[読みたい論文] さっくり合成できるテトラシラシクロブタンジカチオン

Viewed: 08:42:46 in December 9, 2019

Posted: September 27, 2019
[有機化学] [ブログ]

A Stable Aromatic Tetrasilacyclobutadiene Dication (Sun, Xiaofei; Simler, Thomas; Yadav, Ravi; Kテカppe, Ralf; Roesky, Peter W.)
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (38), 14987−14990.

Keywords: Si


構造式、論文のオリジナルなものとは異なる表現で描いています。

4員環を構成する全ての原子がケイ素である、テトラシラシクロブタンジカチオンの合成とその構造や物性に関する論文のようです。合成はいたって単純。得られた結晶もGraphical Abstractにもありますが、綺麗です。

出発のクロロシリレン化合物のクロロ基がNaBPh4で剥がされるところ、これがテトラシラシクロブタンジカチオン生成の鍵のようですが、反応機構がどうなっているのかがとても気になります。どれとどれのケイ素原子間で結合ができるのか(又は切断されるのか=交差実験)、ですね。それと論文では4員環のところがカチオンであるとありますが、その根拠が本文中に書かれているのかも知りたいところです。カチオンになりそうな部分が他にもあちこちにありそうですからね。そもそもそういう部分がないと出発のシリレンが安定に存在し得ないのではと。そもそもあれはシリレンなのかとも。

Supporting Informationを見る限り、電子構造の根拠にしているのは29Si NMRとIRとラマンスペクトル、X線結晶解析から得られたSi−Si間距離でしょうか。これらのデータを基に本文中でしっかり議論されていると思いますので、読みたい論文に追加です。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

1993年はこんな年

人名反応など
Bingel反応 [Doi 1]
Keck不斉アリル化 [Doi 1]
Murai反応 [Doi 1]
Petasis反応 [Doi 1]
ノーベル化学賞
DNA化学での手法開発への貢献
(Kary Banks Mullis, Michael Smith)
できごと
欧州経済共同体に加盟する12か国による単一市場が設置される
世界貿易センター爆破事件が発生
矢ガモ
森田童子「ぼくたちの失敗」
NHKスペシャルでやらせ
登半島沖地震(M6.6)
新幹線「のぞみ」が山陽新幹線で運行開始
一般国道450号-507号が昇格
福岡ドームが完成
「ペット百科」放送開始(フジテレビ)
「忍たま乱太郎」放送開始(NHK)
「道の駅」制度正式開始
「ひとつ屋根の下」放送開始(フジテレビ)
マイクロソフトがWindows 3.1日本語版を発売
定期預金金利の完全自由化開始
北海道南西沖地震(M7.8)
ららぽーとスキードームSSAWSが開業
ナタ・デ・ココブーム
野原しんのすけ 「オラはにんきもの」
九州南部で記録的な集中豪雨
「ワゴンR」発売(スズキ)
東京国際空港(羽田空港)の新ターミナルビルが供用開始
「料理の鉄人」放送開始(フジテレビ)
環境基本法が成立
「ひらけ!ポンキッキ」放送21年目で「ポンキッキーズ」に大リニューアル
日本政府は各国からの米輸入を決定
日本での初の世界遺産登録
小学生男子を中心にハーフパンツが定着
女子高生を中心にルーズソックスが現れる
ミサンガ
広瀬香美「ロマンスの神様」
ビーイングブーム
「しましまとらのしまじろう」放映開始

 

きょうのどうぶつ

ここの画像を使用しています。

カメラの前に居座るサバトラ。

 

計算終わりました

 

あわせてどうぞ

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

読みたい論文シリーズ− 2019年3Q
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年7〜9月)。

 

[読みたい論文] 塊魂的なアルキルピリジンの不斉アルキル化反応
有機リチウムの会合が反応の鍵。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (38), 15024−15028.

[読みたい論文] ホウ素触媒下でのカルボン酸のα-アミノ化
フリーのカルボン酸とDIADから。
Org. Lett. 2019, 21 (18), 7466−7469.

[読みたい論文] 色々選択的な酸化的アニリン−アニリンクロスカップリング
アルミナ担持パラジウム触媒下で進行します。
Org. Lett. 2019, 21 (18), 7279−7283.

[読みたい論文] なぜかラジカル反応で進行するアミド交換反応
KOtBuが絡むと色々ややこしい。
Org. Lett. 2019, 21 (17), 6690−6694.

[読みたい論文] N-ヘテロ環カルベン銅触媒下、Markovnikov付加で進行する不飽和炭化水素のヒドロホウ素化
無溶媒でもいけます。
Organometallics 2019, 38 (17), 3322−3326.

[読みたい論文] カルシウムカーバイドからメカノケミカルな手法でクムレンを合成します。
ぐりんぐりんやります。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (37), 12945−1294.

[読みたい論文] 官能基耐性の優れた有機金属試薬を探求すること数十年
おなじみProf. Knochelのお仕事です。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (37), 12898−12902.

[読みたい論文] 脱離基を工夫してイノラートを簡便に作れるようにします
これLDAでもいけるんじゃ?。
Org. Lett. 2019, 21 (17), 6585−6588.

[読みたい論文] Tsuji-Trost型反応でリン原子を不斉中心にします
速度論的光学分割ではなさそう。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (36), 14098−14103.

[読みたい論文] アリルスズのラジカル反応でエナミドを合成します
正直ラジカル反応は苦手です。
Org. Lett. 2019, 21 (17), 6589−6592.

 

注目のWebコンテンツ

米政権、加州の排ガス規制阻止へ
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/po...

放射性
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

ネアンデルタール人絶滅の謎の解明に手がかり -ヨーロッパ最初のホモ・サピエンスの投射技術の解明-
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
イタリアと日本の国際研究チームは、イタリア南部のカヴァロ洞窟から出土した現生人類の三日月形石器を分析し、この石器が投槍器あるいは弓を使って投射された証拠を発見しました…

東北沖地震後の地盤隆起の原因を解明 地震を起こした断層深部でのゆっくりとしたすべりが隆起を支配
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...
沈み込み帯などで起こる巨大地震のあとには、余効変動と呼ばれる大きな地殻変動が現れることが知られています…

東北沖地震後の地盤隆起の原因を解明 地震を起こした断層深部でのゆっくりとしたすべりが隆起を支配
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
沈み込み帯などで起こる巨大地震のあとには、余効変動と呼ばれる大きな地殻変動が現れることが知られています…

令和2年度「高等教育の修学支援新制度」の対象機関として認定されました
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...
「大学等における修学の支援に関する法律」が成立し、令和2年4月1日(予定)から施行されることとなりました…

三菱化工機 ろ過装置 機能性材料開発に提案強化
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

ポリエチレン アジアで弱含み
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

日米貿易交渉が最終合意 「聖域」死守、限定的開放
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/space...

住友大阪セメ、化粧品材料拡販 環境問題追い風
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

産総研レポート
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/...
産総研は、社会のために成果を創出すること、そして、それらをわかりやすい形で発信していくことは重要であると考えています…

文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」に本学が参画する取り組みが採択
(大阪府立大学)
https://www.osakafu-u.ac.jp/pr...
東北大学、大阪府立大学、熊本大学、立教大学および連携企業・団体による取り組み「創造と変革を先導する産学循環型人材育成システム」が、文部科学省「持続的な産学共同人材育成システム構築事業」に採択されました…

宮崎大学と NTT データが AI 画像診断の実証実験を実施 ~腎臓 CT 画像に対して、様々な異常の高い検出精度を確認~
(宮崎大学)
https://www.miyazaki-u.ac.jp/p...
国立大学法人宮崎大学(学長:池ノ上克、以下「宮崎大」)と株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間洋、以下:「NTTデータ」)は、2019年3月から8月に宮崎大学附属病院(以下:「附属病院」)にて、NTTデータが開発したAI画像診断支援ソリューションで腎臓のあらゆる異常の検出を行う実証実験を実施しました…

内閣府2019年度新規施策「国立大学イノベーション創出環境強化事業」 に採択されました。
(東京医科歯科大学)
http://www.tmd.ac.jp/archive-t...
東京医科歯科大学は、内閣府が国立大学向けに新たに実施する「国立大学イノベーション創出環境強化事業」に応募し、採択されました…

大阪大学ニューズレター2019秋号を発行しました
(大阪大学)
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/n...
社会と大学を結ぶ広報誌…

新型の光応答性タンパク質であるヘリオロドプシンの構造を解明
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/abou...
光応答性タンパク質であるロドプシンは、細菌からヒトに至るまで多くの生物が持…

大学院課程を学位プログラム制へ全面移行(2020年4月〜)
(筑波大学)
http://www.tsukuba.ac.jp/news/...
本学は、全ての大学院課程を学位プログラム化します…

薬剤耐性菌に対する効果も! 新規抗菌性物質群の創出に成功 〜新規のマクロライド系抗菌薬として今後の創薬展開に期待〜
(東京理科大学)
https://www.tus.ac.jp/mediarel...
東京理科大学理学部第一部応用化学科の椎名勇教授、殿井貴之講師は、千葉大学真菌医学研究センターの亀井克彦教授、石和田稔彦准教授との共同研究により、新規抗菌薬として期待のかかる有機化合物「ユーシェアリライド(eushearilide)」の迅速かつ高収率な合成法を開発しました…

ナノサイズのpHセンサーを実現 −生命の謎にダイヤモンドで迫る−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
白川昌宏工学研究科教授、藤咲貴大同博士課程学生、五十嵐龍治量子科学技術研究開発機構グループリーダー、小野田忍同上席研究員、大島武同グループリーダーらの研究グループは、生命現象や細胞内環境を精密計測するための超高感度センサーとして注目される「ナノ量子センサー」を発展させ、ナノサイズのリアルタイムpHセンサーを初めて実現しました…

西表島のマングローブから新種のタナイス目甲殻類を発見
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...
北海道大学大学院理学研究院の角井敬知講師らの研究グループは,西表島の汽水域に広がるマングローブから,タナイス目甲殻類の新種を発見しました…

ディスプレイ用半導体の性能を左右する微量な水素の振舞いが明らかに 素粒子ミュオンで透明半導体IGZO(イグゾー)中の不純物水素の局所電子状態を解明
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...
大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所の小嶋健児准教授(当時)、平石雅俊研究員、門野良典教授らのグループは、東京工業大学科学技術創成研究院フロンティア材料研究所の井手啓介助教、神谷利夫教授、同大学元素戦略研究センターの松石聡准教授、細野秀雄栄誉教授らのグループと共同で、ディスプレイ用として広く使われている透明半導体IGZO(イグゾー)において注目を集めている微量の不純物水素の振る舞いを明らかにしました…

インドネシアに流行するHIV-1 (エイズウイルス) サブタイプB亜種の侵入経路を推定
(神戸大学)
http://www.kobe-u.ac.jp/resear...
神戸大学大学院保健学研究科の亀岡正典教授、小瀧将裕助教、医学研究科感染症センターの上田修平技術補佐員(兼保健学研究科大学院生)と、インドネシア・アイルランガ大学医学部のNasronudin教授、大阪健康安全基盤研究所の本村和嗣博士らの研究グループは、インドネシア各地で分離されたHIV-1サブタイプB亜種(HIV-1B)について分子系統解析を行い、HIV-1Bがインドネシアに侵入した時期や経路の推定に成功しました…

前立腺がん若年発症のゲノム診断 −前立腺がんのゲノムワイド関連解析からゲノム医療へ−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2...
理化学研究所(理研)生命医科学研究センターがんゲノム研究チームの中川英刀チームリーダー、岩手医科大学の??田亮講師、京都大学の赤松秀輔助教、東京大学大学院新領域創成科学研究科の松田浩一教授らの共同研究グループは、オーダーメイド医療実現化プロジェクト[1]で実施した網羅的ゲノム解析により、日本人の前立腺がんと関連がある一塩基多型(SNP)[2]を新たに12個発見しました…

 

注目の論文

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926074214, 2019, 39−13722]
Shape Rememorization of an Organosuperelastic Crystal through Superelasticity–Ferroelasticity Interconversion
(Sakamoto, Shunichi; Sasaki, Toshiyuki; Sato‐Tomita, Ayana; Takamizawa, Satoshi)

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926074443, 2019, 39−13813]
Myoglobin Reconstituted with Ni Tetradehydrocorrin as a Methane‐Generating Model of Methyl‐coenzyme M Reductase
(Oohora, Koji; Miyazaki, Yuta; Hayashi, Takashi)
Tag: Mb, MGB, Me, CH4

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926074840, 2019, 39−13989]
CO2 Hydrogenation on Cu/Al2O3: Role of the Metal/Support Interface in Driving Activity and Selectivity of a Bifunctional Catalyst
(Lam, Erwin; Corral‐PÃrez, Juan JosÃ; Larmier, Kim; Noh, Gina; Wolf, Patrick; Comas‐Vives, Aleix; Urakawa, Atsushi; CopÃret, Christophe)
Tag: C

[J. Am. Chem. Soc. 20190926074913, 2019, 38−14955]
Synthesis of Belt- and MÃbius-Shaped Cycloparaphenylenes by Rhodium-Catalyzed Alkyne Cyclotrimerization
(Nishigaki, Shuhei; Shibata, Yu; Nakajima, Atsuya; Okajima, Hajime; Masumoto, Yui; Osawa, Taisei; Muranaka, Atsuya; Sugiyama, Haruki; Horikawa, Ayano; Uekusa, Hidehiro; Koshino, Hiroyuki; Uchiyama, Masanobu; Sakamoto, Akira; Tanaka, Ken)
Tag: CPP, Rh

[J. Am. Chem. Soc. 20190926075028, 2019, 38−14997]
Robust, Highly Luminescent Au13 Superatoms Protected by N-Heterocyclic Carbenes
(Narouz, Mina R.; Takano, Shinjiro; Lummis, Paul A.; Levchenko, Tetyana I.; Nazemi, Ali; Kaappa, Sami; Malola, Sami; Yousefalizadeh, Goonay; Calhoun, Larry A.; Stamplecoskie, Kevin G.; HÃkkinen, Hannu; Tsukuda, Tatsuya; Crudden, Cathleen M.)
Tag: NC, Het, QY, NHC, e-, DFT

[J. Am. Chem. Soc. 20190926075558, 2019, 38−15307]
Living Cyclocopolymerization through Alternating Insertion of Isocyanide and Allene via Controlling the Reactivity of the Propagation Species: Detailed Mechanistic Investigation
(Kanbayashi, Naoya; Okamura, Taka-aki; Onitsuka, Kiyotaka)
Tag: RS, In, C3H4, dppp, MWD, Ar

CO2還元  
[Chem. Commun. 20190926080313, 2019, 77−11623]
Enhanced electrochemical CO2 reduction selectivity by application of self-assembled polymer microparticles to a silver electrode
(Sakamoto, Naonari; Arai, Takeo)
Tag: Ag, EC, MP, CO2R, ECR

ナノワイヤー  
[Chem. Commun. 20190926080334, 2019, 77−11630]
Water-mediated polyol synthesis of pencil-like sharp silver nanowires suitable for nonlinear plasmonics
(Inose, Tomoko; Toyouchi, Shuichi; Lu, Gang; Umemoto, Kazuki; Tezuka, Yuki; Lyu, Bozhang; Masuhara, Akito; Fron, Eduard; Fujita, Yasuhiko; Hirai, Kenji; Uji-i, Hiroshi)
Tag: Ag, NW, polyol

ルテニウム  
[Tetrahedron Lett. 20190926080454, 2019, 41−151086]
Ruthenium-catalyzed selective hydrosilylation reaction of allyl-functionalized PEG derivatives
(Inomata, Koya; Naganawa, Yuki; Guo, Haiqing; Sato, Kazuhiko; Nakajima, Yumiko)
Tag: Ru, Al, PEG, Ru-catalyzed, C, PE, SiH4

[Tetrahedron Lett. 20190926080737, 2019, 40−151106]
Efficient synthesis of N- and O-linked glycopeptides using acid-labile Boc groups for the protection of carbohydrate moieties
(Tanaka, Tomohiro; Shiraishi, Mika; Matsuda, Akio; Mizuno, Mamoru)
Tag: GP, PG

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019092608094, 2019, 38−13254]
A Chemo‐Enzymatic Cascade for the Smart Detection of Nitro? and Halogenated Phenols
(Watthaisong, Pratchaya; Pongpamorn, Pornkanok; Pimviriyakul, Panu; Maenpuen, Somchart; Ohmiya, Yoshihiro; Chaiyen, Pimchai)
Tag: BL, Fluc, Luc, PhOH

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019092608103, 2019, 38−13285]
Cysteine SH and Glutamate COOH Contributions to [NiFe] Hydrogenase Proton Transfer Revealed by Highly Sensitive FTIR Spectroscopy
(Tai, Hulin; Nishikawa, Koji; Higuchi, Yoshiki; Mao, Zong‐wan; Hirota, Shun)
Tag: PT, Cys, C, Cat

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081043, 2019, 38−13308]
Object Transportation System Mimicking the Cilia of Paramecium aurelia Making Use of the Light‐Controllable Crystal Bending Behavior of a Photochromic Diarylethene
(Nishimura, Ryo; Fujimoto, Ayako; Yasuda, Nobuhiro; Morimoto, Masakazu; Nagasaka, Tatsuhiro; Sotome, Hikaru; Ito, Syoji; Miyasaka, Hiroshi; Yokojima, Satoshi; Nakamura, Shinichiro; Feringa, Ben L.; Uchida, Kingo)
Tag: DAE, PSt, PS

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081047, 2019, 38−13313]
A Nickel‐Diamine/Mesoporous Silica Composite as a Heterogeneous Chiral Catalyst for Asymmetric 1,4‐Addition Reactions
(Ishitani, Haruro; Kanai, Kan; Yoo, Woo‐Jin; Yoshida, Tomoko; Kobayashi, ShÅ)
Tag: MS, Ni, as, C

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081139, 2019, 38−13349]
An Unprecedented Cyclization Mechanism in the Biosynthesis of Carbazole Alkaloids in Streptomyces
(Kobayashi, Masaya; Tomita, Takeo; Shin‐ya, Kazuo; Nishiyama, Makoto; Kuzuyama, Tomohisa)
Tag: cbz

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081159, 2019, 38−13354]
Defect‐Rich Graphene Nanomesh Produced by Thermal Exfoliation of Metal–Organic Frameworks for the Oxygen Reduction Reaction
(Xia, Wei; Tang, Jing; Li, Jingjing; Zhang, Shuaihua; Wu, Kevin C.‐W.; He, Jianping; Yamauchi, Yusuke)
Tag: O, GNM, ORR, Cat

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081338, 2019, 38−13411]
Basic [Au25(SCH2CH2Py)18]??Na+ Clusters: Synthesis, Layered Crystallographic Arrangement, and Unique Surface Protonation
(Huang, Zhong; Ishida, Yohei; Yonezawa, Tetsu)
Tag: Ph

[Angew. Chem. Int. Ed. 20190926081549, 2019, 38−13486]
Chemical Interactions of Cryptic Actinomycete Metabolite 5‐Alkyl?1,2,3,4‐tetrahydroquinolines through Aggregate Formation
(Sugiyama, Ryosuke; Nakatani, Takahiro; Nishimura, Shinichi; Takenaka, Kei; Ozaki, Taro; Asamizu, Shumpei; Onaka, Hiroyasu; Kakeya, Hideaki)

自己集合  
[Chem. Commun. 20190926081831, 2019, 76−11346]
Mechanically robust crystalline monolayer assemblies of oligosaccharide-based amphiphiles on water surfaces
(Yataka, Yusuke; Tanaka, Shoki; Sawada, Toshiki; Serizawa, Takeshi)
Tag: ML, SA, Alk

[Chem. Commun. 20190926082020, 2019, 76−11386]
Optically active triptycenes containing hexa-peri-hexabenzocoronene units
(Wada, Yuya; Shinohara, Ken-ichi; Ikai, Tomoyuki)
Tag: CP, CPL, HBC, TPC

[Med. Chem. Commun. 20190926083510, 2019, 9−1517]
3-Ketoacyl-ACP synthase (KAS) III homologues and their roles in natural product biosynthesis
(Nofiani, Risa; Philmus, Benjamin; Nindita, Yosi; Mahmud, Taifo)

[Food Funct. 20190926084236, 2019, 9−5682]
Yerba mate aqueous extract improves the oxidative and inflammatory states of rats with adjuvant-induced arthritis
(Correa, Vanesa Gesser; Sá-Nakanishi, Anacharis B. de; Gonçalves, Geferson de Almeida; Barros, Lillian; R., Isabel C. F.; Bracht, Adelar; Peralta, Rosane M.)

[Food Funct. 20190926084356, 2019, 9−5779]
Turmeronol A and turmeronol B from Curcuma longa prevent inflammatory mediator production by lipopolysaccharide-stimulated RAW264.7 macrophages, partially via reduced NF-ÎB signaling
(Okuda-Hanafusa, Chinatsu; Uchio, Ryusei; Fuwa, Arisa; Kawasaki, Kengo; Muroyama, Koutarou; Yamamoto, Yoshihiro; Murosaki, Shinji)
Tag: LPS

[Food Funct. 20190926084615, 2019, 9−5922]
Comparative study on foaming and emulsifying properties of different beta-lactoglobulin aggregates
(Hu, Jing; Yang, Jixin; Xu, Yao; Zhang, Ke; Nishinari, Katsuyoshi; Phillips, Glyn O.; Fang, Yapeng)