お知らせ: 現在データベースの再構築を行なっています。検索結果が出ないことがあります。

科学略号の検索サイト「なのに〜る」

December 6, 2019
ハンバーグお試しの日。
December 6, 2019
とっちが先でどっちが後か。
Chem. Commun. 2019, 55 (98), 14753−14756.
December 5, 2019
大和ミュージアムに行ってきました。
December 5, 2019
溶媒要らず、エピマー化なし。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (48), 18926−18926.
March 4, 2019
還元剤はこれ。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (8), 3664−3669.
April 13, 2015
石見〜出雲あたりへ行ってきました。
April 5, 2019
機械的な力の効果をどう見積もりか、ですね。
Chem. Eur. J. 2019, 25 (18), 4654−4659.
August 5, 2016
某テレビで見かけたのでこの記事を思い出して計算しました。
November 27, 2019
反応経路の途中の分かれ道。
Org. Lett. 2019, 21 (22), 9153−9157.
December 2, 2019
エブリカ使い始めました。
March 27, 2019
フェニルアセトニトリルとベンズアルデヒド?
Org. Lett. 2019, 21 (6), 1730−1734.
December 3, 2019
炭素−硫黄結合切断シリーズ。
Org. Lett. 2019, 21 (22), 8987−8991.
April 3, 2019
フラストレイティド・ルイスペアの日本語訳が欲しい。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (15), 5114−5118.
March 17, 2014
忘れないように書き残しました。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
December 23, 2015
確かに、acac系ユウロピウム錯体は酸に弱い。
December 2, 2015
ジアステレオマー比。
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します。
お仕事関係の記事のリストです(2019年)。
お仕事関係の記事のリストです(2018年)。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
December 27, 2018
2017年のデータと比較しました。
March 11, 2016
分子ではないですよ。
April 19, 2018
広島でちょっと有名なあれです。
November 15, 2019
「百姓貴族」新刊は22日頃発売だそうです。
November 18, 2019
「BSGって光に安定なん?」
November 19, 2019
こういう寒い日には豚汁に限ります。
November 21, 2019
肉吸いうまかった。
November 22, 2019
カチオン錯体とするところが鍵なのでしょうか。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (48), 17251−17254.
November 13, 2019
植物を室内に入れる作業。
(c) Nanoniele, 2003-