2019年8月26日のコンテンツから

Viewed: 05:15:01 in December 7, 2019

Posted: August 26, 2019
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

きょうのどうぶつ

左右の目の色が違うシロクロ。白内障かなと思ってはいるのですが、そうではないかもしれないとも。賢そうに見えたりブサイクに見えたりする不思議な猫です。

 

[読みたい論文] アリル鉛化合物: πかメタラサイクルかそれともσか?

https://nanoniele.jp/archive/nanoniele_archive.cgi?c=4572


Graphical abstractではメタラシクロプロパン、要旨テキストではアリル。果たして実態は?

過去の「読みたい論文」の記事は下のリンク先経由で見ることができます。

https://nanoniele.jp/archive/nanoniele_archive.cgi?c=40000

 

計算終わりました

 

注目の記事やプレスリリース

ウェルプレート毎の培養細胞をリアルタイム、 かつ一括でモニタリングできる装置の実用試験を開始
(熊本大学)
https://www.kumamoto-u.ac.jp/daigakujouhou/kouhou/pressrelease/2019-file/release190822.pdf
国立学校法人熊本大学(所在地:熊本県、大学院先端科学研究部中島雄太准教授)とヤマト科学株式会社(本社:東京都、代表取締役社長森川智)は共同で、細胞培養中のウェルプレート毎の培養状態(代謝)をリアルタイム、かつ一括でモニタリングできるマイクロプレートリーダーを、細胞培養装置(CO2インキュベータ)内に実装し、実用することに成功しました。…

世界初、360度方向に連続的に移動可能な円形断面型クローラーを開発 ―柔らかい絨毯や点字ブロックの上でも、向きを変えずにスムーズに移動―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101178.html
NEDOと東北大学は、全方向(360度方向)への連続移動を実現した円形断面型クローラーの開発に世界で初めて成功しました。…

膵臓がんの進行を抑制する新種の細胞を発見 ~ がん細胞の周囲環境を変える新規治療法の開発に期待 ~
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medical_J/research/pdf/Can_Res_190822.pdf
名古屋大学大学院医学系研究科の??橋雅英教授、榎本篤准教授のグループは、藤城光弘教授、水谷泰之病院助教(筆頭著者)、島村徹平教授、北海道大学の芳賀永教授、藤田医科大学の廣岡芳樹教授、重井医学研究所の松山誠室長らとの共同研究で、膵臓がんにおけるがんを抑制する線維芽細胞の特異的マーカーMeflinを同定し、がんの周りに増生する線維芽細胞の性質の多様性ががんの促進や抑制に影響することを見出しました。…

O157などの腸管出血性大腸菌の出現機構を解明 -安全な食肉生産による感染予防に期待-
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/36883/19_08_23_1.pdf
九州大学大学院医学研究院の小椋義俊准教授と有水遥子大学院生(医学系学府博士課程)らの研究グループは、ヒトに強い病原性を示す腸管出血性大腸菌がウシの常在性大腸菌を起源としていること、ウシ腸内で生存するために病原因子を蓄積させ、結果的にヒトへの病原菌として次々と出現していることを突き止めました。…

思春期特発性側弯症の発症に関わる遺伝子座を同定 -世界最大規模の研究コホートで解明進む-
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190826_1/
理化学研究所(理研)生命医科学研究センター骨関節疾患研究チームの稲葉(黄)郁代上級研究員、大伴直央大学院生リサーチ・アソシエイト(慶應義塾大学大学院医学研究科博士課程)、池川志郎チームリーダーらと慶應義塾大学整形外科を中心とした日本側彎(そくわん)症臨床学術研究グループの共同研究グループ※は、日本人集団の遺伝情報を用いた大規模なゲノムワイド関連解析(GWAS)[1]を行い、思春期特発性側弯症(Adolescentidiopathicscoliosis:AIS)の発症に関わる疾患感受性領域(遺伝子座)を新たに14カ所同定しました。…

研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP) 「産学共同フェーズ(シーズ育成タイプ)」 2019年度募集における新規採択課題の決定について
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1388/index.html
JST(理事長?M口道成)は、研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)産学共同フェーズ(シーズ育成タイプ)の2019年度募集における新規採択課題22件を決定しました(別紙1)。…

幸福の脳活動を解明 -大脳右楔前部の安静時活動が低いほど主観的幸福得点が高い-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190820_2.html
佐藤弥こころの未来研究センター特定准教授、河内山隆紀ATR脳活動イメージングセンタ研究員らの研究グループは、主観的幸福と対応する脳活動および脳内ネットワークを明らかにしました。…

化学反応における微量中間体の直接構造解析に成功
(東京大学)
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6507/
東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特任教授、原野幸治特任准教授らの研究グループは、化学反応の中で次々と生成しては消えていく中間的生成物(反応中間体)の一分子一分子を溶液中で捕捉し、これまで未知であった反応中間体の構造を原子分解能電子顕微鏡(電顕、注1)観察により決定することに成功した。…

8月学会 その2
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/30757077/

気候変動に伴う波浪の将来変化予測に成功 -地球温暖化の沿岸域への影響を定量化-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190820_1.html
森信人防災研究所教授、志村智也同特定助教、AdreanWebb同特定研究員、KamranzadBahareh白眉センター特定助教らの研究グループは、世界21機関の研究グループ(米国:USGS、オーストラリア:CSIRO、カナダ:環境・気候変動省、英国:国立海洋センター他)と共同で、世界の海岸線の約50%が、21世紀末に波浪特性変化のリスクにさらされていることを明らかにしました。…

気体を安全に加圧可能な高圧反応装置の開発 ~不活性な気体資源の有効活用に道筋~
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190825/index.html
名古屋大学大学院理学研究科の荘司長三教授、有安真也特任助教、児玉侑朔博士前期課程2年生らの研究グループは、新たに、一般の実験施設での高圧反応実験に対応可能な高圧反応装置を開発し反応性が極めて低い気体分子の化学変換の劇的な高効率化に成功しました。…

化学反応における微量中間体の直接構造解析に成功
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190823/index.html
東京大学大学院理学系研究科化学専攻の中村栄一特任教授、原野幸治特任准教授らの研究グループは、化学反応の中で次々と生成しては消えていく中間的生成物(反応中間体)の一分子一分子を溶液中で捕捉し、これまで未知であった反応中間体の構造を原子分解能電子顕微鏡注1)(電顕)観察により決定することに成功した。…

2017年10月初め
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-42ff8f.html

雲の中の
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/08/post-35d318.html

医療ビッグデータで免疫チェックポイント阻害剤誘発副作用のハイリスク患者を明らかに
(徳島大学)
https://www.tokushima-u.ac.jp/fs/8/1/6/3/4/_/20190823.pdf
免疫チェックポイント阻害剤(ICI:ImmuneCheckpointInhibitors)の使用にあたっては様々な副作用が起こることが知られています。…

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

2019年7月22日のコンテンツから
まとめました。Al(I)。

2019年8月7日のコンテンツから
まとめました。モフりまくったった。

2019年7月4日のコンテンツから
まとめました。ウツボの唐揚げ美味でした。

2019年5月20日のコンテンツから
まとめました。てめぇの馬鹿さ加減にはなぁ、父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ。

2019年9月5日のコンテンツから
まとめました。イタチ出没。

2019年8月9日のコンテンツから
まとめました。Be−Al結合。

[Nanoniele] TTA: triplet-triplet annihilation
三重項-三重項消滅。

[読みたい論文] アミン不要なアルコールのシリル化
塩化水素どこに食わせるの?

[読みたい論文] フラストレイティド ルイスペアでイミンの水素化
frustrated Lewis pairの日本語訳でもちっとスマートなのないかなぁ。

[読みたい論文] 脱水素カップリングでアミノボラン
炭素-窒素結合をこの方法で作るのはいいかもね。