バジル育て中

Viewed: 03:18:20 in December 13, 2019

Posted: March 2, 2014
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

去年の冬にバジルが枯れてしまったので、とっておいた種を撒きました。

明け方には氷点下5℃を下回る屋外での栽培は無理なので、仕事部屋に育苗ポットを持ち込み、日中は窓際に、夜は窓から離して芽が出るのを待ちました。

育苗土入りのポットに種を撒いて一週間くらいでしょうか、黄緑色のものがパラパラと見え始め、さらに一週間すると、ちいさな双葉に。2週間後、育苗ポットでは狭くなってきたので、移植。

画像は移植1週間後のもの。移植直後は根っこもないくらい小さかったものも、小さな本葉を出すくらいに生長してます。


もう少し暖かくなり、霜が降りなくなったら、プランターに移して外で育てたいと思います。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

ロマネスコ収穫しました
ロマネスコを収穫しました。

クモ採り
我が家には時々クモが入って来ます。

春猫
久しぶりのポストです。

[Nanoniele] うわぽりめっちゃった(いい意味で)
アクリル酸エステルなど、蒸留してる最中に瞬時に重合してしまい、悲しい気分になったものですが…。

[読みたい論文] エチレン挿っちゃう
Si-Si結合に、ですよね。

[読みたい論文] こすると光ります。
苦労がわかる論文。

[読みたい論文] GAは正確に。アレーンボリル化。
アブストラクトだけではわからないことがある。

[読みたい論文] 脱カルボキシル化してヘテロカルボキシル化
定番のC-C結合形成反応かと思ったが気になることあり…

[読みたい論文] アニオン違えば異なる反応
こんだけ違うとスカッとします。

[読みたい論文] 錯体配位子の水素でアシスト
ブレンステッド酸配位子を持つルテニウム錯体。