アヲハタの株主総会は雰囲気がちょっと変わってる

Viewed: 09:09:08 in December 6, 2019

Posted: January 27, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

株主かどうかはわかんが、桐谷さん(注)は見かけなかった。

アヲハタといえばジャム。店頭で売られてるジャムのかなりのシェアを誇る企業です。

本社は「マッサン」「たまゆら」あたりで有名な竹原市にありますが、竹原市の中心部ではなく、東へ三駅、有名な「大久野島」行きの船の出発地、忠海港の近くにあります。

実は私アヲハタの株主。妻に「アヲハタ株買うてくれ!」と頼まれ、随分前から株保有しています。株価は順調に上昇。

本日、株主総会があったので、行ってまいりました。

アヲハタの株主総会、一般的なところとは違う雰囲気でおもしろかったですよ。

まず会場に入ってびっくり。

株主総会は毎年アヲハタ本社で行われています。

広島県のJR忠海駅が最寄り駅なわけです。JR呉線。広島近郊なら電車の本数があるのですが、このあたりは1時間に1本とかザラで、2時間電車がこないということもある。

交通の便が悪い。当然ながら近隣の株主さんが会場に来た人のかなりの割合を占めることになるのです。

なので会場は同窓会状態。とにかく賑やか。

「あんた、元気にしとったんか?」

とか、

「〇〇ちゃ〜ん、こっちこっち」「60にもなるのに〇〇ちゃんいうて呼ばれて、恥ずかしいわ〜」

とか、そんな会話があちこちであるわけです。

株主総会の最中も、時々私語が飛び交ったり。しかも声がでかくてまる聞こえ。すごいです。

そしてアヲハタ、食品会社ですので、自社製品の試食会なんてのが株主総会の後にあるのです。いいですねぇ。

試食会はアヲハタ・ジャムデッキにて。普段は自社製品の販売や工場見学の控え室、手作りジャムの体験教室などに使われてるところ。

これがまたワイワイガヤガヤでいいんです。

試食した中でいくつかピックアップすると、リンゴジャムに漬けた豚肉のソテーや

いろんな種類のジャムを塗ったパン。種類半端ないので、4種類ほど皿にのせてみました。サンドイッチを乗せた大皿を置いていた布マットの上に置き、コーヒーもいっしょに。
(撮影の間、替えの大皿を持ってきたスタッフさんを待たせてしまいました)

(そういえば、同じように撮影してた方がいらっしゃいました。ブログの記事か何かにされるのでしょうか。)

そして、カレーも。アヲハタといえばジャムですが、真反対を行くアグレッシブさが好きです。

株主総会の会場の雰囲気も良く、製品もおいしいアヲハタ、いいですね。株も製品もおすすめです。

(注) 桐谷さん、株主総会の同日に竹原市内で講演会されたらしいです。ちなみに桐谷さんは竹原出身。

[おまけ] 例の島と例の船。竹原港で昼ごはんを食べたときに撮影。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

峠の唐揚げがうまかった( ´▽`)
おすすめは唐揚げ定食とうどん定食。

Googleマップに事故機
当時は大騒ぎでした。

WiFiあっておすすめ・マーメイドカフェ 広島大学店
基本的にアンデルセン系は好きです。

雪降る前に大急ぎで「道の駅来夢とごうち」へ
安芸太田町の戸河内ICそばの「道の駅来夢とごうち」まで車で行ってきました。

境港・お食事処かいがん
モサエビがたっぷり乗っかったモサエビ丼がおすすめ。

呉・だし道楽
だしの自動販売機で有名。

古い倉庫の気になる電話番号
菓子の看板がずらっと並んでいるのですが、どれも見聞きした記憶のないものばかり。

奄美特産の「花田のミキ」を飲みました。
連休に宮崎と鹿児島へ行ってきたんです。

【その後】ベビーキウイに酔っ払うにゃんこ
飼い猫となり、幸せに暮らしているようですが心配事も。

庭の作業を邪魔するにゃんこ
邪魔をするのが猫のお仕事です。