科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
diisobutylaluminum hydride (DIBAL-H)
 

(1) Stereoselective Alkyne Hydrogenation by using a Simple Iron Catalyst (ChemSusChem 2019, 12, 3864−3870; 10.1002/cssc.201900926) acac, Fe, DIBAL, DIBAL-H, C

(2) Preparation of Ni(cod)2 Using Light as the Source of Energy (Organometallics 2019, 38, 1413−1416; 10.1021/acs.organomet.9b00057) DIBAL, DIBAL-H, R, PrOH, vic, cod

(3) 1-Alkyl-3-alkylindolin-2-imine hydrochlorides as useful building blocks in the copper-catalyzed synthesis of polycyclic indoline scaffolds (RSC Adv. 2019, 9, 8369−8372; 10.1039/C9RA00995G) DIBAL, DIBAL-H, Cu, Alk, BB, C

(4) Copper-Catalyzed Propargylic Reduction with Diisobutylaluminum Hydride (Org. Lett. 2018, 20, 5478−5481; 10.1021/acs.orglett.8b02413) DIBAL, DIBAL-H, Cu, Het, C3H4

(5) Amide-Directed Ru-Catalyzed Hydrodemethoxylation of ortho-Methoxy-Benzamides and -Naphthamides: A DoM Reaction Counterpart (Org. Lett. 2018, 20, 2826−2830; 10.1021/acs.orglett.8b00755) DIBAL, DIBAL-H, Ru, Ru-catalyzed, BzNH2, TESH, BA

 
 
 
diisobutylaluminum hydride (DIBALH)
 
 
 
 
()
 

(1) Salting Up of Proteins at the Air/Water Interface (Langmuir 2019, 35, 13815−13820; 10.1021/acs.langmuir.9b01901) SA, AWI, BSA, SFG

(2) Modulating the electron transport energy levels of protein by doping with foreign molecule (J. Electroanal. Chem. 2019, 851, 113472−; https://doi.org/10.1016/j.jelechem.2019.113472) CB, VB, FL, SS, SA, EL, e-, BSA

(3) Elucidating Proton-Coupled Electron Transfer Mechanisms of Metal Hydrides with Free Energy- and Pressure-Dependent Kinetics (J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 17245−17259; 10.1021/jacs.9b08189) ACN, AN, ANT, MeCN, ET, TS, Pyr, W, FC, e-, C, KIE, PCET

(4) Reduced Exchange Interactions in Magnetic Tunnel Junction Free Layers with Insertion Layers (ACS Appl. Electron. Mater. 2019, 1, 2025−2029; 10.1021/acsaelm.9b00381) RAM, ML, MTJ, PMA

(5) Photocharge Trapping in Two-Sheet Reduced Graphene Oxide–Ti0.87O2 Heterostructures and Their Photoreduction and Photomemory Applications (ACS Appl. Nano Mater. 2019, 2, 6378−6386; 10.1021/acsanm.9b01348) rGOx, tr, NS, ES, ret, TNS, rGO, RT, GO, SCD, e-, CD

 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
November 29, 2019
iPhoneのポイントカードアプリが増える増える。
October 28, 2019
可視光照射下での[4+2]環化付加。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (44), 15762−15766.
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
January 24, 2020
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
June 15, 2016
アセトフェノンのヒドロシリル化、前からあったような。
May 29, 2016
あくまでもネタとしてお読みください。
February 17, 2016
タイトル、ある程度歳いった広島の人間にしかわからないと思う。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 4, 2019
掛け算の「順序」とするからややこしくなる。
February 6, 2020
雪が舞う一日。
August 27, 2019
先住民は追い出されたわけではなかったが同化した。
Org. Lett. 2019, 21 (16), 6235−6240.
April 15, 2019
コバルト触媒下でのC−C結合形成反応です。
Org. Lett. 2019, 21 (7), 2285−2289.
October 17, 2019
豚汁の材料を集める日。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
(c) Nanoniele, 2003-