[Nanoniele] 3,500種類の有機化合物のDFT計算をやったよ

Viewed: 07:51:57 in December 6, 2019

Posted: March 23, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

水素水ばっかり計算してるわけじゃないですからね。

略号検索サイト”Nanoniele”では、有機化合物の分子のDFT計算も行っているのです。

毎日毎日、iMacのハードディスク破壊にもメゲず、続けました。

現在約4,000種類のデータを登録済み。

以下、本記事ではベンゼンを例に。

適当なところをクリックすると、Tableにずら〜っと出ます。

HOMOとLUMOの準位、HOMO–LUMO準位差、双極子モーメント、など。π共役化合物でなさそうなのは双極子モーメントだけね。

一応、B3LYP/6-31G(d)で揃えてます。もうちょっと高度な関数を使えばよかったのかもしれませんが、必要であれば3Dファイルをダウンロードして計算してくださいませ。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

2019年4月25日のコンテンツから
まとめました。

[読みたい論文] 超速い一重項分裂
なるほど。わからん。直感的には光電変換が思い浮かんだ。

[読みたい論文] ぶっとい線が気になる立体選択的ヒドロアミノ化
5角形から伸びているぶっとい線。

[読みたい論文] 急がば回れ
ウラン錯体といえばEvans先生。

[読みたい論文] 受け渡してるのは何?
Pd/Cu触媒系、あちこちで見かけますね。

[読みたい論文] C-N切断と脱カルボニルと
アミドのC-N結合切断しますか。

ケムステさんの古い記事からnoteを思い出した
ケムステさんとこのツイッターアカウントが、ケムステの過去記事をツイートして紹介してくださってて、割と役立っているのです。

[読みたい論文] 「コイン式自動精米機」的重合反応
ChemistryViewsでも紹介されてました。

東広島・一久
【お知らせ】未確認ですが、移転準備中との情報ありです。

[読みたい論文] Chemical Reviews: まるごとC−H結合活性化
息の長い研究です。