2019年10月24日のコンテンツから

Viewed: 19:08:43 in December 14, 2019

Posted: October 24, 2019

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

今日のコメント

雨の一日。ブログの記事を書いた後はずっとプログラミングをしています。ローカルサーバでできることはローカルサーバで。スキルが向上したので古いプログラムも高速化できました。

今日も WordPressの記事をアーカイブ化しています。

[読みたい論文] この側鎖、気に入った。

大学の退職絡みで(他の方の怖い事例もあわせて

[Nanoniele] dr: diastereomeric ratio

[Word for Mac] 文字の縦横比を変える方法

[読みたい論文] ロンドン分散力

 

この日によく読まれた記事

(1) [読みたい論文] ロンドン分散力

(2) 大学の退職絡みで(他の方の怖い事例もあわせて)

(3) [水素水] H6O分子の構造を最適化したらこうなった

(4) [読みたい論文] ランタン反応剤とハロゲン化ビフェニルでランタン−炭素結合を2つ作ります

(5) [Nanoniele] dr: diastereomeric ratio

(6) 読みたい論文シリーズ

(7) アーカイブ化したWordPress記事

(8) [水素水] H14O分子の構造最適化をトライした

(9) [読みたい論文] このアルキル亜鉛錯体水に強いん?

(10) H4Oの構造が見つかった(ただしですね

(11) PerlとJavascriptの連携でウェブコンテンツを表示させる方法

(12) MJ12botに悩まされる

 

きょうのどうぶつ

私が使っていた水やりホースが寄って来たのをかじって抵抗しているサバトラ。昼寝の邪魔になったようです。撫でてやったら満足げに帰って行きました。

 

[読みたい論文] ランタン反応剤とハロゲン化ビフェニルでランタン−炭素結合を2つ作ります


https://nanoniele.jp/cgi-bin/archive/nanoniele_archive.pl?c=4611

オープンアクセスの、クラシックな希土類の化学の論文です。

過去の「読みたい論文」の記事は、こちらのリンク先から見ることができます。

 

計算終わりました

 

略語を登録しました

CPF
commercial pesticide formulation
TPO
tertiary phosphine oxides
ARC
aminium radical cation
AMS
absolutely minimally sampled
LPP
long periodicity phase
MRE
majority rules effect
RRE
racemate rules effect
OSO
okra seed oil
FS
flow synthesis

 

注目の記事やプレスリリース

Biogenとエーザイ、一旦治験中止したアルツハイマー薬の承認申請へ
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/10/bi...

水性ガスシフト反応(WGS)に
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

ペプチドによる色素体の改変 〜狙ったDNAを迅速に導入〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
理化学研究所(理研)環境資源科学研究センターバイオ高分子研究チームのチョンパラカン・タグン特別研究員、ジョアン・チュア研究員(研究当時)、沼田圭司チームリーダーらの研究チームは、2種類の機能性ペプチドを組み合わせることで、DNAを植物細胞の多様な色素体に導入できることを明らかにしました…

クルクミンの抗腫瘍効果を60倍以上高めた化合物を開発 〜副作用のない飲む抗がん剤の開発に期待〜
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...
奈良先端科学技術大学院大学(学長:横矢直和)先端科学技術研究科バイオサイエンス領域腫瘍細胞生物学研究室の加藤順也教授はインドネシアガジャマダ大学薬学部発癌予防研究センター、長浜バイオ大学バイオサイエンス学部、本学情報科学領域、物質創成科学領域との共同研究により、クルクミンの60倍以上の抗腫瘍効果を持つ化合物を開発しました…

免疫細胞が異物を取り込む装置形成の仕組みを初めて解明 タンパク質が平面状に集まりカップを形成 〜免疫反応の抑制など医療応用に期待〜
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...
奈良先端科学技術大学院大学(学長:横矢直和)先端科学技術研究科バイオサイエンス領域の末次志郎教授の研究グループは、九州大学、東京工業大学、大阪大学、理化学研究所などと共同で、マクロファージなどの免疫細胞を含む細胞が、病原体などの異物を細胞内に取り込む際に形成される構造である、「ファゴサイトーシス(食作用)カップ(1)」の形成の仕組みについて、GAS7というタンパク質が、シート状に集合することでなされることを明らかにしました…

「化学の日/化学週間」記念ケミカルフォーラム開催 化学が導く未来への可能性
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

日系車メーカー、新型EVを続々投入 来年以降に
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

光合成で“ゆがんだイス”型の触媒が酸素分子を形成する仕組みを解明 〜人工光合成触媒の合理的設計の糸口に〜
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...
岡山大学異分野基礎科学研究所の菅倫寛准教授、秋田総理准教授、沈建仁教授、理化学研究所の吾郷日出夫専任研究員らの共同研究グループは光化学系IIの“ゆがんだイス”の形をした触媒が酸素分子を形成する直前の状態の立体構造を決定しました…

赤錆を用いて水と太陽光から水素を製造 ―太陽光水素製造システムの実用化に新たな一歩―
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...
神戸大学分子フォトサイエンス研究センターの立川貴士准教授のグループは、名古屋大学未来材料・システム研究所の武藤俊介教授、高輝度光科学研究センターの尾原幸治主幹研究員、杉本邦久主幹研究員との共同研究により、太陽光を用いて水から水素を高効率に生成できる光触媒電極の開発に成功しました…

福島原発から放出された高濃度放射性セシウム(Cs)含有微粒子(CsMP)の 個数、放射能寄与率の分布図を初めて作成
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/37...
九州大学大学院理学研究院の宇都宮聡准教授、理学府の池原遼平(H31.3卒)、諸岡和也(修士1年)らの研究グループは、福島第一原発から放出された高濃度放射性セシウム含有微粒子(CsMP)の簡易定量法「QCP法」を原発周辺~福島県内の土壌に適用して、CsMPの個数と放射能寄与率(RF値:全Cs放射能に対するCsMPの放射能の割合)を放射能測定マップ上に示しました…

アッカド帝国崩壊の原因をサンゴの化石から解明 〜サンゴの化石から復元した月単位の古気候記録の証拠〜
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/37...
北海道大学大学院理学研究院講師及びNPO法人喜界島サンゴ礁科学研究所理事長の渡邊剛氏,九州大学大学院理学研究院助教及び同研究所長兼副理事長の山崎敦子氏,北海道大学大学院理学院博士後期課程の渡邉貴昭氏らの研究グループは,メソポタミア文明初の帝国(アッカド帝国)の崩壊に繋がった気候変動の詳細を,化石サンゴの記録から明らかにしました…

パルスNMRで乳牛の乳房炎を早期診断 −難治性の黄色ブドウ球菌乳房炎をいち早く察知−
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/201...
理化学研究所(理研)光量子工学研究センター先端光学素子開発チームの田島右副専任研究員、農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)動物衛生研究部門の菊佳男上級研究員、長澤裕哉研究員らの共同研究チームは、乳汁を小型のパルス核磁気共鳴装置(NMR)で観測をすることで、黄色ブドウ球菌(SA)感染による乳牛の乳房炎を簡便かつ迅速に診断できることを発見しました…

研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A−STEP) 機能検証フェーズ 令和元年度第2回募集における新規課題の決定について
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/info/...
JST(理事長?M口道成)は、研究成果最適展開支援プログラム(A−STEP)機能検証フェーズの令和元年度第2回募集における新規課題「試験研究タイプ」91件(別紙1)、「実証研究タイプ」33件(別紙2)を決定しました…

化学の力で細胞を狙い撃ち 1細胞レベルで標的細胞の細胞死誘導が可能な試薬の開発
(東京大学)
https://www.u-tokyo.ac.jp/focu...
東京大学大学院薬学系研究科薬品代謝化学教室・医学系研究科生体情報学分野の千葉真由美博士課程学生、神谷真子准教授、浦野泰照教授らは、レポーター遺伝子の一つであるLacZをもつ細胞(LacZ発現細胞)のみを特異的に死滅させる新規光増感剤を独自の分子設計に基づき開発しました…

 

あわせてどうぞ

日々の暮らしシリーズ
一日の記録をまとめています。

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

2019年10月23日のコンテンツから
まとめました。コインランドリーでプログラミング。

2019年10月21日のコンテンツから
サーバ移転の準備がいろいろ。

2019年10月18日のコンテンツから
まとめました。豚汁うめぇ。

2019年10月17日のコンテンツから
豚汁の材料を集める日。

2019年10月16日のコンテンツから
風呂掃除のグッズを更新した日。

2019年10月15日のコンテンツから
猫の記事をアーカイブ化。

2019年10月11日のコンテンツから
健康診断の日。

2019年10月10日のコンテンツから
まとめました。外出の多い日。

MJ12botに悩まされる
大量の連続アクセスが特徴。

2019年10月9日のコンテンツから
まとめました。ノーベル化学賞発表の日。

 

注目の論文

カーボンナノチューブ  
[J. Am. Chem. Soc. 20191024132943, 2019, 42−16553]
Controlled Redox of Lithium-Ion Endohedral Fullerene for Efficient and Stable Metal Electrode-Free Perovskite Solar Cells
(Jeon, Il; Shawky, Ahmed; Lin, Hao-Sheng; Seo, Seungju; Okada, Hiroshi; Lee, Jin-Wook; Pal, Amrita; Tan, Shaun; Anisimov, Anton; Kauppinen, Esko I.; Yang, Yang; Manzhos, Sergei; Maruyama, Shigeo; Matsuo, Yutaka)
Tag: NT, PSC, FL, C, C60, Li, CNT, P, Tf2NH

[J. Am. Chem. Soc. 20191024133319, 2019, 42−16579]
Transition-State Stabilization by n?Ï?* Interactions Measured Using Molecular Rotors
(Vik, Erik C.; Li, Ping; Pellechia, Perry J.; Shimizu, Ken D.)
Tag: TS, O

[J. Am. Chem. Soc. 20191024133940, 2019, 42−16663]
High Pressure Shifts the Î1-Adrenergic Receptor to the Active Conformation in the Absence of G Protein
(, Layara; Abiko, Akemi; Grahl, Anne; Grzesiek, Stephan)
Tag: LR, PCR, LBP

環化付加反応  
[J. Am. Chem. Soc. 20191024135155, 2019, 42−16991]
Heavier Carbonyl Olefination: The Sila-Wittig Reaction
(Reiter, Dominik; Frisch, Philipp; SzilvÃsi, Tibor; Inoue, Shigeyoshi)
Tag: Wittig, C, Si, Nu, CA, P

[Angew. Chem. Int. Ed. 2019102413533, 2019, 44−15626]
Exploiting Coordination Isomerism for Controlled Self‐Assembly
(BÃumer, Nils; Kartha, Kalathil K.; Allampally, Naveen Kumar; Yagai, Shiki; Albuquerque, Rodrigo Q.; FernÃndez, Gustavo)

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191024135557, 2019, 44−15752]
A Chalcogen‐Bonding Cascade Switch for Planarizable Push–Pull Probes
(Macchione, Mariano; Goujon, Antoine; Strakova, Karolina; Humeniuk, Heorhii V.; Licari, Giuseppe; Tajkhorshid, Emad; Sakai, Naomi; Matile, Stefan)
Tag: MC

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191024135616, 2019, 44−15762]
Palladium‐Catalyzed Dearomative syn?1,4‐Oxyamination
(Tang, Conghui; Okumura, Mikiko; Deng, Hejun; Sarlah, David)
Tag: Bn, BnOH

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191024135643, 2019, 44−15788]
Hooking Together Sigmoidal Monomers into Supramolecular Polymers
(Carini, Marco; Marongiu, Mauro; StrutyÅski, Karol; Saeki, Akinori; Melle‐Franco, Manuel; Mateo‐Alonso, Aurelio)
Tag: anth, ANT, AN, M

[Chem. Commun. 20191024140023, 2019, 85−12765]
Modulation of the coordination geometries of NCN and NCNC Rh complexes for ambidextrous chiral catalysts
(Ito, Jun-ichi; Ishihara, Takahiro; Fukuoka, Takaki; Mat, Siti Rokiah Binti; Kameo, Hajime; Nishiyama, Hisao)
Tag: C

[Chem. Commun. 2019102414038, 2019, 85−12845]
Multivalent glycoligands with lectin/enzyme dual specificity: self-deliverable glycosidase regulators
(González-Cuesta, Manuel; Goyard, David; Nanba, Eiji; Higaki, Katsumi; Fernández, José M. García; Renaudet, Olivier; Mellet, Carmen Ortiz)
Tag: Man, CD

[Tetrahedron 20191024140520, 2019, 45−130646]
Benzophenone and chromone derivatives and their dimers from the scale-insect pathogenic fungus Orbiocrella petchii BCC 51377
(Isaka, Masahiko; Palasarn, Somporn; Choowong, Wilunda; Kawashima, Kyohei; Mori, Seiji; Mongkolsamrit, Suchada; Thanakitpipattana, Donnaya)
Tag: AC, BZP, BP

環化付加反応  
[Synth. Met. 20191024140629, 2019, −116179]
Energy level tuning of aromatic polyamines by [2 + 2] cycloaddition-retroelectrocyclization for the optimization of device performances
(Morita, Kanako; Michinobu, Tsuyoshi)
Tag: SCL, OMO, PCE, PSC, EC, MO, SCLC, CA-RE, HOMO, P, CA

[Polymer 20191024141531, 2019, −121721]
Construction of polydisperse polymer model and investigation of heat conduction: A molecular dynamics study of linear and branched polyethylenimine
(Kawagoe, Yoshiaki; Surblys, Donatas; Matsubara, Hiroki; Kikugawa, Gota; Ohara, Taku)
Tag: TC, DB, PD, ET, MD

[Polymer 20191024141834, 2019, −121713]
Anisotropic photoconductivity of aromatic and semi-aliphatic polyimide films: Effects of charge transfer, molecular orientation, and polymer chain packing
(Takemasa, Chiaki; Chino, Teppei; Ishige, Ryohei; Ando, Shinji)
Tag: CR, IP, OP, photocond, CT, CS, PI, ABS, ICT, OA, e-

[J. Organomet. Chem. 20191024141943, 2019, −120945]
Methane generation via intraprotein C–S bond cleavage in cytochrome b562 reconstituted with nickel didehydrocorrin
(Miyazaki, Yuta; Oohora, Koji; Hayashi, Takashi)
Tag: PS, Ni, Na, Asc, Met, M, Me, CH4

[Metallomics 20191024142310, 2019, 10−1679]
Evaluation of copper metabolism in neonatal rats by speciation analysis using liquid chromatography hyphenated to ICP mass spectrometry
(Tanaka, Yu-ki; Ogra, Yasumitsu)
Tag: Cu, LC, MS

[Metallomics 20191024142348, 2019, 10−1753]
Changes in copper, zinc and cadmium distributions in the liver of Formosan squirrels with characteristic high copper accumulation
(Suzuki, Yoshinari; Ogra, Yasumitsu; Machida, Noboru; Watanabe, Izumi)
Tag: Cd, Zn, Cu

[Metallomics 20191024142348, 2019, 10−1753]
Changes in copper, zinc and cadmium distributions in the liver of Formosan squirrels with characteristic high copper accumulation
(Suzuki, Yoshinari; Ogra, Yasumitsu; Machida, Noboru; Watanabe, Izumi)
Tag: Cd, Zn, Cu

[Med. Chem. Commun. 20191024142437, 2019, 10−1789]
Synthesis and structure–activity relationship studies of IgG-binding peptides focused on the C-terminal histidine residue
(Muguruma, Kyohei; Ito, Mayu; Fukuda, Akane; Kishimoto, Satoshi; Taguchi, Akihiro; Takayama, Kentaro; Taniguchi, Atsuhiko; Ito, Yuji; Hayashi, Yoshio)
Tag: SAR, His, H

[Mater. Horiz. 20191024142538, 2019, 9−1762]
Chemistries and capabilities of photo-formable and photoreversible crosslinked polymer networks
(Hughes, T.; Simon, G. P.; Saito, K.)

[Mater. Horiz. 20191024142612, 2019, 9−1834]
Immersion precipitation 3D printing (ip3DP)
(Karyappa, Rahul; Ohno, Akihiro; Hashimoto, Michinao)
Tag: TPS

ナノワイヤー  
[Nanoscale 20191024143947, 2019, 40−18746]
Effect of AlGaN undershell on the cathodoluminescence properties of coaxial GaInN/GaN multiple-quantum-shells nanowires
(Lu, Weifang; Sone, Naoki; Goto, Nanami; Iida, Kazuyoshi; Suzuki, Atsushi; Han, Dong-Pyo; Iwaya, Motoaki; Tekeuchi, Tetsuya; Kamiyama, Satoshi; Akasaki, Isamu)
Tag: MQ, CL, NW

[Chem. Commun. 20191024144227, 2019, 84−12603]
Enhanced oxygen reduction activity of platinum subnanocluster catalysts through charge redistribution
(Tsunoyama, Hironori; Ohnuma, Akira; Takahashi, Koki; Velloth, Archana; Ehara, Masahiro; Ichikuni, Nobuyuki; Tabuchi, Masao; Nakajima, Atsushi)
Tag: Pt, O, C

[Chem. Commun. 20191024144236, 2019, 84−12611]
Electrochemically triggered upconverted luminescence for light-emitting devices
(Minami, Haruki; Ichikawa, Takuya; Nakamura, Kazuki; Kobayashi, Norihisa)
Tag: TTT, UCP, LED, ET, TTA, TTET, TET, LE

[Communications Chemistry 20191024180822, 2019, 1−117]
Reproduction of vesicles coupled with a vesicle surface-confined enzymatic polymerisation
(Kurisu, Minoru; Aoki, Harutaka; Jimbo, Takehiro; Sakuma, Yuka; Imai, Masayuki; Serrano-LuginbÃhl, Sandra; Walde, Peter)
Tag: HRP, ANI, H, Na, PANI, Chol, HP, OTS, H2O2, EH