もちろん積分比は異なります。基質から生成物の構造は推定できるのでしょうが、スペクトルからの構造解析は苦労しそうだなと思いました。ちなみにフッ化カルバモイルの単離はカラムクロマトグラフィでやってます。反応後に水を加えてエーテル抽出して飽和食塩水で洗浄とか、結構丈夫なんですね。


反応機構、全くもってわかりません。本文中で議論していると思いますので、読みたい論文に追加したいと思います。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1982年はこんな年

人名反応など
Lettsニトリル合成 [Doi 1]
ノーベル化学賞
電子線結晶学の開発と核酸・タンパク質複合体の立体構造の研究
(Aaron Klug)
できごと
Organometallics創刊
フォークランド紛争勃発
トヨタ自動車発足(トヨタ自動車工業とトヨタ自動車販売の合併)
フィリップスが世界初のCDを製造
ソニーが世界初のCDプレーヤー「CDP-101」発売
ホテルニュージャパン火災
「おっとっと」発売(森永製菓)
「コボちゃん」連載開始(読売新聞)
中森明菜デビュー
IBM産業スパイ事件
ゼンショー設立
長崎大水害
ワークマン設立
「PC-9801」発売(NEC)
「マーチ」発売(日産自動車)
中央自動車道が全線開通
上越新幹線大宮駅-新潟駅間開業
広島エフエム放送(HFM)開局
テレホンカード発売
日本航空350便墜落事故(逆噴射)
「待つわ」リリース(あみん)
「熱血あばれはっちゃく」放映(テレビ朝日系)
「笑っていいとも!」放送開始(フジテレビ系)
「タモリ倶楽部」放送開始(テレビ朝日系)
「宇宙刑事ギャバン」放映(テレビ朝日系)
「パタリロ!」放映開始(フジテレビ系)
「超時空要塞マクロス」放映開始(TBS系)

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

朝青龍こと黒1号も庭の外が気になるらしい。

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] 3成分カップリング: ルイス塩基触媒下でのアルケンのスルフェノアセタール化
Prof. S. E. Denmark二連チャン。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (36), 12486−12490.

[読みたい論文] 3成分カップリング: ルイス塩基触媒下でのアルケンの不斉スルフェノアミノ化
セレンなのが気になります。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (35), 13767−13771.

[読みたい論文] Ni/Cu触媒下でのフッ化アロイル化合物からのアリールシラン合成
片割れの行方が気になる反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (71), 10507−10510.

[読みたい論文] ベンゼンスルホン酸アミドのオルト位に直鎖アルキル基を導入します
直鎖というのが大事な気がする。
Chem. Commun. 2019, 55 (71), 10503−10506.

[読みたい論文] 電子の足りないリンが移動して3員環構造ができます
カルベンとかの教科書反応とは違う様式。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (34), 13336−13340.

[読みたい論文] スルホニウム塩で形式的芳香族求核置換反応
2つの異なる促進方法に共通点はあるのか?
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (34), 13346−13351.

[読みたい論文] 2種類のカルボン酸エステル「類」から非対称ケトンを合成します
でかいものにも試しています。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (35), 12081−12085.

[読みたい論文] 光照射で反応を変えるAu−Coナノ粒子触媒
タイトルでネタバレ。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (35), 12032−12036.

[読みたい論文] P(=O)N基を含むπ共役系の合成と光物性
溶けにくそうだなぁ。
Org. Lett. 2019, 21 (16), 6427−6431.

[読みたい論文] C−Hボリル化: 先住民と移住民
先住民は追い出されたわけではなかったが同化した。
Org. Lett. 2019, 21 (16), 6235−6240.

 

注目のWebコンテンツ

米司法省、カリフォルニア州との環境自主基準巡り ホンダなど4社を調査 
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/-4...

イリジウム(Ir)〜メートル原器とキログラム原器に使われた金属
(高純度化学研究所)
https://www.kojundo.blog/histo...

蛍光共鳴エネルギー移動に基づく二光子励起光遺伝学操作法を開発 −生体内で個々の細胞の情報伝達を光でコントロールする−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
寺井健太生命科学研究科准教授、松田道行同教授、金城智章医学研究科博士課程学生らの研究グループは、二光子励起で効率よく活性化できる蛍光タンパク質からの蛍光共鳴エネルギー移動を利用して、植物が光を感じ取るための光応答性分子であるCRY2を二光子励起で活性化する技術を開発しました。…

住友化学 LCPコンパウンド アルミ並み剛性・衝撃強度
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

電気トラック交換式電池、再生エネ調整にも利用 環境省が来年度開始
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/space...

東洋インキSC、環境調和材事業を拡大 バイオマス使用率高める
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/space...

比較ゲノム解析が明らかにする菌類の起源 〜菌糸と多細胞性はどのように生まれた?〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/info/...
JST戦略的創造研究推進事業において、筑波大学生命環境系微生物サステイナビリティ研究センター(MiCS)の竹下典男准教授らの研究グループは、ゲノムデータを使用した大規模な比較ゲノム解析の結果に基づき、菌類の菌糸と多細胞性の起源の一端を解明しました。…

東北大発スタートアップ「ファイトケム・プロダクツ(株)」 米ぬか由来の未利用油からスーパービタミンEなどを製品化 世界発「イオン交換樹脂法」により地域の雇用や産業の創出を目指す
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
東北大学大学院工学研究科北川尚美教授は、本学で開発してきたイオン交換樹脂(注1)を用いたフロー型の反応分離システム(イオン交換樹脂法)の社会実装を目的とし、本学が実施する研究成果事業化支援「BIP(ビジネス・インキュベーション・プログラム)」のフェーズ1を経て、所属研究室の卒業生や関係者の有志と共に、2018年6月に大学発スタートアップ「ファイトケム・プロダクツ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:加藤牧子)」を設立しました。…

PC引越し Day 2
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/3077...

ダム水面の太陽光パネルが数十枚燃える
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/po...

東北大学・国際航業・エイツー・NEC共同開発の「リアルタイム津波浸水・被害推計システム」が高知県の防災訓練に活用
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
国立大学法人東北大学(注1、以下東北大学)、東北大学ベンチャーパートナーズ株式会社(注2、以下東北大学ベンチャーパートナーズ)、国際航業株式会社(注3、以下国際航業)、株式会社エイツー(注4、以下エイツー)、日本電気株式会社(注5、以下NEC)は、2018年5月に共同で株式会社RTi-cast(アールティアイキャスト、以下RTi-cast)を設立し(注6)、リアルタイムに津波の浸水状況と建屋等の被害推計を行う「リアルタイム津波浸水・被害推計システム」を提供しています。…

吸収した光子を2倍の励起子へ変換:金ナノクラスター表面上の有機単分子膜で高効率エネルギー変換に成功
(神戸大学)
http://www.kobe-u.ac.jp/resear...
慶應義塾大学理工学部の羽曾部卓准教授、酒井隼人専任講師、大学院理工学研究科の三枝稔幸(2019年修士課程修了)と、神戸大学分子フォトサイエンス研究センターの小堀康博教授、長嶋宏樹博士研究員らの研究グループは、独自に開発したテトラセンアルカンチオール修飾金ナノクラスターに光を照射すると、テトラセン分子に吸収された光子数に対して2倍の励起子へ変換でき、この生成した励起子は従来の金表面上の有機分子と比べて10,000倍程度の長い寿命があることを明らかにしました。…

東京大学、IBMと提携して量子コンピューティングの研究・教育を促進
(東京大学)
https://www.t.u-tokyo.ac.jp/fo...
日本アイ・ビー・エム株式会社(以下、日本IBM)と国立大学法人東京大学(以下、東京大学)は、本年6月にIBM(NYSE:IBM)と東京大学の間でアカデミック・パートナーシップを締結したことを発表します。…

超微小量センシングデバイスの信頼性評価技術の開発に着手 ―デバイスの信頼性向上を促進し、早期の社会実装を目指す―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/pr...
NEDOは、Society5.0の実現を目指して、生活習慣病の予兆検知やウイルス感染の拡大防止、防災・減災による安全・安心な街づくりに貢献する超微小量センシングデバイスの開発に取り組んでおり、今般、これらデバイスの信頼性評価技術の開発に着手しました。…

パーキンソン病の病原性蛋白質のユビキチン化と凝集体形成を抑制している蛋白質を同定
(新潟大学)
https://www.niigata-u.ac.jp/ne...
パーキンソン病は,黒質,線条体などのドーパミン神経細胞の変性と脱落を主体とする進行性の神経変性疾患です。…

附属病院が両立支援のモデル事業に採択! がん患者さんの仕事と治療の両立を支援
(横浜市立大学)
https://www.yokohama-cu.ac.jp/...
横浜市立大学附属病院は、厚生労働省による「令和元年度がん患者及び脳卒中患者の仕事と治療の両立支援モデル事業」に採択されました。…

常温常圧での窒素分子切断を達成 〜接続可能な社会の実現につなげる窒素切断反応を発見〜
(名古屋工業大学)
https://www.nitech.ac.jp/news/...
現在、肥料や様々な化成品などの原料に用いられるアンモニア(用語1)は、工業的にはハーバー・ボッシュ法と呼ばれる手法により、窒素と化石燃料を使って水素を発生させ、高温高圧条件下で生産されている。…

吸収した光子を2倍の励起子へ変換:金ナノクラスター表面上の 有機単分子膜で高効率エネルギー変換に成功 −太陽光エネルギー変換・物質変換・医療への応用に期待−
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...
慶應義塾大学理工学部の羽曾部卓准教授、酒井隼人専任講師、大学院理工学研究科の三枝稔幸(2019年修士課程修了)と、神戸大学分子フォトサイエンス研究センターの小堀康博教授、長嶋宏樹博士研究員らの研究グループは、独自に開発したテトラセンアルカンチオール修飾金ナノクラスターに光を照射すると、テトラセン分子に吸収された光子数に対して2倍の励起子へ変換でき、この生成した励起子は従来の金表面上の有機分子と比べて10,000倍程度の長い寿命があることを明らかにしました。…

英でEU離脱延期法が成立、二度目の解散動議も否決
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/eu...

 

注目の論文

[ACS Catal. 20190909114625, 2019, 9−7967]
Sublimation-Induced Sulfur Vacancies in MoS2 Catalyst for One-Pot Synthesis of Secondary Amines
(Zhang, Yunrui; Gao, Yongjun; Yao, Siyu; Li, Siwei; Asakura, Hiroyuki; Teramura, Kentaro; Wang, Haijun; Ma, Ding)
Tag: RA, sublm, S, NH2, OTS, C

[ACS Catal. 20190909114757, 2019, 9−8178]
Highly Active Chiral Dilithium(I) Binaphthyldisulfonate Catalysts for Enantio- and Chemoselective Strecker-Type Reactions
(Hatano, Manabu; Nishio, Kosuke; Mochizuki, Takuya; Nishikawa, Keisuke; Ishihara, Kazuaki)
Tag: LA, Naph, Nap, Np, C, Cat

ナノ粒子  
[ACS Catal. 20190909114758, 2019, 9−8187]
Heterogeneous Pt and MoOx Co-Loaded TiO2 Catalysts for Low-Temperature CO2 Hydrogenation To Form CH3OH
(Toyao, Takashi; Kayamori, Shingo; Maeno, Zen; Shimizu, Ken-ichi)
Tag: ABS, NP, CH3OH, C

CO酸化  
[ACS Catal. 20190909115024, 2019, 9−8364]
CO Oxidation over Au/ZnO: Unprecedented Change of the Reaction Mechanism at Low Temperature Caused by a Different O2 Activation Process
(Fujita, Takashi; Ishida, Tamao; Shibamoto, Kohei; Honma, Tetsuo; Ohashi, Hironori; Murayama, Toru; Haruta, Masatake)
Tag: R, EPR, ESR, O, OV, Ovac, COO, e-, C, Ea, Cat

ナノ粒子  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 20190909120450, 2019, 35−32084]
Coating of Pt-Loaded Mesoporous Silica Layers on Ceramics Scaffolds for Practical Preservation System for Greengrocery
(Na, Jongbeom; Zheng, Dehua; Kim, Jeonghun; Jikihara, Yohei; Nakayama, Tsuruo; Ko, Youngsang; You, Jungmok; Yamauchi, Yusuke; Lin, Jianjian)
Tag: MS, NP, GF, C2H4, C

[ACS Appl. Mater. Interfaces 20190909121033, 2019, 35−32381]
Durable and Flexible Superhydrophobic Materials: Abrasion/Scratching/Slicing/Droplet Impacting/Bending/Twisting-Tolerant Composite with Porcupinefish-Like Structure
(Yamauchi, Yoshihiro; Tenjimbayashi, Mizuki; Samitsu, Sadaki; Naito, Masanobu)
Tag: E, PDMS

[ACS Appl. Mater. Interfaces 20190909121336, 2019, 35−32523]
Effects of Ni and Cu Antisite Substitution on the Phase Stability of CuGa2 from Liquid Ga/Cu–Ni Interfacial Reaction
(Liu, Shiqian; Yang, Wenhui; Kawami, Youichirou; Gu, Qinfen; Matsumura, Syo; Qu, Dongdong; McDonald, Stuart; Nogita, Kazuhiro)
Tag: Mat, Solt, EL

[Chem. Eur. J. 20190909121650, 2019, 49−11512]
Solid–Gas Phase Synthesis of Coordination Networks by Using Redox‐Active Ligands and Elucidation of Their Oxidation Reaction
(Den, Taizen; Usov, Pavel M.; Kim, Jaejun; Hashizume, Daisuke; Ohtsu, Hiroyoshi; Kawano, Masaki)
Tag: CV, CV

[Chem. Eur. J. 20190909121720, 2019, 49−11538]
Crystallographic and Theoretical Investigations of Er2@C2?n (2?n=82, 84, 86): Indication of Distance‐Dependent Metal–Metal Bonding Nature
(Hu, Shuaifeng; Shen, Wangqiang; Yang, Le; Duan, Guangxiong; Jin, Peng; Xie, Yunpeng; Akasaka, Takeshi; Lu, Xing)
Tag: DFT

[J. Polymer Sci. B 20190909121937, 2019, 16−1033]
Effects of graded porous structure on local strain distribution under compression in silicone rubber
(Yoshimura, Keijiro; Nakano, Kazunori; Nishiwaki, Takeshi; Iwama, Yuki; Murata, Masanobu)

[J. Polymer Sci. A 20190909122034, 2019, 16−1723]
Radical Ring‐Opening Polymerization Behavior of 1,1‐Dicyano?2‐Vinylcyclopropane and Its Copolymerization with 1‐Cyano?1‐Ester?2‐Vinylcyclopropane
(Okamoto, Shusuke; Sudo, Atsushi; Endo, Takeshi)
Tag: Tg, R, BN

[J. Polymer Sci. A 20190909122124, 2019, 16−1756]
Synthesis of methyl‐substituted azobenzene–carbazole conjugated copolymers with photoinduced structural changes
(Otaki, Masashi; Kumai, Reiji; Goto, Hiromasa)
Tag: GI, PSC, Me

[Eur. J. Org. Chem. 20190909123028, 2019, 31-32−5486]
2‐Sulfonylpyrimidines Target the Kinesin HSET via Cysteine Alkylation
(FÃrster, Tim; Shang, Erchang; Shimizu, Kenshiro; Sanada, Emiko; SchÃlermann, Beate; Huebecker, Mylene; Hahne, Gernot; LÃpez‐Alberca, Maria Pascual; Janning, Petra; Watanabe, Nobumoto; Sievers, Sonja; Giordanetto, Fabrizio; Shimizu, Takeshi; Ziegler, Slava; Osada, Hiroyuki; Waldmann, Herbert)
Tag: OS, MTP, Cys, C