0.8 beta
38k Abbreviations for chemists .
Our website provides description, links to Wikipedia and official website, ChemDraw files, and 3D molecular structure files for .


[Our weblog] Nanoniele
Central Banks
RBA
Reserve Bank of Australia

BOE
Bank of England

Reserve Bank of New Zealand

ECB
European Central Bank

BOJ
Bank of Japan

-----

BOC
Bank of Canada

BOC
Bank of Canada

SNB
Swiss National Bank


List of categolized abbreviations.
IOC Country Codes (XXX): GBR, JPN, USA, ...
Name Reactions: Sonogashira, Dickmann, Wittig, ...
Amino Acids (X): G, A, L, ...
Amino Acids (Xxx): Gly, Ala, Leu, ...
Analyses: GC, NMR, AFM, ...
Common Solvents: DMF, THF, DME, ...
Major Journals for Chemists: JACS, JOC, EUOJ, ...
Phosphines: dppe, BINAP, Xantphos, ...
Cations: BMIM, TBA, MTOA, …
Anions: TTA, Cp, btc, …
Organic Groups: Me, Ph, Mes, ...
Protecting Groups: Bn, Fmoc, TBDMS, ...
Silane Coupling Agents: TEOS, APTES, VTMOS, ...

Today

初期化因子の驚きの進化を解明 −リプログラミング研究に新たな視点を与える−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190913_3/
理化学研究所(理研)生命医科学研究センター応用ゲノム解析技術研究チームの安岡有理研究員、八木研客員主管研究員、岡?ア康司チームリーダーらの共同研究チーム※は、細胞の初期化(リプログラミング)[1]に働く「GLIS1遺伝子[2]」が脊椎動物の多様化と繁栄をもたらした全ゲノム重複[3]によって生み出されたものであることを発見しました…

触媒反応におけるデータ駆動型分子設計に成功 −AIによる触媒反応の開発自動化・効率化に向けて−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190913_4/
理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター触媒・融合研究グループの山口滋基礎科学特別研究員と袖岡幹子グループディレクター(開拓研究本部袖岡有機合成化学研究室主任研究員)の研究チームは、有機合成の「不斉触媒反応[1]」において、不斉収率[2]決定段階の反応中間体の構造を用いてデータ解析を行い、不斉収率が向上する分子設計に成功しました…

研究成果展開事業 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA) 令和元年度新規研究領域・共創コンソーシアムの決定について
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/info/info1391/index.html
JST(理事長?M口道成)は、研究成果展開事業研究成果展開事業産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)における令和元年度の新規研究領域・共創コンソーシアム計4件を決定しました(別紙1)…

スピントロニクスの方法を活用し スピン液晶状態の特徴を初めて解明
(茨城大学)
https://www.ibaraki.ac.jp/news/2019/09/13010519.html
分子科学研究所の廣部大地助教(研究当時は東北大学金属材料研究所所属)、茨城大学大学院の佐藤正寛准教授、高エネルギー加速器研究機構の萩原雅人助教、東京大学大学院総合文化研究科の塩見雄毅准教授(研究当時は東北大学金属材料研究所助教)、東京大学物性研究所の益田隆嗣准教授、東京大学大学院工学系研究科の齊藤英治教授(研究当時は東北大学原子分子材料科学高等研究機構・金属材料研究所教授)は、スピントロニクス分野のスピン流による熱電効果を活用し、輸送測定でスピンネマティック(スピン液晶)磁性体に特有のマグノン分子の兆候を検出することに初めて成功しました…

タイで電気・電子機器廃棄物のリサイクル実証事業を開始へ ―アジア諸国でのリサイクルモデル確立を目指す―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101197.html
NEDOは、本日、タイ工業省工場局(DIW)と電気・電子機器廃棄物(WEEE)リサイクルの実証事業を実施することに合意し、基本協定書(MOU)を締結しました…

スマートフォンで撮影された将棋局面をAIが認識
(東京農工大学)
http://www.tuat.ac.jp/outline/disclosure/pressrelease/2019/20190913_01.html
国立大学法人東京農工大学大学院工学府(中川研究室)の博士前期課程2年佐藤旭と博士前期課程1年森住啓は、将棋盤面と持ち駒をスマートフォンで撮影してWebサーバに送信すると、AI(人工知能)が即座に認識して局面データとして変換するWebアプリを開発し、公開しました…

銅に色素を塗るだけでスピン変換機能を発現
(東京大学)
http://www.issp.u-tokyo.ac.jp/maincontents/news2.html?pid=8616
東京大学物性研究所の一色弘成助教、三輪真嗣准教授(大阪大学大学院基礎工学研究科招へい准教授兼任)、大谷義近教授(理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダーを兼任)、理化学研究所の近藤浩太上級研究員らの研究グループは、東京大学大学院工学系研究科、同大学院新領域創成科学研究科、大阪大学および金沢大学のグループと共同で、青や緑の顔料で有名な色素分子フタロシアニン(注1)を金属銅の表面に塗るだけで、スピン流(注2)を電流に変換する機能が発現することを実証しました…

研究費不正使用に係る調査結果について
(東京大学)
https://www.u-tokyo.ac.jp/content/400122787.pdf

スピントロニクスの方法を活用しスピン液晶状態の特徴を初めて解明 スピントロニクスと量子磁性の融合領域の創生に道
(分子科学研究所)
https://www.ims.ac.jp/news/2019/09/13_4414.html
分子科学研究所の廣部大地助教(研究当時は東北大学金属材料研究所所属)、茨城大学大学院の佐藤正寛准教授、高エネルギー加速器研究機構の萩原雅人助教、東京大学大学院総合文化研究科の塩見雄毅准教授(研究当時は東北大学金属材料研究所助教)、東京大学物性研究所の益田隆嗣准教授、東京大学大学院工学系研究科の齊藤英治教授(研究当時は東北大学原子分子材料科学高等研究機構・金属材料研究所教授)は、スピントロニクス分野のスピン流による熱電効果を活用し、輸送測定でスピンネマティック(スピン液晶)磁性体に特有のマグノン分子の兆候を検出することに初めて成功しました…

高性能かつ量産可能・実用化レベルの高温ガス炉用燃料を開発 ―小型モジュール高温ガス炉技術の鍵で世界を牽引―
(日本原子力研究開発機構)
https://www.jaea.go.jp/02/press2019/p19091301/
国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(理事長:児玉敏雄、以下「原子力機構」という…

病害寄生雑草ストライガの全ゲノム解読に成功 −アフリカを襲う農業被害の撲滅に光−
(奈良先端科学技術大学院大学)
http://www.naist.jp/pressrelease/2019/09/006157.html
理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター植物免疫研究グループの白須賢グループディレクター、奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科バイオサイエンス領域植物共生学研究室の吉田聡子特任准教授らの国際共同研究グループ※は、アフリカを襲う病害寄生雑草であるストライガ(Striga)の全ゲノム解読に成功しました…

5歳児30人から唾液採取 渡部教授にイグ・ノーベル
(日本経済新聞)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49770270T10C19A9CR0000/

ヤフー、ZOZOを4000億円で買収 ネット通販強化
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530962

社説】本格普及期へ向かうミリ波レーダー
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/【社説】本格普及期へ向かうミリ波レーダー/

東ソー CO2削減、前倒し達成へ 13年度比6%目標
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/東ソー%E3%80%80co2削減、前倒し達成へ%E3%80%8013年度比/

欧州中銀、3年半ぶり利下げ、量的緩和再開
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/3-37.html

単一のモノマーを
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-951e31.html

自然界で最小の励起エネルギーをもつ原子核状態の人工的生成に成功 −超精密「原子核時計」実現に大きく前進−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190912_2.html
瀬戸誠複合原子力科学研究所教授、北尾真司同准教授、吉村浩司岡山大学教授らの研究グループは、産業技術総合研究所、理化学研究所、大阪大学、東北大学、ウィーン工科大学、高輝度光科学研究センターと共同で、トリウム229を用いて世界で初めてアイソマー状態を人工的に生成することに成功しました…

病害寄生雑草ストライガの全ゲノム解読に成功 −アフリカを襲う農業被害の撲滅に光−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190913_1/
理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター植物免疫研究グループの白須賢グループディレクター、奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究科バイオサイエンス領域植物共生学研究室の吉田聡子特任准教授らの国際共同研究グループ※は、アフリカを襲う病害寄生雑草であるストライガ(Striga)の全ゲノム解読に成功しました…

銅に色素を塗るだけでスピン変換機能を発現
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190913_2/
東京大学物性研究所の一色弘成助教、三輪真嗣准教授(大阪大学大学院基礎工学研究科招へい准教授兼任)、大谷義近教授(理化学研究所創発物性科学研究センターチームリーダーを兼任)、理化学研究所の近藤浩太上級研究員らの研究グループは、東京大学大学院工学系研究科、同大学院新領域創成科学研究科、大阪大学および金沢大学のグループと共同で、青や緑の顔料で有名な色素分子フタロシアニンを金属銅の表面に塗るだけで、スピン流を電流に変換する機能が発現することを実証しました…

日通、日本発厦門経由欧州向けSEA & RAIL複合輸送サービスを開始
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/sea-rail.html

2019/09/12

国内最大規模の産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2019」に出展
(岡山大学)
https://www.okayama-u.ac.jp/tp/news/news_id8742.html
センサー・ロボットの活用による医療介護現場の負担軽減を目的とした IoT高齢者見守りの実現に向けたトライアル(産学官連携) -高齢者の“ゆるやかな見守り”による安心な住まいの実現へ-
(九州工業大学)
https://www.kyutech.ac.jp/whats-new/press/entry-6835.html
有楽町マルイにて「AIタッチラリー」実証実験を実施 ―店舗内の回遊行動と“体験した瞬間”の感情の履歴を捉え、新たな分析を実現―
(NEDO)
https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_101195.html
メタボリックシンドロームの予防対策に期待! ~ 砂糖の取り過ぎは肝臓脂質の代謝リズムの異常によって 中性脂肪をためやすくすることを解明 ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20190912_agr1.pdf
エチレン 弱含み推移
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/繧ィ繝√Ξ繝ウ%E3%80%80蠑ア蜷ォ縺ソ謗ィ遘サ/
有楽町マルイにて「AIタッチラリー」実証実験を実施 −店舗内の回遊行動と“体験した瞬間”の感情の履歴を捉え、新たな分析を実現−
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/news/pr20190912_2.html
英議会閉鎖は違法、スコットランド裁判所
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/post-2275.html
細胞核の動的変形が核構造の再編成を引き起こすことを世界で初めて発見 〜夜行性の桿体細胞の核内構造は細胞核の動的変形によって昼行性型の核内構造から導かれる〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190912/index.html
自然界で最小の励起エネルギーをもつ原子核状態の人工的生成に成功 −超精密「原子核時計」実現に大きく前進−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190912_1/
自然界で最小の励起エネルギーをもつ原子核状態の人工的生成に成功 −超精密「原子核時計」実現に大きく前進−
(産業技術総合研究所)
https://www.aist.go.jp/aist_j/press_release/pr2019/pr20190912/pr20190912.html
テラヘルツ光と高輝度放射光で見るファンデルワールス力 ―環境感受性を持つ生体適合性材料のデザインに新たな機軸を提供―
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/09/press20190910-02-tera.html
「給餌フェロモン」を発見 −シデムシの母親は匂いで子の餌乞いを操る−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190912_1.html
水素化ナトリウムは
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-42499d.html
WTO上級委、 日本製バルブの関税で韓国への是正勧告支持
(化学業界の話題)
http://blog.knak.jp/2019/09/wto-10.html
並列計算を活用した実時間最適制御の高速アルゴリズムを開発
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190830_1.html

2019/09/11

ウミヘビ類のゲノム解読に成功 −海洋環境への適応進化の分子的基盤を探る−
(理化学研究所)
http://www.riken.jp/pr/press/2019/20190911_1/
ウミヘビ類のゲノム解読に成功 −海洋環境への適応進化の分子的基盤を探る−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190911_1.html
地球温暖化は高山植物群落の開花シーズンを短縮する〜市民ボランティアにより明らかにされた温暖化影響予測〜
(北海道大学)
https://www.hokudai.ac.jp/news/2019/09/post-563.html
小脳炎症時の神経活動の過興奮によって鬱様症状が起こる仕組みを解明
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190911_2.html
細胞老化による発がん抑制作用を個体レベルで解明 −細胞老化の仕組みを利用した新たながん治療法開発に向けて−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190905_2.html
早大・凸版印刷 バーチャルリアリティ(VR)表現の有効性を検証
(早稲田大学)
https://www.waseda.jp/top/news/66263
出産1ヶ月後の産後うつが 出産1年後の対児愛着を予測する (エコチル調査より)
(富山大学)
https://www.u-toyama.ac.jp/outline/publicity/pdf/2019/20190911.pdf
令和2年度の学部・研究科改組 (組織改編) が決定
(愛媛大学)
https://www.ehime-u.ac.jp/data_relese/data_relese-102534/
ハリセンボンをヒントに耐久性に優れた超撥水材料を開発 ~高い耐摩耗性・変形耐性を実現、構造材料への適応に期待~
(物質・材料研究機構)
https://www.nims.go.jp/news/press/2019/09/201909100.html
花作りのスイッチを入れる遺伝子の新たな機能を発見 ~ 花は咲かせずとも緑藻の光防御を制御する ~
(名古屋大学)
http://www.nagoya-u.ac.jp/about-nu/public-relations/researchinfo/upload_images/20190910_gene1.pdf
スケーリーフットが身にまとう硫化鉄の生成機構を解明
(東京大学)
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/research/news/2019/20190910.html
重力波望遠鏡を利用して暗黒物質の正体に迫る新手法を考案
(東京大学)
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6539/
旭化成 新マテリアル領域へ(1)組織変革で狙う化学反応
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530517
2020概算要求/環境省、再生エネの主力化推進
(日刊工業新聞)
https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00530598
経産省 カーボンリサイクル技術開発 2大クラスター整備へ
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/邨檎肇逵?%E3%80%80繧ォ繝シ繝懊Φ繝ェ繧オ繧、繧ッ繝ォ謚?陦馴幕逋コ%E3%80%80?シ貞、ァ繧ッ繝ゥ/
三井化学 香り保つ鮮度保持フィルム
(化学工業日報)
https://www.chemicaldaily.co.jp/荳我コ募喧蟄ヲ%E3%80%80鬥吶j菫昴▽魄ョ蠎ヲ菫晄戟繝輔ぅ繝ォ繝?/
指定難病IgG4関連疾患とHLA-DRB1、FRGR2B遺伝子との関連を解明 −疾患の感受性遺伝子を網羅的に探索−
(京都大学)
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190806_3.html
2019年度「東工大挑戦的研究賞」授賞式−独創性豊かな若手研究者10名を表彰−
(東京工業大学)
https://www.titech.ac.jp/news/2019/045092.html
半導体原子シートの新たな合成機構を解明 〜次世代フレキシブル光電子デバイス実現に期待〜
(東北大学)
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2019/09/press20190911-01-atom.html
半導体原子シートの新たな合成機構を解明 〜次世代フレキシブル光電子デバイス実現に期待〜
(JST)
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20190910/index.html
炭素同素体の一つ
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-ba20d5.html
工業的に
(村井君のブログ)
http://murai-kun.cocolog-nifty.com/blog/2019/09/post-98852e.html


(c) MakiokaFufudo, 2003-. All .png, .cdx, .cdxml, .inp, and .mol files are downloadable and freely usable.
Privacy policy and technical information (Nihongo)

Newly added
(1) EANN
(2) IRM
(3) CQW
(4) APAO
(5) MFA
(6) PRTP
(7) BTLE
(8) SCV
(9) LTFS