[読みたい論文] LiHMDSの行方は?

Viewed: 12:22:10 in December 6, 2019

Posted: June 29, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

硫黄切断シリーズ。

最近の流行りでしょうか。

[Org. Lett. 2016, 18 (12), 2966−2969]

Palladium-Catalyzed ipso-Borylation of Aryl Sulfides with Diborons (Bhanuchandra, M.; Baralle, Alexandre; Otsuka, Shinya; Nogi, Keisuke; Yorimitsu, Hideki; Osuka, Atsuhiro)

Web: http://dx.doi.org/10.1021/acs.orglett.6b01305

Graphical Abstractお借りしますね。

依光先生@京都大学。

アリールスルフィドの炭素-硫黄結合を金属触媒で切断し、他の官能基を炭素原子上に導入する、最近よく見かける反応。

LiHMDS入ってるの、何を狙ってるのか気になるところです。塩基?そらそうなのでしょうが、なにゆえこれなのかてところがですね。

そしてLiHMDSは反応して何になるのか、反応機構絡みで本文中に記載されてるような気が。

気になるので、読みたい論文に追加です。。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] アクリル酸の原子移動ラジカル重合
メタクリル酸の原子移動ラジカル重合て、難しかったんですね。

[読みたい論文] ケトンよりもケイ素の不斉反応を頼む
アセトフェノンのヒドロシリル化、前からあったような。

[読みたい論文] 金属のサイズと触媒活性と
ガドリニウムあるかな?

[読みたい論文] メトキシ基が脱離基である時代
時代はどんどん進んでいきますね

[読みたい論文] 4価のニッケルですか。
4価のパラジウムが反応機構の中に出てきた昔を思い出した

[読みたい論文] SF5残るのかすげぇな
イリドみたいなのにはならんのかねぇ

[読みたい論文] 酸に弱い錯体も、ポリマー配位させて保護すれば大丈夫
確かに、acac系ユウロピウム錯体は酸に弱い。

[読みたい論文] そこ無置換のベンゼン環で大丈夫なん?
こんだけがっちり保護されてると、結合回転やら会合やら考えなくてもよくてシンプルかもね。

[読みたい論文] アセトニトリルてこうだよね
不思議だった。