[読みたい論文] マイケルさん?

Viewed: 11:05:22 in December 10, 2019

Posted: January 26, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

これは予期せぬ反応だったのではなかろうか。

[J. Am. Chem. Soc. 2016, 138 (3), 790−793]
Metal-Free CH-CH-Type Cross-Coupling of Arenes and Alkynes Directed by a Multifunctional Sulfoxide Group (Fernéndez-Salas, José A.; Eberhart, Andrew J.; Procter, David J.)
Web:https://doi.org/10.1021/jacs.5b12579

Graphical Abstractお借りしますね。


アリールスルホキシドのオルト位の炭素原子と、アルキンのプロパルギル炭素が結合。遷移金属の不在下で反応が進行するのが売りのようでして。

水素原子2つの行方が気になって、酸化剤は何かなぁとちょっと考えました。

生成物はアリールスルフィド…なるほど、スルホキシドの酸素原子も取れちゃってるのですね。結果として水も生成している、その水を取るためにトリフルオロメタンスルホン酸無水物を使う、と。そういうことなんですかね。ほうほう。

んでもって塩基の役割は?なのですが、ぱっと思いついたのは、アルキン側のプロパルギル水素を引き抜いてプロパルギルアニオンかアレニルアニオンにして、アリールスルホキシドの芳香環に付加云々てとこかなぁとイメージはしましたが…

…実際のところどうなんだろうと気になるので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

クボタ牛乳うまかった
石見〜出雲あたりへ行ってきました。

【永久保存画像】CHF/USDとCHF/JPYのチャート
当時を物語る資料として

お墨付いただきました
大丈夫!!

[とりあえず解決] YosemiteにしてiMacがフリーズしたり画面が乱れたりした
頻繁にフリーズとかハングアップとか、そんなやつが頻繁に起こるようになったのです。

カミキリムシ
ベランダの植物が成長してくると、様々な生き物がやってきます。

[読みたい論文] ぞうさん?案外いいかも。
赤色と水色と紫色のぞうさん。

[読みたい論文] 基質の沙汰もアニオン次第
陰イオンが違うと生成物が異なる、というお話。

[読みたい論文] 今度は切るのHartwig先生
どっちが切断されるのだろう。

[読みたい論文] [読みたい論文] この反応は予期せず起こりました…かな?
トリヒルオロメチル基の炭素原子とアレーンの炭素原子が結合し、フッ素原子は水素原子に置き換わっている…。

[読みたい論文] 二段階右折)
アミドとケトンの反応性の違いをうまく利用したとも言える反応。

ほりごたつ
購入した中古住宅の昔話です。