Archive|Nanoniele|MakiokaFufudo

 

[読みたい論文] ロジウム室温脱水素カップリング

Viewed: 00:57:17 in January 30, 2020

Posted: April 25, 2016
WordPressの記事をアーカイブ化したものです。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

触媒?そりゃわかる。わからんのはだな…

いやそもそもどんな反応機構なんだろかと。

[Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55 (17), 5272−5276]
Heterogeneous Rhodium-Catalyzed Aerobic Oxidative Dehydrogenative Cross-Coupling: Nonsymmetrical Biaryl Amines (Matsumoto, Kenji; Yoshida, Masahiro; Shindo, Mitsuru)
Web: https://doi.org/10.1002/anie.201600400

Graphical Abstractお借りしますね。


芳香環と芳香環の脱水素カップリング、今では良く見かける反応軍ではありますが、とうとうRh/C触媒を使うものまで報告されるようになったとは…

時代はどんどん進んでいきますね。

それはそれでいいんです。わからないのが反応機構。特によくわからないのが、ロジウムの価数がどう変化してるのか。いやホント。酸化的付加なのか親電子置換なのかとかね。

それともうひとつおや?と思ったのが、GAに描かれてるプロトン。矢印の下にあるやつね。あれの役目がわからんのんです。

あんげちゃんなので反応機構がこの論文の肝の部分ではないのかもしれませんが、確かめたい欲が抑えられないので、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] タングステンシリリン錯体
これ確かに塩基とか酸とか書いとかんとわからんわ。

[読みたい論文] ルテニウムのSi-H σ錯体
Si-H σ錯体であるとした根拠が知りたい。

[読みたい論文] アルキル基の位置はそこ?
私が知ってるdmpとはちょっと違う

[読みたい論文] 確かに脱水素カップリングではあるが
これ、アルデヒドをアミンでトラップしただけなんじゃ?

[読みたい論文] また来たよMolander
赤と青の輪っかでおなじみ

[読みたい論文] 一発アジド変換
2発、3発は無理ですか?

[読みたい論文] 昔インターエレメント、今だと元素戦略かな
割と長い研究テーマ。

[読みたい論文] 見慣れないこの化合物…
化学に触れて30年近くになるのですが…

[読みたい論文] 芳香環求核置換反応ちがうの?
芳香環上での求核置換反応は起こりにくいと思われがちだけどね。

[読みたい論文] どうしたんだOrganometallics
ホント、どうしちゃったんでしょうね。