科学略号の検索サイト「なのに〜る」

 
tricyclohexylphosphine (PCy3)
 

(1) Dehydroalkylative Activation of CNN- and PNN-Pincer Ruthenium Catalysts for Ester Hydrogenation (J. Am. Chem. Soc. 2019, 141, 17404−17413; 10.1021/jacs.9b09326) Ru, H, PCy3, NH2, FG, C2H6, C3H8, C, Cat

(2) Ruthenium(II)-Catalyzed Oxidative Double C–H Activation and Annulation Reaction: Synthesis of Indolo[2,1-a]isoquinolines (Org. Lett. 2019, 21, 7878−7882; 10.1021/acs.orglett.9b02871) TFB, PCy3, BA, Ar

(3) Unexpected CNN-to-CC Ligand Rearrangement in Pincer–Ruthenium Precatalysts Leads to a Base-Free Catalyst for Ester Hydrogenation (Organometallics 2019, 38, 3311−3321; 10.1021/acs.organomet.9b00373) Na, PCy3, PPh3, TPP, 865-48-5, C, DFT, Cat

(4) Balancing Bulkiness in Gold(I) Phosphino‐triazole Catalysis (Eur. J. Org. Chem. 2019, 2019, 5540−5548; 10.1002/ejoc.201900850) PCy3, PPh3, TPP, TAZ, C, P

(5) DFT studies on mechanistic origins of ligand-controlled selectivity in Pd-catalyzed non-decarbonylative and decarbonylative reductive conversion of acyl fluoride (Dalton Trans. 2019, 48, 3440−3446; 10.1039/C9DT00450E) dcype, dcpe, RE, Pd, Cat, PCy3, OA, DFT, C

 
 
February 21, 2020
ケイデンスを上げる。
February 21, 2020
青色光照射下での反応です。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (7), 3366−3370.
February 20, 2020
株主総会の日。
February 20, 2020
エノラートの幾何異性制御。
Org. Lett. 2020, 2 (3), 791−794.
February 19, 2020
氷点下5度割れ。
February 19, 2020
DBUで落とすのかと思ってました。
Chem. Lett. 2020, 49 (3), 252−253.
February 18, 2020
「呉カレーふりかけ」なるものを試した。
February 18, 2020
不斉反応です。
Org. Lett. 2020, 22 (3), 1135−1138.
よく読まれている記事をアーカイブ化しました。
December 29, 2015
JavascriptとPerlを組み合わせ、アクセスランキングなどをWebに表示させたいときなどに使います。
May 29, 2016
あくまでもネタとしてお読みください。
August 22, 2019
ホウ素アタックが鍵です。
Chem. Commun. 2019, 55 (68), 10166−10169.
February 6, 2020
フマル酸とマレイン酸の覚え方。
Angew. Chem. Int. Ed. 2020, 59 (7), 2760−2763.
September 3, 2019
まとめました。羽化しないアゲハもいる。
June 28, 2017
AIGというと、一般的にはアメリカン・インターナショナル・グループ。
June 7, 2016
放電すると残量が増えていく!
December 25, 2019
流れ流れてなが…
Org. Lett. 2019, 21 (24), 10094−10098.
February 11, 2018
うん、やっぱりこうなるよね。
July 31, 2019
Ir触媒下での反応。
Angew. Chem. Int. Ed. 2019, 58 (32), 11054−11057.
June 10, 2019
まとめました。年に一度のラッキョウの皮むき。
January 27, 2020
開環メタセシス重合。
J. Am. Chem. Soc. 2020, 142 (3), 1186−1189.
March 11, 2016
分子ではないですよ。
January 1, 2020
2018年と比較すると興味深い傾向が
December 11, 2019
ご参考になれば
June 7, 2016
バッテリーを交換しても充電できないままだが何かが変だった話。
May 28, 2016
無理くりになりましたので、結果は予想通りに。
October 5, 2017
にゃー→まぉー→あぅー
読みたいけと読んでいない論文を、構造式を描きながら紹介します(2019年10〜12月)。
September 30, 2019
WordPress最後の記事。
November 22, 2016
何を習ったかを思い出せ。
December 26, 2019
部分日食見えず。
December 29, 2015
忘れないように書き留めておきました。
December 20, 2019
ブールバール攻略。
(c) Nanoniele, 2003-