科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
clathrin-mediated endocytosis (CME)
 

(1) Multifunctional carboxymethyl chitosan derivatives-layered double hydroxide hybrid nanocomposites for efficient drug delivery to the posterior segment of the eye (Acta Biomater. 2020, 104, 104−114; https://doi.org/10.1016/j.actbio.2020.01.008) FTIC, FITC, SCN, CME

(2) Bioorthogonal Metabolic Labeling Utilizing Protein Biosynthesis for Dynamic Visualization of Nonenveloped Enterovirus 71 Infection (ACS Appl. Mater. Interfaces 2020, 12, 3363−3370; 10.1021/acsami.9b17412) Thi, LE, CME

(3) Dual-Functionalized Janus Mesoporous Silica Nanoparticles with Active Targeting and Charge Reversal for Synergistic Tumor-Targeting Therapy (ACS Appl. Mater. Interfaces 2019, 11, 44582−44592; 10.1021/acsami.9b15434) HA, Fe, CME

(4) Riboflavin-Terminated, Multivalent Quantum Dot as Fluorescent Cell Imaging Probe (Langmuir 2019, 35, 11380−11388; 10.1021/acs.langmuir.9b01168) RF, CME, NP, QD

(5) Development of Liposomal Gemcitabine with High Drug Loading Capacity (Mol. Pharmaceutics 2019, 16, 2858−2871; 10.1021/acs.molpharmaceut.8b01284) DO, HCC, Doxo, DOX, TM, DLC, GMC, HCC

 
 
 
chemical master equation (CME)
 

(1) Stochastic Kinetics and Equilibrium of Nanoconfined Reactions (J. Phys. Chem. C 2019, 123, 24949−24956; 10.1021/acs.jpcc.9b07267) ALGM, MC, CME, KE, DMC

(2) Bayesian Estimation for Stochastic Gene Expression Using Multifidelity Models (J. Phys. Chem. B 2019, 123, 2217−2234; 10.1021/acs.jpcb.8b10946) ALGM, CME

(3) Theoretical Study on the Dynamics and Kinetics of the Reaction of CH2OH with OH (J. Phys. Chem. A 2018, 122, 9761−9777; 10.1021/acs.jpca.8b09621) VdW, PES, H, CME

(4) Does Ionic Screening Lower Activation Barriers for Conformational Transitions in Proteins? (J. Phys. Chem. B 2018, 122, 11817−11826; 10.1021/acs.jpcb.8b07525) SF, HEWL, FL, Lysd, Lyso, LSZ, GlcNAc, CME, IS, HEW

(5) Single-Molecule Kinetics of an Enzyme in the Presence of Multiple Substrates (ChemBioChem 2018, 19, 842−850; 10.1002/cbic.201700695) Cat, SM, CME, RLS

 
 
 
classical master equation (CME)
 
 
 
 
chemically modified electrode (CME)
 
 
 
 
conjugated macroelectrolyte (CME)
 
 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
November 29, 2019
iPhoneのポイントカードアプリが増える増える。
January 27, 2016
最近は少し「ふつう」になりました。
May 12, 2016
時代はどんどん進んでいきますね
October 28, 2019
可視光照射下での[4+2]環化付加。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (44), 15762−15766.
April 25, 2019
まとめました。
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
December 25, 2019
チキンレッグを温める。
June 23, 2017
ケイ素-炭素結合て、案外切れやすいんですよね。
January 23, 2016
シンプルな水素還元てのもいいですね。
September 8, 2017
カルボニル化合物としてアセトン、ルイス酸として3フッ化ホウ素をピックアップ。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
(c) Nanoniele, 2003-