[読みたい論文] 酸化も還元も結合形成も不斉も

Viewed: 14:04:00 in December 11, 2019

Posted: January 11, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

小鉢がたくさんある定食はうまい(自論)。

[Org. Lett. 2016, 18 (1), 4−7]
One-Pot Synthesis of (S)-Baclofen via Aldol Condensation of Acetaldehyde with Diphenylprolinol Silyl Ether Mediated Asymmetric Michael Reaction as a Key Step (Hayashi, Yujiro; Sakamoto, Daisuke; Okamura, Daichi)
Web:https://doi.org/10.1021/acs.orglett.5b02839

Graphical Abstractお借りしますね。

どことどこの炭素がくっつくとか、その他いろいろ、何がどうなってるのかは大体わかった。

Graphical Abstractだけ眺めて見わからんかったのは、「水素」。ニトロ基をアミノ基に還元するために使われてるんだけど、これ、金属触媒の類がいるんじゃないかなぁ、と。テキスト要旨には書いてありましたが…。

しかしまぁ、酸化剤と還元剤を混在させるとは、すごいね。

読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] 酸化剤どこ?
ぱっと見ただけじゃわからん。

博士論文公聴会でやらかしたこと
ブログ「大学教授のぶっちゃけ話」でおなじみの 城戸先生@山形大学。

グローブナス
変わった形していますが、ナスです。広島産です。

[読みたい論文] OLEDこだわるなら酸化亜鉛の形にまで気遣え
ブログ「大学教授のぶっちゃけ話」でおなじみの 城戸先生@山形大学。

[読みたい論文] 溶解力か、化学的耐性か
高分子合成の永遠のテーマ。

[読みたい論文] 働きバチが「目覚める」化学成分の変化
AFPから。

[読みたい論文] 有機ヨウ素触媒で不斉酸化
トリフルオロメタンスルホン酸に耐えるアミド結合、スゲェなぁ。

カリント食べたいっ
かりんとうじゃないよ、カリントだよ。

[読みたい論文] ケイ素もリンもなんか変
おまえらの仲の良さは異常。

[読みたい論文] 高機能化していく分子触媒
分子触媒だからこそできるんだろうけどね。