[読みたい論文] ポリマー側鎖をエステル交換

Viewed: 16:13:28 in December 10, 2019

Posted: December 27, 2015
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

[Macromolecules 2015, 48 (24), 8695−8707]

Multifaceted Synthetic Route to Functional Polyacrylates by Transesterification of Poly(pentafluorophenyl acrylates) (Das, Anindita; Theato, Patrick)

Web:https://doi.org/10.1021/acs.macromol.5b02293

Graphical Abstractお借りしますね。

高分子側鎖のエステル交換反応。反応にはDMAPもDMFも必須で、たとえば1,4-ジオキサンじゃダメらしい。そのあたりをふまえて、反応機構を考察しているらしい。

エステル交換がちゃんとできているかどうかは、IRスペクトルから判断してるようで。ペンタフェニルエステルのC=O伸縮が一般的なエステルのものよりも高波数側に出るのは、確かにそうだよね。

いい意味でイージーな反応で、モノマー作りにくい時にはいいですね。読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

2019年7月12日のコンテンツから
まとめました。CHCl3の怪。

2019年9月26日のコンテンツから
まとめました。塊魂的不斉反応。

2019年9月10日のコンテンツから
まとめました。C1化学。

2019年9月12日のコンテンツから
まとめたした。ホスフィン酸のTsuji-Trost型不斉反応。

2019年3月13日のコンテンツから
まとめました。

2019年7月26日のコンテンツから
まとめました。光と有機触媒で二酸化炭素を固定

2019年3月18日のコンテンツから
スズメのジャンプ。

2019年8月8日のコンテンツから
まとめました。含BNπ共役系。

2019年3月27日のコンテンツから
まとめました。

2019年6月10日のコンテンツから
まとめました。年に一度のラッキョウの皮むき。