ロマネスコ収穫しました

Viewed: 12:32:00 in December 12, 2019

Posted: February 26, 2014
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

冬の寒さが緩んだ2月中旬に、ロマネスコを収穫しました。ゆでて食べましたが、糖分をタップリ蓄えていたようで、甘かった(*´∀`)

9月に苗を植えた直後はこんな感じでした。


植えてすぐにモンシロチョウの幼虫にやられてちょっとかわいそうな姿に。モンシロチョウが毎日飛んで来ては卵を産んで行くので、暇な時間を見て、ハケで葉についた卵を除いていました。それでも除ききれなかった卵からふ化した幼虫がいるので、つまんではスズメの餌に。

やがて秋は深まり、モンシロチョウは来なくなりましたが、気温が低くなったためか苗の生長が鈍って来ました。鈍りながらも葉は数を増し、大きくなり…。そして12月になって霜が降りるようになり。んが、花芽は出て来ず。

焦りました。

でもまぁ引っこ抜いてまで植えたい作物も特にないからいいかと、ほったらかしにしていたら、見えて来ましたよ。あのロマネスコらしいあの花芽。

ここからは早かったです。2月にはこのように。


もう少し粘れば大きくなるかなぁと期待したのですが、花芽の下の茎が伸びてきたのでした。放置するとしまりのないシロモノになってしまうと思い、ここで収穫となりました。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

クモ採り
我が家には時々クモが入って来ます。

春猫
久しぶりのポストです。

[Nanoniele] うわぽりめっちゃった(いい意味で)
アクリル酸エステルなど、蒸留してる最中に瞬時に重合してしまい、悲しい気分になったものですが…。

[読みたい論文] エチレン挿っちゃう
Si-Si結合に、ですよね。

[読みたい論文] こすると光ります。
苦労がわかる論文。

[読みたい論文] GAは正確に。アレーンボリル化。
アブストラクトだけではわからないことがある。

[読みたい論文] 脱カルボキシル化してヘテロカルボキシル化
定番のC-C結合形成反応かと思ったが気になることあり…

[読みたい論文] アニオン違えば異なる反応
こんだけ違うとスカッとします。

[読みたい論文] 錯体配位子の水素でアシスト
ブレンステッド酸配位子を持つルテニウム錯体。

[読みたい総説] 窒素固定化・活性化
短めの総説のようです。