科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
2-(dimethylamino)ethyl methacrylate (DMAEMA)
 
 

(1) Nano-Hydroxyapatite Particle Brushes via Direct Initiator Tethering and Surface-Initiated Atom Transfer Radical Polymerization for Dual Responsive Pickering Emulsion (Langmuir 2020, 36, 1192−1200; 10.1021/acs.langmuir.9b02790) aq., NP, P, SI, Et, R, Sn, In, HAP, HA, DMAEMA

(2) β-Cyclodextrin-based star polymers for membrane surface functionalization: Covalent grafting via “click” chemistry and enhancement of ultrafiltration properties (J. Membr. Sci. 2020, 596, 117610−; https://doi.org/10.1016/j.memsci.2019.117610) pht, CD, PD, oz., MWCO, UF, PETE, Et, PET, R, Sn, In, 57-13-6, DMAEMA

(3) Simultaneous zwitterionization and selective swelling-induced pore generation of block copolymers for antifouling ultrafiltration membranes (J. Membr. Sci. 2020, 599, 117833−; https://doi.org/10.1016/j.memsci.2020.117833) St, Et, Sn, CH3CH2OH, PSt, DMAEMA

(4) Reversibly Cross-Linking Polymer Brushes Using Interchain Disulfide Bonds (Macromolecules 2020, 53, 731−740; 10.1021/acs.macromol.9b02199) HP, TCEP, TECP, SI, oz., QCMB, QCM, QCM-D, Cu, OAc, A, Et, R, Pr, Sn, CL, DMAEMA

(5) Synthesis of site-specific charged metallopolymers via reversible addition-fragmentation chain transfer (RAFT) polymerization (Polymer 2020, 187, 122095−; https://doi.org/10.1016/j.polymer.2019.122095) CTA, det., St, Et, EC, Co, DMAEMA

 
 
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
February 17, 2020
ステーキハウス但馬でステーキランチをいただきました。
February 17, 2020
デヒドロヒドロアリール化?。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1124−1129.
February 14, 2020
大根を食い尽くす。
February 14, 2020
タイトルそのまんまです。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (8), 3147−3150.
February 13, 2020
所用で「都心」へ。
February 13, 2020
アリルベンゼン。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (8), 3063−3068.
February 12, 2020
ハラミステーキをいただきました。
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
December 5, 2019
溶媒要らず、エピマー化なし。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (48), 18926−18926.
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
April 1, 2016
ホルマリンかパラホルムアルデヒドか
June 28, 2017
AIGというと、一般的にはアメリカン・インターナショナル・グループ。
May 7, 2018
何の変哲も無いH3O+イオンの構造最適化です。
April 17, 2019
第4周期の遷移金属触媒で初。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (14), 2298−2301.
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
May 12, 2016
時代はどんどん進んでいきますね
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
(c) Nanoniele, 2003-