Archive|Nanoniele|MakiokaFufudo

 

[読みたい論文] アルキル源はジシリルペルオキシド

Viewed: 04:49:19 in January 30, 2020

Posted: June 16, 2017
WordPressの記事をアーカイブ化しました。

この記事を書いた人
「牧岡ふうふ堂」オーナー。博士(工学)。
酒都圏在住。
某地方の国立系工業大学でアシスタントをしていました。 専門は有機反応・金属錯体(主に希土類)・π共役系。
twitterアカウントは@makiokafufudo(お仕事用)、@ymakioka(個人用)です。

 

このアルキルラジカルの発生方法は知らなかった。

ある意味効率がいいかもしれません。

[Chem. Commun. 2017, 53, 6484−6487]
Bis(trialkylsilyl) peroxides as alkylating agents in the copper-catalyzed selective mono-N-alkylation of primary amides (Sakamoto, Ryu; Sakurai, Shunya; Maruoka, Keiji)
Web: https://doi.org/10.1039/C7CC02910A

Graphical Abstractお借りしますね。


ジシリルペルオキシドを銅触媒で分解してアルキルラジカルを発生させ、アミドと反応させてN-アルキルアミドを得る反応らしいです。

N-アルキルアミドならアミドとアルキルハライドを塩基の存在下で反応させたらいいじゃんとなるのですが、塩基に弱いアミドだとそうはいかないですから、そういうところにこの論文の反応の売りがあるのかなあと思ったりします。

Supplementary informationを眺めると、イソプロピル基とメチル基が同じケイ素原子に結合したジシリルペルオキシドを反応させた場合にイソプロピルラジカルとメチルラジカルのどちらが優先的に発生するのかとか検討しているようですね。

反応機構ですが、ラジカルとアミドがどう反応していくのかが、要旨をを見ただけではちょっとわからないのですね。銅触媒が絡んでくるのでしょうか?

そんなわけで、読みたい論文に追加です。

 

あわせてどうぞ

アーカイブ化したWordPress記事
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。

[読みたい論文] ベンジルC-Hアリール化2連チャン
久しぶりに2連チャンを見たような気がします。

[読みたい論文] 11C-N-シアノベンズアミド合成
短期勝負です。

[読みたい論文] 二酸化炭素固定にシランを使ってGreen Chemistry
小林先生以外は日本人じゃなさそう。

[読みたい論文] 欲しいのはLo…じゃなくてCO
ええっと早見優の2曲目のシングルてなんだったけな。

[読みたい論文] Tilley先生何やってるんですか
私が学生の頃は、希土類触媒をいじってました。

[読みたい論文] Brønsted塩基触媒下でのアルキンのジホスフィン化
反応の最初のステップは何かということでしょうね。

[読みたい論文] エーテルの酸素原子をぶっこ抜きます
亜鉛か?また亜鉛なのか?

[読みたい論文] アリルアルコールのカルボキシル化。酸素原子の行方は?
生でも進むようになったのですね。

[読みたい論文] 水素残りましたヽ(´▽`)/
ポリシランを狙っていたのでしょうか。

[読みたい論文] ヨウ化物2つ入れちゃいます
TDAEてなんだ?