[読みたい論文] 空気中でも安定な金属アセチリド

Viewed: 12:56:53 in December 6, 2019

Posted: July 21, 2017
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

有機亜鉛といえば、Prof. Knochel。

あくまでも個人的な印象です。

[Angew. Chem. Int. Ed. 2017, 56 (31), 9236−9239]

Preparation of Solid Polyfunctional Alkynylzinc Pivalates with Enhanced Air and Moisture Stability for Organic Synthesis (Chen, Yi-Hung; Tüllmann, Carl Phillip; Ellwart, Mario; Knochel, Paul)

Web:

Graphical Abstractお借りしますね。

有機亜鉛化合物は、有機リチウム化合物や有機マグネシウム化合物よりも反応性に乏しいので、官能基のある有機亜鉛化合物を比較的簡便に取り扱うことができるメリットがあるわけです。

んで、Prof. Knochel、私が大学の学部生の頃(1991年くらい?)には既に有機亜鉛化合物を使う反応を(たくさん?)報告していまして、2017年の時点でも、化学系のトップジャーナルにも論文が出るくらい、コツコツと知見を積み上げているのです。

今回の論文、末端アルキンとTMPZnOPivから亜鉛アセチリド(GAの真ん中の)を作り、これを有機合成に利用したというもの。ちなみにこのアセチリド、空気中でも数時間安定に存在しうるのだとか。

GAの末端アルキンにはエトキシカルボニル基がありますね。こいつがないと亜鉛アセチリドが生成しないのかですが、Supporting Informationを見る限り、単純な脂肪族アセチリド(1-ヘキシン等)でもOKなようです。

GAの右の化合物の合成もそうですが、亜鉛アセチリドがどんな反応に使えるのか、気になります。

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] 熱異性化の半減期が2700年
材料にするにはいい化合物かも。

[読みたい論文] 有機反応の話かと思って論文を見たが
ゴリゴリの計算であった。

[読みたい論文] AIEの発光色について。
AIGというと、一般的にはアメリカン・インターナショナル・グループ。

[読みたい論文] ケイ素-炭素結合: そこが切れますか。
ケイ素-炭素結合て、案外切れやすいんですよね。

[読みたい論文] N3plusですか?
N3+て、あまり見かけないような気がします。

[読みたい論文] シリレン対ボリレン
この闘いはシリレンの勝利に終わりました。

[読みたい論文] シラノールとジボロンの反応: ホウ素と酸素はなかよし
実にシンプル。

[読みたい論文] ナトリウムぶっこみたい
いい色になるでしょうね。

[読みたい論文] 金属が要らないザンドなんとか
大学1年生の時に習いました。

[読みたい論文] 不斉ニトロアルドール反応: あれから23年
当時院生だった私、JACS見たときはびっくらこいた