科学略号の検索サイト「なのに〜る」

January 24, 2020
四国までドライブしてきました。
January 24, 2020
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
January 23, 2020
雨降り2日目。
January 23, 2020
Michael反応て3成分カップリングの典型例ですよね。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
July 22, 2019
アニオンもカチオンもでっかい。
J. Am. Chem. Soc. 2019, 141 (28), 11000−11003.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
May 17, 2019
ボロン酸を以ってボロン酸エステルを制す。
Org. Lett. 2019, 21 (9), 3048−3052.
July 30, 2019
C−H結合活性化。ラジカル的ではなさそう。
Chem. Lett. 2019, 48 (8), 898−901.
July 24, 2019
反応の「もう一つの」美しさ。
Chem. Commun. 2019, 55 (59), 8635−8638.
February 25, 2019
ACS発行の有機化学系速報誌について調べました。
February 20, 2019
ホスフィンとピナコールボランから。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (9), 2850−2853.
November 30, 2015
三重項-三重項消滅。
December 5, 2015
オトナの私には甘くて甘くてどうしたものかと思っていたのですが
July 1, 2015
EWG関連の研究は、有機化学の分野で活発に行われています。
December 16, 2015
TriBOTを使用した、と。
December 22, 2015
カルベン錯体なのかアルキリデン錯体なのか、ようわからんね。
December 24, 2015
反応全体のイメージがつかめんで、目にとまりました。
December 24, 2015
どのくらい似てるのか。興味があるのはそこだけですが…。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
December 6, 2019
ハンバーグお試しの日。
December 11, 2019
なんでまた大量に使う
Org. Lett. 2019, 21 (23), 9759−9762.
December 10, 2019
再現性を確認した日。
December 9, 2019
バッテリがヘタる理由がなんとなくわかった日。
(c) Nanoniele, 2003-