[読みたい論文] 二段階右折)

Viewed: 05:33:36 in December 15, 2019

Posted: January 22, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

「にだんかい」とタイプしたら「二段階右折」が候補に上がったので採用。

Schwartz’s Reagent-Mediated Regiospecific Synthesis of 2,3-Disubstituted Indoles from Isatins (Ulikowski, A.; Furman, B.)
Web:https://doi.org/10.1021/acs.orglett.5b03449

Graphical Abstractお借りしますね。


アミドとケトンの反応性の違いをうまく利用したとも言える反応。One-potで反応させてるのかなぁと思ってSupporting Informationを読んでみると…

…まずRMgXを反応させて生成した化合物を単離して、青色の化合物と反応させてるんですね。官能基のところが反応しないというのも、なるほどという手法でうまく実現できてるようでして。

反応自体はあるよねぇという感はありますが、二置換インドールを合成する手法としては、いいかもしれない。

読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

ほりごたつ
購入した中古住宅の昔話です。

バジル育て中
去年の冬にバジルが枯れてしまったので、とっておいた種を撒きました。

ロマネスコ収穫しました
ロマネスコを収穫しました。

クモ採り
我が家には時々クモが入って来ます。

春猫
久しぶりのポストです。

[Nanoniele] うわぽりめっちゃった(いい意味で)
アクリル酸エステルなど、蒸留してる最中に瞬時に重合してしまい、悲しい気分になったものですが…。

[読みたい論文] エチレン挿っちゃう
Si-Si結合に、ですよね。

[読みたい論文] こすると光ります。
苦労がわかる論文。

[読みたい論文] GAは正確に。アレーンボリル化。
アブストラクトだけではわからないことがある。

[読みたい論文] 脱カルボキシル化してヘテロカルボキシル化
定番のC-C結合形成反応かと思ったが気になることあり…