[Nanoniele] うわぽりめっちゃった(いい意味で)

Viewed: 15:18:37 in December 14, 2019

Posted: January 22, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

アクリル酸エステルなど、蒸留してる最中に瞬時に重合してしまい、悲しい気分になったものですが…。

[Macromolecules 2016, 49 (1), 71−79]
Quantitative and Ultrafast Synthesis of Well-Defined Star-Shaped Poly(p-methoxystyrene) via One-Pot Living Cationic Polymerization (Yoshizaki, Tomoya; Kanazawa, Arihiro; Kanaoka, Shokyoku; Aoshima, Sadahito)
Web:https://doi.org/10.1021/acs.macromol.5b02223

Graphical Abstractお借りしますね。


p-メトキシスチレンをリビング重合させて、その次にジビニル化合物を重合させるというお話。カチオン重合。

ジビニル化合物は複雑な重合をしてコアを形成し、ポリ(p-メトキシスチレン)は直線状なので外側にひろがる、と。

この2つの重合反応がそれぞれ0.5分以内、3分以内に終わるというから驚き。溶媒は酢酸エチル/ジクロロメタンでしょうか。

酢酸1-(イソブトキシ)エチルとEtAlCl2とSnCl4を重合に使用してるようですが、どのように使われてるのかを知るには、論文読む必要あり…

…ということで読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] エチレン挿っちゃう
Si-Si結合に、ですよね。

[読みたい論文] こすると光ります。
苦労がわかる論文。

[読みたい論文] GAは正確に。アレーンボリル化。
アブストラクトだけではわからないことがある。

[読みたい論文] 脱カルボキシル化してヘテロカルボキシル化
定番のC-C結合形成反応かと思ったが気になることあり…

[読みたい論文] アニオン違えば異なる反応
こんだけ違うとスカッとします。

[読みたい論文] 錯体配位子の水素でアシスト
ブレンステッド酸配位子を持つルテニウム錯体。

[読みたい総説] 窒素固定化・活性化
短めの総説のようです。

[読みたい論文] 酸化も還元も結合形成も不斉も
小鉢がたくさんある定食はうまい(自論)。

[読みたい論文] 酸化剤どこ?
ぱっと見ただけじゃわからん。

博士論文公聴会でやらかしたこと
ブログ「大学教授のぶっちゃけ話」でおなじみの 城戸先生@山形大学。