餅つきの時季

Viewed: 21:34:19 in December 8, 2019

Posted: December 29, 2015
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

豆餅、ぷっちょみたいですね(笑)

我が家の周囲では、クリスマスが終わると正月の準備が本格的に始まります。

正月の準備の中で体を使うものの一つに、餅つきがあります。

私の実家と妻の実家へ、私と妻で手伝いに。
手伝いといっても、餅を丸めるくらいではありますが。
あ、西日本なので丸餅です。

引っ越してくるまでは、餅を丸めることなどなかったので、最初は大変でした。
熱い、丸くならない、シワシワになる、手にくっつく…などなど。

とにかく数をこなして練習し、ようやく自分でも納得できるくらいのができるようになったかなぁ、と。

数年後には、餅をちぎられるくらいになれる…のかなぁ。
修行は続きます。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] ピンサー錯体で水素移動
Irピンサー錯体といえばシクロオクタンと3,3-ジメチル-1-ブテンですよね。らいとなぁ。

[読みたい論文] ランタノイドはズルズルパンツ
Sbsk先生だったかSsi先生だったか、どなたかがおっしゃっていました。

[読みたい論文] いい使い道ないかなぁ
Tetrahedron Lett.らしいシンプルな論文。

[読みたい論文] 水素を放出する高分子
いい使い道ないもんかなぁ

[読みたい論文] 成功の鍵は極性変換
Bdanの露出度が増えたなぁ。

[読みたい論文] ホウ素混み混み
同じ炭素に3つもホウ素が導入されるとは…

[読みたい論文] 3つ目のアジド基導入はどの段階?
アジド基3つ入れてからアルキンと反応させるのか、ビストリアゾール経由などの他のルートなのか、てとこが一番気になりました。

[読みたい論文] どのくらい似てるか
どのくらい似てるのか。興味があるのはそこだけですが…。

[読みたい論文] その水素どこから来るん?
反応全体のイメージがつかめんで、目にとまりました。

[読みたい論文] テトラハロジボラン: 全部面倒見ます。
ぐるぐるぐるぐる。