[読みたい論文] ケイ素もリンもなんか変

Viewed: 22:28:13 in December 6, 2019

Posted: January 5, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

おまえらの仲の良さは異常。

[Organometallics 2015, 34 (24), 5703−5708]
Transition Metal Complexes of a “Half-Parent” Phosphasilene Adduct Representing Silylene→Phosphinidene→Metal Complexes (Hansen, Kerstin; Szilvási, Tibor; Blom, Burgert; Driess, Matthias)
Web:https://doi.org/10.1021/acs.organomet.5b00772

Graphical Abstractお借りしますね。

DMAPには窒素原子が2つあって、なぜピリジン環の方がケイ素に配位しているのかてのは、大学で習う有機化学の基礎的なとこね。

こんな異常原子価なケイ素やリンを扱えるようになったてのは、いい時代になったってもんです。

右側の錯体、ケイ素-リン結合のところが二重結合ではなく、配位結合に近いかなてことらしいですが、要旨では微妙な書き方でして。DFT計算してことからも、既知の錯体との比較でてことではないようですが、本文読んできちっと理解したほうがいいかな。

そんなわけで読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] 高機能化していく分子触媒
分子触媒だからこそできるんだろうけどね。

ドミニカコーヒーいただきました
感謝感謝です。

餅つきの時季
ぷっちょみたいですね

[読みたい論文] ピンサー錯体で水素移動
Irピンサー錯体といえばシクロオクタンと3,3-ジメチル-1-ブテンですよね。らいとなぁ。

[読みたい論文] ランタノイドはズルズルパンツ
Sbsk先生だったかSsi先生だったか、どなたかがおっしゃっていました。

[読みたい論文] いい使い道ないかなぁ
Tetrahedron Lett.らしいシンプルな論文。

[読みたい論文] 水素を放出する高分子
いい使い道ないもんかなぁ

[読みたい論文] 成功の鍵は極性変換
Bdanの露出度が増えたなぁ。

[読みたい論文] ホウ素混み混み
同じ炭素に3つもホウ素が導入されるとは…

[読みたい論文] 3つ目のアジド基導入はどの段階?
アジド基3つ入れてからアルキンと反応させるのか、ビストリアゾール経由などの他のルートなのか、てとこが一番気になりました。