クモ採り

Viewed: 03:18:33 in December 13, 2019

Posted: February 24, 2014
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

我が家には時々クモが入って来ます。

入って来て特に悪さをするわけではないのですが、エサになるものはなさそうなので、見つけたら外に出すようにしています。

クモはすばしっこく、手やホウキ等ではうまく外に出すことができません。でもいい方法があるのです。妻が考えたのかどこからか見つけてきたのか、綿棒の入っていた容器、これがクモ採りに使えるのです。ふたを開け、壁にいるクモに容器をかぶせ、容器の内壁にクモが移動したのを確認して、素早くフタをする。これだけです。

この方法、クモだけでなくアリにも使えたりします。。


 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

春猫
久しぶりのポストです。

[Nanoniele] うわぽりめっちゃった(いい意味で)
アクリル酸エステルなど、蒸留してる最中に瞬時に重合してしまい、悲しい気分になったものですが…。

[読みたい論文] エチレン挿っちゃう
Si-Si結合に、ですよね。

[読みたい論文] こすると光ります。
苦労がわかる論文。

[読みたい論文] GAは正確に。アレーンボリル化。
アブストラクトだけではわからないことがある。

[読みたい論文] 脱カルボキシル化してヘテロカルボキシル化
定番のC-C結合形成反応かと思ったが気になることあり…

[読みたい論文] アニオン違えば異なる反応
こんだけ違うとスカッとします。

[読みたい論文] 錯体配位子の水素でアシスト
ブレンステッド酸配位子を持つルテニウム錯体。

[読みたい総説] 窒素固定化・活性化
短めの総説のようです。

[読みたい論文] 酸化も還元も結合形成も不斉も
小鉢がたくさんある定食はうまい(自論)。