科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
nickel (Ni)
 

(1) Highly Selective Fluorescent Sensing of Phosphite through Recovery of Poisoned Nickel Oxide Nanozyme (Anal. Chem. 2020, 92, 3118−3124; 10.1021/acs.analchem.9b04736) As, lb, lp, Ni

(2) Structural Disorder in Intermetallic Boride Pr21M16Te6B30 (M = Mn, Fe): A Transition Metal Cluster and Its Evil Twin (Inorg. Chem. 2020, 59, 2484−2494; 10.1021/acs.inorgchem.9b03358) HAADF, SAED, AF, Pr, lb, ED, Fe, Te, B, Ni

(3) MOF-derived Ni3S4 Encapsulated in 3D Conductive Network for High-Performance Supercapacitor (Inorg. Chem. 2020, 59, 2406−2412; 10.1021/acs.inorgchem.9b03263) NT, CE, lb, Ni

(4) The (Dioximate)NiII/I2 System: Ligand Oxidation and Binding Modes of Triiodide Species (Inorg. Chem. 2020, 59, 2316−2327; 10.1021/acs.inorgchem.9b03132) Ni

(5) Facet-Independent Oxygen Evolution Activity of Pure β-NiOOH: Different Chemistries Leading to Similar Overpotentials (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3600−3612; 10.1021/jacs.9b13708) Ni

 
 
 
naphthalimide (NI)
 

(1) Aromatic Nanosandwich Obtained by σ-Dimerization of a Nanographenoid π-Radical (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3626−3635; 10.1021/jacs.9b13942) TD, [6]circulene, COR, NI

(2) Functionalized Naphthalimide-4-aminoquinoline Conjugates as Promising Antiplasmodials, with Mechanistic Insights (ACS Med. Chem. Lett. 2020, 11, 154−161; 10.1021/acsmedchemlett.9b00521) lb, NI

(3) Synthesis of Highly Twisted, Nonplanar Aromatic Macrocycles Enabled by an Axially Chiral 4,5-Diphenylphenanthrene Building Block (J. Am. Chem. Soc. 2020, 142, 3246−3253; 10.1021/jacs.9b13549) det., PhA, TPE, NI

(4) Cyclic Dipeptide-Guided Aggregation-Induced Emission of Naphthalimide and Its Application for the Detection of Phenolic Drugs (J. Org. Chem. 2020, 85, 1525−1536; 10.1021/acs.joc.9b02580) aq., DO, Doxo, DOX, PhA, NI

(5) Pyridine-hydrazone-controlled cyanide detection in aqueous media and solid-state: tuning the excited-state intramolecular proton transfer (ESIPT) fluorescence modulated by intramolecular NH⋯Br hydrogen bonding (Analyst 2020, 145, 1062−1068; 10.1039/C9AN01762C) aq., Fe, CN, NI

 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
H4OやH14などの分子構造をむりくり計算しました。信じるも信じないもあなた次第。
August 26, 2019
アレンと鉛ヒドリドの反応。
Chem. Commun. 2019, 55 (69), 10238−10240.
November 29, 2019
iPhoneのポイントカードアプリが増える増える。
October 28, 2019
可視光照射下での[4+2]環化付加。
Angew Chem. Int. Ed. 2019, 58 (44), 15762−15766.
December 4, 2019
掛け算の「順序」とするからややこしくなる。
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
January 24, 2020
シリルピナコールボランに嫉妬。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (4), 1455−1459.
June 15, 2016
アセトフェノンのヒドロシリル化、前からあったような。
May 29, 2016
あくまでもネタとしてお読みください。
February 17, 2016
タイトル、ある程度歳いった広島の人間にしかわからないと思う。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
January 16, 2020
ホッケを背負ってサイクリング。
November 22, 2019
白菜餃子を大量に作ったった。
February 3, 2020
1molが1.7kg。
Organometallics 2020, 39 (2), 235−238.
February 6, 2020
雪が舞う一日。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
March 11, 2016
分子ではないですよ。
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
(c) Nanoniele, 2003-