2019年10月31日のコンテンツから

Viewed: 02:14:36 in December 8, 2019

Posted: October 31, 2019

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

今日のコメント

ニラ玉と普通の焼きそばにするか、ニラ焼きそばにするか悩んでいます。

今日もWordPressの記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] 芳香族性ぶっこわし

[読みたい論文] LiHMDSの行方は?

[読みたい論文] アクリル酸の原子移動ラジカル重合

[読みたい論文] ケトンよりもケイ素の不斉反応を頼む

[読みたい論文] 金属のサイズと触媒活性と

[読みたい論文] メトキシ基が脱離基である時代

[読みたい論文] 4価のニッケルですか。

[読みたい論文] SF5残るのかすげぇな

[読みたい論文] 酸に弱い錯体も、ポリマー配位させて保護すれば大丈夫

[読みたい論文] そこ無置換のベンゼン環で大丈夫なん?

 

この日によく読まれた記事

(1) [水素水] H14O分子の構造最適化をトライした

(2) 大学の退職絡みで(他の方の怖い事例もあわせて)

(3) [読みたい論文] 強塩基を使わない末端アルキンと有機ハライドのクロスカップリング

(4) 読みたい論文シリーズ

(5) [水素水] H6O分子の構造を最適化したらこうなった

(6) アーカイブ化したWordPress記事

(7) (no title)

(8) [MacBook Pro] バッテリーを交換したが充電できない(2)

(9) [読みたい論文] メトキシ基が脱離基である時代

(10) [Mac] Fetchが起動しないよというお話

(11) [お猿さん] 国道2号線沿いにある例の看板の意味

(12) [読みたい論文] アセトニトリルてこうだよね

 

きょうのどうぶつ

首里城の猫は無事だったのだろうか。

 

[読みたい論文] イミダゾリウム塩から超リッチな化合物を合成します。


https://nanoniele.jp/cgi-bin/archive/nanoniele_archive.pl?c=4616

論文のタイトルや要旨ではN-ヘテロ環オレフィンとありますが、出発はイミダゾリウム塩。N-ヘテロ環を経由します。

過去の「読みたい論文」の記事は、こちらのリンク先から見ることができます。

 

計算終わりました

 

略語を登録しました

BLB
bacterial leaf blight
CDM
cucumber downy mildew
IDM
intermediate derivatization method
RASP
red algae sulfated polysaccharide
RASPET
red algae sulfated polysaccharide effervescent tablets
GPH
green pea hull
PVE
phenotypic variation explained
PVE
phenotypic variation explained
HPO
high priority overlap
GNPS
global natural product social
RAMD
random acceleration molecular dynamics
DSM
discrete Shmaliy moment
LCSS
Laboratory Chemical Safety Summary

 

注目の記事やプレスリリース

住友商事、日豪水素サプライチェーン構築実証事業に参画
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/10/po...

カリフォルニアの山火事
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

ChemDraw Ver 19.0を触ってみた
(たゆたえども沈まず-有機化学あれこれ-)
http://orgchemical.seesaa.net/...

ゲノム編集育種プロ始動 農水省が産学官コンソ
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

木村化工機、コスト6分の1のアンモニア回収装置 来年から受注
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

NECと東北大学、「開発者が解釈可能なマテリアルズ ・インフォマティクス」で特性向上の主要因を抽出する手法を開発
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
日本電気株式会社(、以下NEC)と国立大学法人東北大学(、以下東北大学)は、メリーランド大学と共同で、これまでの研究成果である実験データ生成の省力化技術と、材料特性に対する高精度での予測とその解釈性を与える技術に加え、今回新たに材料の特性向上に関わる無数の要因から主要因を効率良く抽出する手法を開発しました…

「開発者が解釈可能なマテリアルズ・インフォマティクス」で 特性向上の主要因を抽出する手法を開発
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
日本電気株式会社(NEC)と東北大学は、メリーランド大学と共同で、これまでの研究成果である実験データ生成の省力化技術と、材料特性に対する高精度での予測とその解釈性を与える技術に加え、今回新たに材料の特性向上に関わる無数の要因から主要因を効率良く抽出する手法を開発しました…

四量体を形成する光化学系?Tの立体構造を解明〜光合成生物の適応進化を解明する手がかりに〜
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学異分野基礎科学研究所の加藤公児特任准教授、長尾遼特任助教、蒋天翼大学院生、秋田総理准教授、沈建仁教授、筑波大学生存ダイナミクス研究センターの宮崎直幸助教、神戸大学の秋本誠志准教授、東京大学大学院総合文化研究科の池内昌彦名誉教授らの共同研究グループは、クライオ電子顕微鏡を用いて、シアノバクテリア由来の光化学系?T四量体の立体構造解析に成功し、四量体構造を形成する仕組み、また四量体特有の集光色素の並び方を明らかにしました…

脳内モノアミンが複数集積する新たな神経核を発見−気分障害の理解向上に期待−
(慶應義塾大学)
https://www.keio.ac.jp/ja/pres...
慶應義塾大学医学部の杉浦悠毅専任講師、末松誠客員教授、静岡県立大学の杉山栄二助教(研究当時:慶應義塾大学医学部特任助教)らの研究グループは、質量分析イメージング技術を高精度化し、感情や行動の調節を担うモノアミンの量(セロトニン、ドーパミン、ノルエピネフリン)をマウス全脳で視覚化することに成功しました…

全国初!都市再生推進法人の指定区域外におけるシェアサイクルの実証実験 - スマホアプリを活用した新システムとエリアマネジメントに資するデザイン -
(名古屋工業大学)
https://www.nitech.ac.jp/news/...
名古屋工業大学伊藤孝紀研究室では、2008年より、シェアサイクルの普及に向けた取り組みを行ってきました…

【プレスリリース】急性腎障害(AKI)における炎症の新しいメカニズムを解明
(東京大学)
https://www.h.u-tokyo.ac.jp/pa...
東京大学医学部附属病院の前川洋医師、東京大学大学院医学系研究科の稲城玲子特任教授らは、急性腎障害(acutekidneyinjury:AKI)におけるミトコンドリアの機能異常とそれに引き続く炎症誘導のメカニズムを解明しました…

バイオジェット燃料のサプライチェーン構築を見据えた事業性評価に着手 ―バイオジェット燃料の市場形成を目指す4テーマを採択―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/pr...
NEDOは、バイオジェット燃料の市場形成に向けたサプライチェーンの構築およびカーボンリサイクルなど脱炭素社会の形成を促進するため、事業性評価(FS)4テーマに着手しました…

フノリ(布海苔)の分類再検討で複数の未分類種を発見
(神戸大学)
https://www.kobe-u.ac.jp/resea...
神戸大学内海域環境教育研究センターの羽生田岳昭助教、川井浩史教授、理学研究科生物学専攻修士2年山村健将らを中心とする国際共同研究グループは、これまで世界で5種、日本では3種とされていた「フノリ(布海苔)」の仲間(紅藻フノリ属)が、実際には複数種が分類されず混同されており、日本に分布するフノリ属だけで10種以上存在することを明らかにしました…

 

あわせてどうぞ

日々の暮らしシリーズ
一日の記録をまとめています。

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

2019年10月30日のコンテンツから
今日の晩御飯はニラ餃子の予定です。

2019年10月29日のコンテンツから
広島市内に出てました。

2019年10月28日のコンテンツから
19年経ちました。

2019年10月25日のコンテンツから
まとめました。長々と考える前に確認するが吉。

2019年10月24日のコンテンツから
まとめました。雨の一日。

2019年10月23日のコンテンツから
まとめました。コインランドリーでプログラミング。

2019年10月21日のコンテンツから
サーバ移転の準備がいろいろ。

2019年10月18日のコンテンツから
まとめました。豚汁うめぇ。

2019年10月17日のコンテンツから
豚汁の材料を集める日。

2019年10月16日のコンテンツから
風呂掃除のグッズを更新した日。

 

注目の論文

クロスカップリング ルテニウム  
[J. Am. Chem. Soc. 20191031070515, 2019, 43−17042]
Ruthenium-Catalyzed (Z)-Selective Hydroboration of Terminal Alkynes with Naphthalene-1,8-diaminatoborane
(Yamamoto, Kensuke; Mohara, Yusei; Mutoh, Yuichiro; Saito, Shinichi)
Tag: Ru, Het, NpH, CC, Ru-catalyzed, NHC, CA4, HB, Cat

パラジウム  
[J. Am. Chem. Soc. 2019103107234, 2019, 43−17361]
Total Synthesis and Stereochemical Assignment of Streptide
(, Nicholas; Isley, A.; Endo, Yusuke; Wu, Zhi-Chen; Covington, Brett C.; Bushin, Leah B.; Seyedsayamdost, Mohammad R.; Boger, Dale L.)
Tag: PTM, Pd, C, Lys, K, IND, Trp, W, Ar

[J. Agric. Food Chem. 20191031072644, 2019, 43−11948]
Presence of Exopeptidase-Resistant and Susceptible Peptides in a Bacterial Protease Digest of Corn Gluten
(Chen, Liang; Ejima, Akika; Gu, Ruizeng; Lu, Jun; Cai, Muyi; Sato, Kenji)
Tag: AP, CPA, PR, Leu, L, ABS

[Tetrahedron Lett. 20191031073030, 2019, 45−151226]
Recent developments on creation of artificial metalloenzymes
(Matsuo, Takashi; Miyake, Teruyuki; Hirota, Shun)
Tag: C

[Tetrahedron Lett. 20191031073035, 2019, 45−151225]
Recent strategic advances for the activation of benzylic C–H bonds for the formation of C–C bonds
(Yazaki, Ryo; Ohshima, Takashi)
Tag: R, Bn, HC, Cat

[Tetrahedron Lett. 20191031073047, 2019, 45−151227]
Aromatic butenolides produced by a soil ascomycete Auxarthron sp. KCB15F070 derived from a volcanic island
(Kim, Jong Won; Son, Sangkeun; Kim, Gil Soo; Otaka, Junnosuke; Miura, Yuzuki; Muranaka, Atsuya; Uchiyama, Masanobu; Lee, Jung-Sook; Jang, Mina; Ko, Sung-Kyun; Takahashi, Shunji; Osada, Hiroyuki; Jang, Jae-Hyuk; Ahn, Jong Seog)
Tag: VCD, AC, CD, Ar

クロスカップリング  
[Tetrahedron 20191031073130, 2019, 46−130658]
Syntheses and properties of linear Ï?-conjugated molecules composed of 1-azaazulene and azulene
(Ohtsu, Keito; Hayami, Ryohei; Sagawa, Takuya; Tsukada, Satoru; Yamamoto, Kazuki; Gunji, Takahiro)
Tag: CV, CV, MR, HOTf, 275-51-4, CC, CCR, NMR, MS, DFT

クロスカップリング  
[Chem. Commun. 20191031074123, 2019, 87−13070]
Visible light-driven cross-coupling reactions of alkyl halides with phenylacetylene derivatives for C(sp3)–C(sp) bond formation catalyzed by a B12 complex
(Chen, Li; Kametani, Yohei; Imamura, Kenji; Abe, Tsukasa; Shiota, Yoshihito; Yoshizawa, Kazunari; Hisaeda, Yoshio; Shimakoshi, Hisashi)
Tag: Cbl, VL, VLD, CC, CCR, Alk

[Nanoscale 20191031074619, 2019, 41−19158]
Fusion growth patterns in atomically precise metal nanoclusters
(Du, Xiangsha; Chai, Jinsong; Yang, Sha; Li, Yingwei; Higaki, Tatsuya; Li, Site; Jin, Rongchao)
Tag: NC, MNC

ナノ粒子  
[Nanoscale 2019103107511, 2019, 41−19455]
Accelerated site-selective photooxidation on Au nanoparticles via electrochemically-assisted plasmonic hole ejection
(Nishi, Hiroyasu; Tatsuma, Tetsu)
Tag: TE, NP

[J. Nat. Prod. 20191031075338, 2019, 10−2673]
Nectriatide, a Potentiator of Amphotericin B Activity from Nectriaceae sp. BF-0114
(Fukuda, Takashi; Nagai, Kenichiro; Yagi, Akiho; Kobayashi, Keisuke; Uchida, Ryuji; Yasuhara, Tadashi; Tomoda, Hiroshi)
Tag: CMD, 118-92-3, Ala, A, V, Val

[J. Nat. Prod. 20191031075354, 2019, 10−2682]
Structures, NMR Spectroscopic Features, and Cytotoxic Properties of Oligomeric Hellinoyl (m-GO-m-GOG)-Type Ellagitannins from the Galls of Tamarix aphylla
(Orabi, Esam A.; Taniguchi, Shoko; Sakagami, Hiroshi; Yoshimura, Morio; Amakura, Yoshiaki; Hatano, Tsutomu)
Tag: SCC, Glu, QC, Glc, OSCC, Glu, PhOH, Glu, M

[J. Nat. Prod. 20191031075452, 2019, 10−2754]
Hypascyrins A–E, Prenylated Acylphloroglucinols from Hypericum ascyron
(Niwa, Kanji; Tanaka, Naonobu; Tatano, Yutaka; Yagi, Hideki; Kashiwada, Yoshiki)
Tag: AC

[J. Nat. Prod. 20191031075645, 2019, 10−2852]
Prenylated Acetophloroglucinol Dimers from Acronychia trifoliolata: Structure Elucidation and Total Synthesis
(Miyake, Katsunori; Morita, Chihiro; Suzuki, Airi; Matsushita, Natsuko; Saito, Yohei; Goto, Masuo; Newman, David J.; O’Keefe, Barry R.; Lee, Kuo-Hsiung; Nakagawa-Goto, Kyoko)
Tag: 98-86-2, DB, i-Bu, iBu, M

[J. Nat. Prod. 20191031075734, 2019, 10−2907]
Isolation and Total Synthesis of Mabuniamide, a Lipopeptide from an Okeania sp. Marine Cyanobacterium
(Ozaki, Kaori; Iwasaki, Arihiro; Sezawa, Dai; Fujimura, Haruka; Nozaki, Tomoyoshi; Saito-Nakano, Yumiko; Suenaga, Kiyotake; Teruya, Toshiaki)
Tag: Glu, Glc, AC, GU, Glu, Glu

[J. Med. Chem. 2019103107594, 2019, 20−9026]
Design of Gallinamide A Analogs as Potent Inhibitors of the Cysteine Proteases Human Cathepsin L and Trypanosoma cruzi Cruzain
(Boudreau, Paul D.; Miller, Bailey W.; McCall, Laura-Isobel; Almaliti, Jehad; Reher, Raphael; Hirata, Ken; Le, Thu; Siqueira-Neto, Jair L.; Hook, Vivian; Gerwick, William H.)
Tag: Cys, C, PR

[J. Med. Chem. 2019103108008, 2019, 20−9175]
Identification of 2,6-Disubstituted 3H-Imidazo[4,5-b]pyridines as Therapeutic Agents for Dysferlinopathies through Phenotypic Screening on Patient-Derived Induced Pluripotent Stem Cells
(Takada, Hiroyuki; Kaieda, Akira; Tawada, Michiko; Nagino, Tomoko; Sasa, Katsunori; Oikawa, Tatsuo; Oki, Akiko; Sameshima, Tomoya; Miyamoto, Kazumasa; Miyamoto, Makoto; Kokubu, Yuko; Tozawa, Ryuichi; Sakurai, Hidetoshi; Saito, Bunnai)
Tag: iPS, iPSC, PSC

[J. Med. Chem. 2019103108016, 2019, 20−9246]
Selective Phenylimidazole-Based Inhibitors of the Mycobacterium tuberculosis Proteasome
(Zhan, Wenhu; Hsu, Hao-Chi; Morgan, Trevor; Ouellette, Tierra; Burns-Huang, Kristin; Hara, Ryoma; Wright, Adrian G.; Imaeda, Toshihiro; Okamoto, Rei; Sato, Kenjiro; Michino, Mayako; Ramjee, Manoj; Aso, Kazuyoshi; Meinke, Peter T.; Foley, Michael; Nathan, Carl F.; Li, Huilin; Lin, Gang)
Tag: Mtb, TB, OS, RNS, N

[J. Med. Chem. 20191031080125, 2019, 20−9254]
Development of an ENPP1 Fluorescence Probe for Inhibitor Screening, Cellular Imaging, and Prognostic Assessment of Malignant Breast Cancer
(Kawaguchi, Mitsuyasu; Han, Xiang; Hisada, Tomoka; Nishikawa, Sayaka; Kano, Kuniyuki; Ieda, Naoya; Aoki, Junken; Toyama, Tatsuya; Nakagawa, Hidehiko)
Tag: GP, TM, FL, PDE, INS, TNBC, PPase, TG

[J. Med. Chem. 2019103108024, 2019, 20−9331]
Discovery of an Extremely Potent Thiazine-Based Î-Secretase Inhibitor with Reduced Cardiovascular and Liver Toxicity at a Low Projected Human Dose
(Tadano, Genta; Komano, Kazuo; Yoshida, Shuhei; Suzuki, Shinji; Nakahara, Kenji; Fuchino, Kouki; Fujimoto, Kazuki; Matsuoka, Eriko; Yamamoto, Takahiko; Asada, Naoya; Ito, Hisanori; Sakaguchi, Gaku; Kanegawa, Naoki; Kido, Yasuto; Ando, Shigeru; Fukushima, Tamio; Teisman, Ard; Urmaliya, Vijay; Dhuyvetter, Deborah; Borghys, Herman; Austin, Nigel; Yamano, Yoshinori; Iso, Yasuyoshi; Kusakabe, Ken-ichi)
Tag: APP

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191031080335, 2019, 45−16028]
Visualizing Progressive Atomic Change in the Metal Surface Structure Made by Ultrafast Electronic Interactions in an Ambient Environment
(Aso, Ryotaro; Ogawa, Yohei; Tamaoka, Takehiro; Yoshida, Hideto; Takeda, Seiji)
Tag: Au, O, e-

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191031080450, 2019, 45−16067]
Rational Design of a Dual‐Reactivity‐Based Fluorescent Probe for Visualizing Intracellular HSNO
(Chen, Wei; Matsunaga, Tetsuro; Neill, Deshka L.; Yang, Chun‐tao; Akaike, Takaaki; Xian, Ming)

カーボンナノチューブ  
[Angew. Chem. Int. Ed. 20191031080540, 2019, 45−16097]
Anion?Ï? Catalysis on Carbon Nanotubes
(Bornhof, Anna‐Bea; VÃzquez‐Nakagawa, Mikiko; RodrÃguez‐PÃrez, Laura; Herranz, MarÃa Ãngeles; Sakai, Naomi; MartÃn, Nazario; Matile, Stefan; LÃpez‐Andarias, Javier)
Tag: NT, C, CNT, Pyr, Py, e-, C

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191031080636, 2019, 45−16124]
A High‐Valent Manganese(IV)–Oxo–Cerium(IV) Complex and Its Enhanced Oxidizing Reactivity
(Karmalkar, Deepika G.; Sankaralingam, Muniyandi; Seo, Mi Sook; Ezhov, Roman; Lee, Yong‐Min; Pushkar, Yulia N.; Kim, Won‐Suk; Fukuzumi, Shunichi; Nam, Wonwoo)
Tag: OAT, ET, O, e-

[Angew. Chem. Int. Ed. 20191031080651, 2019, 45−16141]
Biomimetic Synthesis of Meroterpenoids by Dearomatization‐Driven Polycyclization
(Powers, Zachary; Scharf, Adam; Cheng, Andrea; Yang, Feng; Himmelbauer, Martin; Mitsuhashi, Takaaki; Barra, Lena; Taniguchi, Yoshimasa; Kikuchi, Takashi; Fujita, Makoto; Abe, Ikuro)
Tag: LA

[Chem. Commun. 20191031081318, 2019, 86−12968]
Super electron donor-mediated reductive desulfurization reactions
(Nozawa-Kumada, Kanako; Ito, Shungo; Noguchi, Koto; Shigeno, Masanori; Kondo, Yoshinori)
Tag: pyr, SED, Py, e-

[Chem. Commun. 2019103108154, 2019, 86−13012]
Bicyclic (amino)(borata)carbene derived from diazadiborinine and isonitrile
(Wang, Baolin; Koshino, Kota; Kinjo, Rei)
Tag: IND, Ar

[Chem. Commun. 20191031081523, 2019, 86−13015]
Bicyclic (amino)(borata)carbene derived from diazadiborinine and isonitrile
(Wang, Baolin; Koshino, Kota; Kinjo, Rei)
Tag: IND, Ar

[Chem. Commun. 20191031081523, 2019, 86−13016]
Bicyclic (amino)(borata)carbene derived from diazadiborinine and isonitrile
(Wang, Baolin; Koshino, Kota; Kinjo, Rei)
Tag: IND, Ar