うちにやって来る狸たち

 

2016年12月: コトの始まり

とある日、うちの庭に置いてある、何も植わっていないプランターの土が掘られていたのを見つけました。

庭を通り抜ける猫のどいつかがトイレに使っているのではと思われたので、しばらく観察することにしたんです。

観察するとはいえ、家の中から庭をじーっと眺め続けるというわけにはいきません。時間も体力も足りないし、外を歩く人から怪しまれるでしょうからね。

そんな理由から、楽をして観察する方法を考えました。

猫はパンが好きなようです。近所の道路に転がっていたパンを猫が食べているのを見たことがあるのです。

でも、庭に来た猫にパンを与えるのはマズいですよね。

そこで、猫がパンを食べることができないように、何かの容器に入れておけばと考えました。猫がパンを食べたくて容器に触れるでしょうから、容器が倒れた時に音がするようにしておけば、音がした時だけ観察すればいい、そんなふうに考えました

作ったのはこれです。

 

 

ad

あわせてどうぞ

うちにやって来る猫たち - 朝青龍
朝青龍の名にふさわしい顔つきと貫禄。

かわいくもアホなハムスター
少なくとも15分、休みなくやってました。ガリガリ、ぐるぐる。