2019年11月25日のコンテンツから

Viewed: 16:53:30 in December 6, 2019

Posted: November 25, 2019

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

今日のコメント

今日もWordPressの記事をアーカイブ化しました。

博士論文公聴会でやらかしたこと

グローブナス

[読みたい論文] OLEDこだわるなら酸化亜鉛の形にまで気遣え

[読みたい論文] 溶解力か、化学的耐性か

[読みたい論文] 働きバチが「目覚める」化学成分の変化

[読みたい論文] 有機ヨウ素触媒で不斉酸化

カリント食べたいっ

[読みたい論文] ケイ素もリンもなんか変

[読みたい論文] 高機能化していく分子触媒

ドミニカコーヒーいただきました

餅つきの時季

 

この日によく読まれた記事

(1) アーカイブ化したWordPress記事

(2) [読みたい論文] インジウム−ロジウム結合を持つ有機金属錯体でC−H結合活性化

(3) 2019年11月22日のコンテンツから

(4) 2019年11月15日のコンテンツから

(5) 大学の退職絡みで(他の方の怖い事例もあわせて

(6) 2019年11月12日のコンテンツから

(7) 2019年11月13日のコンテンツから

(8) 読みたい論文シリーズ

(9) 2019年9月30日のコンテンツから

(10) MJ12botに悩まされる

 

きょうのどうぶつ

カメラに近づきすぎた朝青龍。

 

直線構造ではない金属アセチリド


記事はここから

カリウムtert-ブトキシドを触媒前駆体とするアルキンの2量化とアルキンとニトリルのカップリングに関する論文です。触媒サイクルの中の反応中間体であるカリウムアセチリドの構造が尋常でなく、何がどうなっているのか知りたかったので、読みたい論文に追加しました。

 

計算終わりました

 

略語を登録しました

CIRI
cerebral ischemia-reperfusion injury
TFE
thin film encapsulation
SMH
shape memory hydrogel
LIPHSS
lubricant-infused porous hydrophobic sticky surfaces
RDP
ratiometric depalmitoylation probe
CNR
critical nucleation radius
PIB
potassium ion battery

 

注目の記事やプレスリリース

一度だけ出会って
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

朝からちょっこと。
(ある女性研究者の日記)
https://sunnily.exblog.jp/3091...

ジャンプする
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

YouTubeで大学有機化学の講義はじめます☆
(有機化学論文研究所)
https://moro-chemistry.org/arc...

高純度な重水素は
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty...

次世代太陽電池の改良に向けて
(沖縄科学技術大学院大学)
https://www.oist.jp/ja/news-ce...
素材に生じる欠陥構造がイオンの変移を引き起こすことでペロブスカイトを不安定にするという特性を明らかにしました…

貴金属使わずアンモニア合成触媒となる新物質発見
(科学技術振興機構)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
近年、温和な条件下で高いアンモニア合成活性を示す触媒としてルテニウム触媒の開発が盛んだが、希少で高価な金属のルテニウムを用いない新触媒技術として重要な成果であり、アンモニア合成プロセスの大幅な省エネルギー化につながるものである…

貴金属使わずアンモニア合成触媒となる新物質発見
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...
BaCeO3のような金属酸化物だけではアンモニア合成触媒の活性を示さないためルテニウムなどの貴金属ナノ粒子を表面に固定していたが、BaCeO3-xNyHzはルテニウムなどを固定しなくても触媒として働くことを解明した…

マイクロ波を用いバイオマスの超急速熱分解を実現
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...
マイクロ波の照射条件を精密制御してバイオマスに強電界を印加することにより、稲わらを最大毎秒330 ℃に急速昇温することができた…

【クローズアップ】非鉄業界 廃Libリサイクル技術開発が活発化
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.j...

温度で表面粘着性が変わるディスプレー、阪大が開発
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/artic...

隕石中に小惑星の氷の痕跡を発見 -氷が抜けてできた空間を放射光X線CTで発見-
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/re...
宅亮 理学研究科准教授、松本恵 東北大学助教らは、立命館大学、中国科学院、海洋研究開発機構、高輝度光科学研究センター、ロンドン自然史博物館などと共同で、放射光X線CTを使って炭素質コンドライトの一つAcfer 094隕石の内部を観察し、氷が抜けてできたと考えられる小さな空間を多数発見しました…

目視ではわからない顕微鏡動画を理論的に解析し 結晶化現象の前兆となる分子集団挙動の可視化に成功
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelea...
溶液中で分子が結晶化する過程について、レーザーを照射して生じる力で核生成の場所を操り、その過程を捉えた顕微鏡動画を解析することにより、動画の目視ではわからない核生成前の分子群の様子を可視化することに世界で初めて成功しました…

咀嚼による血糖値の調節効果は朝と夜で異なることを発見
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news...
健常成人男性を対象に,異なる咀嚼回数(1口あたり10回あるいは40回)で食事をした際に食後の血糖値及び血糖値の調節を担う膵ホルモン・インスリンの分泌が朝と夜で異なるかを比較しました…

にじみを表現できる省電力ソフトディスプレイによる芸術的表現の試み
(科学技術振興機構)
https://www.jst.go.jp/pr/annou...
NIMSは、早稲田大学、多摩美術大学と共同で、表示の維持に電力を必要とせず、形状も自由に加工できてアナログな色彩表現が可能なソフトディスプレイを開発し、その芸術的表現の試みとして、電気で紅葉する落ち葉型デバイスの開発を実現しました…

東北大学とデンソー、量子アニーリングマシンを活用した工場内の無人搬送車の効率的配送技術を発表
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japan...
東北大学では量子アニーリング技術の普及、産業応用を推進し、多くの企業との産学連携を進めています…

超高圧で合成される機能性酸化物の薄膜化に成功
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/...
マンガン・銅・セリウム・酸素からなる超高圧相の酸化物(化学式:CeCu3Mn4O12)を高品質な薄膜として合成することに成功した…

サイズ進化の法則を発見 -性成熟のタイミングと体の大きさの密接な関係-
(理化学研究所)
https://www.riken.jp/press/201...
理化学研究所(理研)生命機能科学研究センター成長シグナル研究チーム(研究当時)の廣中謙一客員研究員、西村隆史チームリーダー、大阪大学大学院理学研究科の藤本仰一准教授らの共同研究チームは、昆虫の種ごとの個体の最終的な体の大きさ(最終サイズ)を決める重要な要因が、「性成熟の開始に必要な最低の大きさ(臨界サイズ)」であることを明らかにしました…

地殻に2番目に最も多く含まれる元素ケイ素 ~シリカゲルの実験~
(高純度化学研究所)
https://www.kojundo.blog/exper...

病原性細菌が増殖に必須な鉄イオンを取り込む仕組みを原子レベルで解明
(SPring-8)
http://www.spring8.or.jp/ja/ne...
自然科学研究機構生命創成探究センター(ExCELLS)/分子科学研究所の村木則文助教、青野重利教授ら、および北海道大学の石森浩一郎教授らの研究グループは、ジフテリア菌などのコリネバクテリアが増殖するために必須な鉄イオンを取り込むために利用している「ヘム (1) 取り込みシステム」の構造を決定して、ヘム取り込みの“仕組み”を世界で初めて原子レベルで明らかにしました…

にじみを表現できる省電力ソフトディスプレイによる芸術的表現の試み
(早稲田大学)
https://www.waseda.jp/top/news...
早稲田大学ナノ・ライフ創新研究機構の大橋 啓之(おおはしけいし)研究院教授は、物質・材料研究機構(NIMS)、多摩美術大学と共同で、表示の維持に電力を必要とせず、形状も自由に加工できてアナログな色彩表現が可能なソフトディスプレイ(1)を開発し、その芸術的表現の試みとして、電気で紅葉する落ち葉型デバイスの開発を実現しました…

双子葉植物がリンを若い葉や種子に優先的に分配する仕組みを解明
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学資源植物科学研究所の馬建鋒教授らの研究グループは、モデル双子葉植物シロイヌナズナのリンの分配を司る遺伝子を世界で初めて突き止め、根から吸収したリンを若い葉や種子に優先的に分配するメカニズムを解明しました…

炎症性腸疾患の新たな炎症抑制の機序を発見
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学病院光学医療診療部の高原政宏医員、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(医)消化器・肝臓内科学の高木章乃夫准教授、岡山大学病院炎症性腸疾患センターの平岡佐規子准教授らの研究グループは、免疫学講座・農学部との共同研究で、整腸剤として使用されている生薬ベルベリンが、腸管粘膜のCD4+T細胞内のエネルギー代謝関連酵素AMPK活性化を誘導し、慢性腸炎マウスモデルの腸炎を抑制することを発見しました…

AI(人工知能)による糖尿病性腎症の自動判断ツールを開発
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学病院腎臓・糖尿病・内分泌内科の喜多村真治講師らの研究グループは、本来、蛍光画像からは診断が困難な糖尿病性腎症を、AI(人工知能)により診断が可能であるかテスト画像を用いて検討し、100%の正解率で診断可能なAIによる診断ツールを開発しました…

火山噴火の際の、粘性の高い黒曜石溶岩の広がり方を明らかに 火山防災を考える上で重要な知見
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp...
岡山大学大学院教育学研究科の宇野康司教授(地球科学領域)、愛知大学経営学部の古川邦之准教授、日本大学文理学部の金丸龍夫准教授らの研究グループは、地質学と物理学に基礎を置いた古地磁気学とよばれる手法からのアプローチで、過去に噴出して固結した黒曜石溶岩を用いた研究を行い、その流動当時の様子を探ることに成功しました…

青色EL材料の性能向上につながる新しい有機ホウ素化合物を開発
(茨城大学)
https://www.ibaraki.ac.jp/news...
茨城大学の吾郷友宏准教授、九州大学の安田琢麿教授、京都大学の時任宣博教授らの研究グループは、酸素原子を導入した有機ホウ素化合物を活用することで、優れた発光効率と色純度を併せ持つ有機EL用の青色蛍光体の開発に成功しました…

病原性細菌が増殖に必須な鉄イオンを取り込む仕組みを原子レベルで解明
(分子科学研究所)
https://www.ims.ac.jp/news/201...
自然科学研究機構生命創成探究センター(ExCELLS)/分子科学研究所の村木則文助教、青野重利教授ら、および北海道大学の石森浩一郎教授らの研究グループは、ジフテリア菌などのコリネバクテリアが増殖するために必須な鉄イオンを取り込むために利用している「ヘム(1)取り込みシステム」の構造を決定して、ヘム取り込みの“仕組み”を世界で初めて原子レベルで明らかにしました…

1兆分の1秒で起こる超高速な磁性の変化を元素別に解明  〜レーザー励起磁化反転の鍵〜
(分子科学研究所)
https://www.ims.ac.jp/news/201...
東京大学物性研究所の山本航平博士課程学生(研究当時、現在:分子科学研究所助教)と和達大樹准教授(研究当時、現在:兵庫県立大学教授)らの研究グループは、高輝度光科学研究センターの久保田雄也研究員と鈴木基寛主幹研究員、分子科学研究所の上村洋平助教(研究当時、現在:スイス連邦・ポールシェラー研究所 博士研究員)、理化学研究所放射光科学研究センタービームライン研究開発グループの矢橋牧名グループディレクター、兵庫県立大学の田中義人教授、東北大学金属材料研究所の関剛斎准教授と高梨弘毅教授らの各研究グループと、カレル大学とウプサラ大学のグループも加わった国際研究チームにより、X線自由電子レーザー(XFEL)施設SACLAの硬X線ビームラインであるBL3において、強磁性を示す合金である鉄白金薄膜を用いて、硬X線領域の時間分解X線磁気円二色性測定(XMCD測定)に成功しました…

光学顕微鏡によるマルチカラー高速高精度1分子観察を実現
(分子科学研究所)
https://www.ims.ac.jp/news/201...
子科学研究所の安藤潤助教、中村彰彦助教、山本真由子技術支援員、飯野亮太教授、生理学研究所のソンチホン特任助教、村田和義准教授の共同研究グループは、金、銀、金銀合金ナノ粒子を用いて、光学顕微鏡によるマルチカラー高速高精度生体1分子イメージングを実現しました…

青色 EL 材料の性能向上につながる新しい有機ホウ素化合物を開発 次世代ディスプレイや照明装置の開発に向けた優れた青色有機 EL の低コスト化に展望
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/37...
茨城大学の吾郷友宏准教授、九州大学の安田琢麿教授、京都大学の時任宣博教授らの研究グループ は、酸素原子を導入した有機ホウ素化合物を活用することで、優れた発光効率と色純度を併せ持つ有 機 EL 用の青色蛍光体の開発に成功しました…

電子顕微鏡による 7 pm の電場誘起歪みの直接観察に成功 ~新手法で測定確度が格段に向上~
(九州大学)
http://www.kyushu-u.ac.jp/f/37...
九州大学大学院工学研究院の佐藤幸生准教授は同研究院の寺西亮准教授、金子賢治教授らと共 同で、7 p(10−12)m の電場誘起歪みを原子分解能電子顕微鏡で直接観察することに成功しまし た…

肝細胞癌の発生を防ぐ! ~ がん発生リスクの高い肝硬変患者への応用に期待 ~
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...
名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科学の梛野 正人 教授と落合 洋介 大学院生、同大医学部附 属病院消化器外科一の山口 淳平 助教らの研究グループは、細胞外分泌型タンパクである TFF1 (Trefoil Factor Family 1)には肝細胞癌の発生を防ぐ作用があることを明らかにしました…

副甲状腺を同定する簡便で確実かつ安価な方法を開発! ~ 甲状腺手術後の副甲状腺機能低下症の発生率低下に期待 ~
(名古屋大学)
https://www.med.nagoya-u.ac.jp...
名古屋大学医学部附属病院乳腺・内分泌外科の 菊森 豊根 講師らの研究グループは、甲状腺癌の手 術の際、偶発的に摘出された副甲状腺を同定する病理検査に代わる簡便で確実かつ安価な方法を開発 しました…

目視ではわからない顕微鏡動画を理論的に解析し結晶化現象の前兆となる分子集団挙動の可視化に成功
(東京農工大学)
http://www.tuat.ac.jp/outline/...
国立大学法人東京農工大学大学院工学研究院先端機械システム部門の花崎逸雄准教授、埼玉大学の吉川洋史教授、奈良先端科学技術大学院大学の杉山輝樹客員教授らは、溶液中で分子が結晶化する過程について、レーザーを照射して生じる力で核生成の場所を操り、その過程を捉えた顕微鏡動画を解析することにより、動画の目視ではわからない核生成前の分子群の様子を可視化することに世界で初めて成功しました…

にじみを表現できる省電力ソフトディスプレイによる芸術的表現の試み
(物質・材料研究機構)
https://www.nims.go.jp/news/pr...
NIMSは、早稲田大学、多摩美術大学と共同で、表示の維持に電力を必要とせず、形状も自由に加工できてアナログな色彩表現が可能なソフトディスプレイを開発し、その芸術的表現の試みとして、電気で紅葉する落ち葉型デバイスの開発を実現しました…

 

あわせてどうぞ

日々の暮らしシリーズ
一日の記録をまとめています。

SOHOのすすめ記事一覧 2019年
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。

2019年11月22日のコンテンツから
白菜餃子を大量に作ったった。

2019年11月21日のコンテンツから
肉吸いうまかった。

2019年11月20日のコンテンツから
冬将軍到来。

2019年11月19日のコンテンツから
こういう寒い日には豚汁に限ります。

2019年11月18日のコンテンツから
「BSGって光に安定なん?」

WordPressやめました
理由は記事の中で。

2019年11月15日のコンテンツから
「百姓貴族」新刊は22日頃発売だそうです。

2019年11月14日のコンテンツから
冬将軍到来。

2019年11月13日のコンテンツから
植物を室内に入れる作業。

2019年11月12日のコンテンツから
ジョウビタキ大発生の年か?。

 

注目の論文

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43320−43329]
Cr-Triggered Local Structural Change in Cr2Ge2Te6 Phase Change Material
(Hatayama, Shogo; Shuang, Yi; Fons, Paul; Saito, Yuta; Kolobov, Alexander V.; Kobayashi, Keisuke; Shindo, Satoshi; Ando, Daisuke; Sutou, Yuji)
Tag: PCM, VB, PE, ES, NC, PC, Sn, DOS, PS, CN, e-

有機発光ダイオード  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43425−43432]
Interfacial Engineering in Solution Processing of Silicon-Based Hybrid Multilayer for High Performance Thin Film Encapsulation
(Sun, Lina; Uemura, Kaho; Takahashi, Tatsuhiro; Yoshida, Tsukasa; Suzuri, Yoshiyuki)
Tag: おーれっど, dil., Et, Sn, UV, WVTR, deid., R2R, ぐろぼ, PHPS, VUV, OLED, curr., LE, RH, WVT, Me, e-, TF, LED, PDMS

鉄  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43480−43487]
Effective Hexagonal Boron Nitride Passivation of Few-Layered InSe and GaSe to Enhance Their Electronic and Optical Properties
(Arora, Himani; Jung, Younghun; Venanzi, Tommaso; Watanabe, Kenji; Taniguchi, Takashi; Hübner, René; Schneider, Harald; Helm, Manfred; Hone, James C.; Erbe, Artur)
Tag: Fe, B, Ga, In, Sn, HEX, Hx, BN, hBN, SC, e-

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43488−43493]
“Return to the Soil” Nanopaper Sensor Device for Hyperdense Sensor Networks
(Kasuga, Takaaki; Yagyu, Hitomi; Uetani, Kojiro; Koga, Hirotaka; Nogi, Masaya)
Tag: Sn, decomp., RH, TF

ナノ粒子  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43509−43519]
An Assembly and Interfacial Templating Route to Carbon Supercapacitors with Simultaneously Tailored Meso- and Microstructures
(Tian, Zheng; Sharma, Megha; Wade, Charles Austin; Watanabe, Masashi; Snyder, Mark A.)
Tag: aq., fac, c.d., HPC, Glu, C, EC, Sn, ret, Glc, Csp, NP, SNP, curr., Glu, Glu, EDLC, EDL, BB, Cat

エアロゲル 酸化グラフェン  
[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43533−43542]
Superelastic Multifunctional Aminosilane-Crosslinked Graphene Aerogels for High Thermal Insulation, Three-Component Separation, and Strain/Pressure-Sensing Arrays
(Zu, Guoqing; Kanamori, Kazuyoshi; Nakanishi, Kazuki; Lu, Xuanming; Yu, Kunhua; Huang, Jia; Sugimura, Hiroyuki)
Tag: rGOx, TC, NS, Ne, APTES, E, Et, Pr, Sn, CL, 998-30-1, ABS, DEMS, rGO, EOM, AG, GO, APTEOS, APS, APTS, Me, SC, OEt, SiH4

[ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 43781−43788]
Confinement-Induced Giant Spin–Orbit-Coupled Magnetic Moment of Co Nanoclusters in TiO2 Films
(Ding, Xiang; Cui, Xiangyuan; Xiao, Chi; Luo, Xi; Bao, Nina; Rusydi, Andrivo; Yu, Xiaojiang; Lu, Zunming; Du, Yonghua; Guan, Xinwei; Tseng, Li-Ting; Lee, Wai Tung; Ahmed, Sohail; Zheng, Rongkun; Liu, Tao; Wu, Tom; Ding, Jun; Suzuki, Kiyonori; Lauter, Valeria; Vinu, Ajayan; Ringer, Simon P.; Yi, Jia Bao)
Tag: PLD, MCD, SO, EDS, EDX, NC, Tc, Sn, EM, Mat, QC, ABS, QCE, XMCD, TEM, CD, e-

[ACS Macro Lett. 2019, 8, 1456−1460]
Unnatural Oligoaminosaccharides with N-1,2-Glycosidic Bonds Prepared by Cationic Ring-Opening Polymerization of 2-Oxazoline-Based Heterobicyclic Sugar Monomers
(Koda, Yuta; Terashima, Takaya; Ouchi, Makoto)
Tag: biol., lb, CROP, CT, Et, Sn, tBu, t-Bu, Bu, GlcN, MeOx, NH2, polymn., ROP, Me, tBuI, M, DP

[ACS Macro Lett. 2019, 8, 1407−1412]
Tough Double-Network Gels and Elastomers from the Nonprestretched First Network
(Nakajima, Tasuku; Ozaki, Yuhei; Namba, Ryo; Ota, Kumi; Maida, Yuki; Matsuda, Takahiro; Kurokawa, Takayuki; Gong, Jian Ping)
Tag: DN, Sn, NH2

[ACS Macro Lett. 2019, 8, 1498−1503]
Desilylation-Triggered Degradable Silylacetal Polymers Synthesized via Controlled Cationic Copolymerization of Trimethylsilyl Vinyl Ether and Cyclic Acetals
(Kato, Ryusei; Kanazawa, Arihiro; Aoshima, Sadahito)
Tag: Et, TMS, VE, polymn., Me

イオン液体  
[Analyst 2019, 144, 6858−6861]
An ionic liquid composed of purely functional sensing molecules: a colorimetrically calcium responsive ionic liquid
(Niwa, Yusuke; Mizuta, Tatsumi; Sueyoshi, Kenji; Endo, Tatsuro; Hisamoto, Hideaki)
Tag: Ca, Sn, IL

ナノ粒子  
[Analyst 2019, 144, 6928−6935]
Rapid detection of synthetic cannabinoids in herbal highs using surface-enhanced Raman scattering produced by gold nanoparticle co-aggregation in a wet system
(Segawa, Hiroki; Fukuoka, Takao; Itoh, Tamitake; Imai, Yuichi; Iwata, Yuko T.; Yamamuro, Tadashi; Kuwayama, Kenji; Tsujikawa, Kenji; Kanamori, Tatsuyuki; Inoue, Hiroyuki)
Tag: GNP, AuNP, Au, NP

固体酸化物形燃料電池  
[J. Mater. Chem. A 2019, 7, 26105−26115]
Cu–Fe–Ni nano alloy particles obtained by exsolution from Cu(Ni)Fe2O4 as active anode for SOFCs
(Kang, ByeongSu; Matsuda, Junko; Ishihara, Tatsumi)
Tag: FC, SOFC

[J. Mater. Chem. A 2019, 7, 26139−26146]
Crucial impact of reduction on the photocarrier dynamics of SrTiO3 powders studied by transient absorption spectroscopy
(Vequizo, Junie Jhon M.; Nishioka, Shunta; Hyodo, Junji; Yamazaki, Yoshihiro; Maeda, Kazuhiko; Yamakata, Akira)
Tag: e-

[Dalton Trans. 2019, 48, 17063−17069]
Creation and stabilisation of tuneable open metal sites in thiocyanato-bridged heterometallic coordination polymers to be used as heterogeneous catalysts
(Tabe, Hiroyasu; Matsushima, Masaaki; Tanaka, Rika; Yamada, Yusuke)
Tag: NH2, SC, C

[Macromol. Rapid Commun. 2019, 40, ]
Phase Transition Behaviors and Nanoscale Film Morphologies of Poly(δ‐valerolactone) Axles Bearing Movable and Fixed Rotaxane Wheels
(Ree, Brian J.; Aoki, Daisuke; Kim, Jehan; Satoh, Toshifumi; Takata, Toshikazu; Ree, Moonhor)
Tag: Lam, VL, morphol., morph.